読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

auにも総務省の行政指導!:指導のポイントが違うのでは?乞食的にはいいですが

f:id:monimonita333:20160417212907p:plain

auに対しても「実質0円になってない~?」と行政指導!そこ?

ドコモとソフトバンクに総務省の行政指導がおこなわれ,ドコモは「真摯に受け止めます」で,ソフトバンクは「やってやるぜ!」となったものの,指導に屈した話は既に記事にしたところです。

この騒ぎの蚊帳の外であったauにも,めでたく(?)総務省(高市総務相)の口頭注意がおこなわれました。

スマホ「実質0円」でauが口頭注意 総務省、他2社には行政指導ずみ - 産経ニュース

スマホ「実質0円」でauが口頭注意 総務省、他2社には行政指導ずみ - SankeiBiz(サンケイビズ)

端末の実質0円禁止、auも違反を自己申告 - iPhone Mania

 

乞食的視点では………そこ?!

もちろん,私はケータイ乞食的に締め付けを期待しているわけではありませんが,今回のauへの口頭注意は正直,え?そこ??と思わざるを得ませんでした。

だって,auは2月以降も田中社長の「気持ちいいキャッシュバック」を出している感がありましたもんね。実際,私も割にうまい案件を拾いましたし。

もちろん,ケータイ乞食というのは,人からほめられたもんではなくて,屍の上に立つ「ウマーーー」であることは認識しております。

したがって,つぶされても「ぐぅ」以外の反応はないわけですが………。

この2016年4月以降であっても,もっとも一括0円+キャッシュバックを出しているauに「実質0円やってるだろ? コラ!」という指摘はいくらなんでも,「おいおい総務省さん,現実は見えてる?」と言いたくなります。 

 

正直,実質0円の取り締まりは意味がない

総務省さまが何を取り締まっているのかわかりませんが,もし,ケータイ乞食を的にしているのだとしたら,実質0円の取り締まりは何の意味もありません。

だって,ケータイ乞食で実質0円で「ウマーーーー!ウヒョーーーーっ!」とか契約する輩は一人もいませんから。

ケータイ乞食は,「一括0円+キャッシュバック」以外狙っていません。そう考えると,実質0円の取り締まりって何を締め出そうとしているんですかね? 当然,狙われるであろう「オニ」の私たちにしてみると,意外すぎて傍観している感があります。

 

この情報格差で生きていく

ケータイ乞食業界は「終わり」と強く言われています。私もそう思います。しかし,これだけ「(見当違いの)実質0円だけ締め付ける」というチグハグさを見ていると,「ひょっとしてつけいる余地があるのかなぁ」と思ってしまいます。

チグハグってことは,首脳部が「何をポイントかよくわからずに取り締まっている」ってことですもんね。それだったら,逃げ切れるよ!

結局は,どの業界でもそうですが,「情報格差を利用して生きていく」ってことなんだと思います。その意味で,今回のauに対する口頭注意の「ずれ」感は,ケータイ乞食の生き残りの可能性を感じさせてくれます。

 

陸マイラーの情報格差とは?

私は可能性も信じつつも,基本的にはケータイ乞食を見限り,陸マイラーに移行しつつある身ですが,なぜそう判断したかというと,かなりバレたケータイ乞食に比べると,陸マイラーはバレてない(バレていたとしても,いまさら修正困難)な条件が多くあるからです。

マイル制度の矛盾(=乞食が食いつけるポイント)については,Anaとマイルのパパじゃない?のテラヤマアニさんが,「「マイル」「マイレージ」とはそもそも一体何なのか」で語っておられます。

この情報格差を突くのが,ケータイ乞食だったり,陸マイラーだったりするわけです。その意味では,今回の総務省によるドコモとソフトバンクへの行政指導,auへの口頭注意というのは,ピントがずれててケータイ乞食の生き残りもあるかねーと感じる一コマでした。

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材