読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ケータイ乞食入門編:まずは端末とSIMを別物と認識せよ!

【目次】

あなたは何を契約してますか?

ケータイ乞食入門編をお届けします。どういう方がこの記事を読んでいるかわからないのですが,もし,ケータイ代をキャリア(docomo,au,Softbank)に言われるがママに払われている方なら,私はこう言いたいです。「あなたが真面目に払っているケータイ代から出た利益を,キャリアは販促費に回して,その多くはケータイ乞食に食われてますよ」と。

一般の人がケータイやスマホを契約するとき,例えば,いまなら話題のiPhoneSEを契約するとすれば,手に入るのは端末と電話番号です。そして電話番号はSIMと言われるチップに書き込まれています。

f:id:monimonita333:20161230230959j:plain

まあ,こういうものですね。しかし,ほとんどの人はiPhoneSEにSIMなんてものが入っていることすら気づかずに生活しています。一体化しているわけですね。これらの人にとっては下記の道具の存在意義すら怪しいわけです。

f:id:monimonita333:20160324221855j:plain

しかし,契約したのは回線番号=SIMであり,実はiPhoneSEはサービスでもらった端末なのです。重要なのはこの点です。

 

海外ではまず端末を買って,別途回線はSIMを買う

SIMフリー時代が言われて久しく,格安SIMも騒がれるようになりました。格安SIMとはまさに回線だけをSIMとして買う行為なのです。約8,500円のMNP弾として優秀なDTIは,フツーに節約スマホ人生としても有能なので,ぜひどうぞ。

DTI SIMプラン

 DTIでは,docomo系のSIMしか変えませんが,auとdocomoの両方の回線を契約できるmineoもオススメです。

mineo

ともあれ,まず認識して欲しいのは,端末(iPhoneやandoroidなど)は,回線契約のスーパーおまけプレゼント品なのです。だから一括0円とか実質0円とかふざけた価格でご提供できるのです。上記のDTIやmineoなどに比べると,ベラボーに高い毎月の維持費をふんだくれるので主要キャリア(docomo,au,Softbank)は端末をタダ同然でばらまくのです。いや,ほんと。

 

ケータイ乞食の本質

ケータイ乞食の本質とは,要はこのばらまいている端末だけかすめ取ろうという発想です。乞食同然です。でも,儲かるならやりたい人もいますよね?ってことです。理由の無い儲け話はコワイ。わかります。でも,ここまで読んで理解できる方は,もうわかったと思いますが,タダ同然で端末をばらまく理由があるのです。

この仕組みを理解するために重要な認識こそが表題の「まずは端末とSIMを別物と認識せよ!」です。SIM=回線は最小限の維持コストで処分すれば良い=購入で得られる利益より低ければ営業コストに過ぎないですし,あなたが得た端末は,あなたの所有物なので,ほかの格安SIMで使おうが,ドナドナしようが何ら法に触れないという部分がポイントです。

とりわけ機種変更では,前使用機種を返納する義務が無いので,乞食には「買い増し」と呼ばれます。MNPよりはるかに諸経費も,「短期解約によるBLリスク」も少ない機種変更で,「新たに端末が手に入る」ことの意義があるのはおわかりになるでしょうか? 最近では,docomoのルーター特別割引や,Nexus 5Xなど端末購入サポート案件がこれにあたります。

 

monimonita333.hatenablog.com

とにかく,古参のケータイ乞食にはこの記事で得られる情報は極小ですが,陸マイラー界の方で,マイル取得には超細かいけど,ケータイはほったらかしという方々にとっては,異常に得する話なので,真面目に考えてみてください!

 

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材