ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

au下取りプログラムで「画面が割れていた場合」は大幅減額に!乞食よけに大きく改悪されました

【目次】

ふたたび画面割れは大きく減額の対象に

2017年11月21日よりau下取りプログラムにて,「画面が割れていた場合、下取り価格が異なります」という記載が追加されました。詳しくは下記をどうぞ。

2016年4月30日まで

f:id:monimonita333:20160503222846j:plain

2016年5月1日~2017年11月20日

f:id:monimonita333:20160503222850p:plain

2017年11月21日~

f:id:monimonita333:20171123224444p:plain

iPhone | 下取りプログラム | au

上記を見てもらうとはっきりとわかるのですが。2016年5月1日~2017年11月20日までの,赤く四角で囲った3の項目がなくなっていました。

しかしながら,2017年11月21日には,3の項目の部分は欠けたままであるものの,下部の※の注意書きの部分に「画面が割れていた場合、下取り価格が異なります」という記述がひっそりと追加されました。

f:id:monimonita333:20171123224741p:plainこれにより,画面割れ品は通常品の1/4から1/3という評価しか付かなくなりました。これは大きな改悪です。

この改悪は一般の方にも大きな影響を及ぼします。iPhoneやAndroidの画面が割れたまま使う人ってたくさんいますしね。

ただ,今回の画面割れNGという施策は,乞食よけの側面が強いことは間違いありません。ヤフオクやメルカリ,ラクマなどで下取り価格の高いXperiaなどの画面割れ品を安値で仕入れて,auに送るという裏ワザが半ば定番化していたからです。

 

それでもauの下取りはおトク

というわけで,画面割れ品については,下取り価格が大きく減額されるということになりましたが,それでもauの下取りプログラムは十分に利用価値のある施策です。

上記の記事でもぼろぼろのAndroidをau下取りプログラムに出して,8,640円×3のキャッシュバックをもらっています。さて,au下取りプログラムの利用は,一般の方か中古端末を仕入れてでも下取りに出す方かで対応が異なります。

一般の方の場合

基本的にiPhone6以降やXperia Z2以降の機種を使っている方で,画面割れしてない方は,そのスマホを下取りしてもらうことによって,機種変更でも最新のiPhoneやAndroidを少しお役に変えることになります。

お手持ちの機種の料金については下記のページをご確認ください。

iPhone | 下取りプログラム | au

中古端末を仕入れてでも下取りに出す場合

正直な話,iPhone6以降やXperia Z2以降だと利益が全く出ません。下記の価格一覧をチェックしてみてください。

下取りプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

のりかえ(MNP)のときの狙い目は,中古のAndroidです。ドコモ回線(イオンモバイルなど)からMNPするときはドコモ,ソフトバンク回線(b-mobile S スマホ電話SIMなど)からMNPするときはソフトバンクの中古Androidを探しましょう。 

仕入れの目安は下記の通り,下取り価格の8,640円との差額ということになります。できれば,1台あたり1,000円未満でGETしたいですね!実店舗では,GEOに安いジャンク品が売っていることもあります。あとは東京なら秋葉原,大阪なら日本橋ですね。

f:id:monimonita333:20171013230711p:plain

f:id:monimonita333:20171013230725p:plain

Androidスマホは何でも8,640円と圧倒的におトクです。ガラケーは値下げされて5,400円になっています。auで下取りを出すならAndroidスマホです。メルカリやヤフオクで安く手に入ります。

メルカリを使ったことがない!という方のために,メルカリの登録については下記で説明しています。

 

auはまだ案件あります

本ブログは案件探しブログではありませんので,最新の情報を積極的に挙げる場ではないのですが,下記のような過去のMNP体験談を記事にしております。よろしければどうぞ。

上記のような店でしっかり利益を上げるためには,au下取りプログラムに熟知しておいた方が良いですね!

スポンサーリンク