読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ドコモの家族まとめて割が新規契約でも単独購入で適用可能に!Phone7にも適用可能!

ケータイ料金節約術 ドコモ

【目次】

MNPだけではなく新規契約も適用可能となりました

ケータイ乞食にとっては,MNPや機種変更を2回線,3回線まとめてするのが常識になっています。それはなぜか? ドコモだけではありませんが,各キャリアは「家族丸ごと引き抜こう」という施策として,複数回線の契約にボーナスを付けるというのがここ数年のケータイ業界のトレンドだからです。

そして,この「複数回線の契約」に関するキャンペーンは,ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれやっているわけですが,この度,ドコモで驚きの記述を発見しましたのでご紹介したいと思います!

f:id:monimonita333:20170203222837p:plain

適用条件・還元方法
1.~4.をすべて満たした翌月の請求分(条件を満たした当月のご利用分)の料金を減額いたします。新規(追加)契約、他社からのりかえ(MNP)の場合、1回線の場合でも1.~4.の適用条件をすべて満たした翌月の請求分(条件を満たした当月のご利用分)の料金を減額いたします

1. 対象機種ご購入時に「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」「データプラン(スマホ/タブ)」のいずれかをご契約いただくこと(2年定期契約型プランもしくは、「ハーティ割引」が対象となります)
2. 対象機種ご購入時に「シェアパック」「シェアオプション」のいずれかをご契約いただくこと。ただし、「シェアパック5」およびそのグループでの「シェアオプション」のご契約は、新規(追加)契約、他社からのりかえの場合に限ります。
3. 対象機種の2台目以降の購入月をそれぞれ起算月として、2か月後の1日を経過した時点で、1.および2.のプランを契約しておりご本人の回線と1.および2.の適用条件を満たす回線が同一シェアグループに加入していること
4. 2017年2月1日(水曜)~2017年3月31日(金曜)に開通が完了していること

キャンペーン | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ポイントは「新規(追加)契約、他社からのりかえ(MNP)の場合、1回線の場合でも(中略)減額いたします」及び「ただし、「シェアパック5」およびそのグループでの「シェアオプション」のご契約は、新規(追加)契約、他社からのりかえの場合に限ります」の部分ですね。新規でも一番安い「シェアパック5」でOKというのは大きいです。

乗り換え(MNP)を優遇する措置は,「引き抜き」というのが,各キャリアにとって一番美味しいということは疑いようもないのですが,今回のドコモの施策は「新規契約」にまで範囲を広げてきたことがポイントです。新規契約は,MNPに比べるとかなり手軽で,初心者にも手が出しやすいと言えます。

しかし,この条件は……もはや「家族まとめて」でも何でもないです!だって,結局は「単独購入でもOKです」ってことですから,ちっとも「家族まとめて」ではありません(笑)。驚きました。

 

ただし,台数にはカウントされるものの割り引かれない対象外機種あり

適用条件・還元方法の※4として,下記の注意書きがあるのに注意してください。

※4 以下の機種についても適用条件を満たした場合、2台以上のご購入として計上いたしますが、本割引の対象外といたします。
<2台以上ご購入の計上対象となるが割引対象外となるもの>
・ 「シェアパック5」およびそのグループでの「シェアオプション」ご契約による対象機種のご購入(他社からのお乗りかえを除く)
・ 「月々サポート」対象のiPad、Xiタブレット、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、MONO MO-01J、Disney Mobile on docomo DM-01G、Disney Mobile on docomo DM-01H、Disney Mobile on docomo F-03F、arrows Fit F-01H、ARROWS NX F-04G、AQUOS EVER SH-04G、らくらくスマートフォン3(F-06F)、スマートフォン for ジュニア2 SH-03F、Nexus 5X

対象外機種かなり多いですね…。ただし,上記全てが家族まとめて割の対象外というわけではなく,あくまで「月々サポート」対象の機種に限ります。新規の場合は,iPhone6Sや6S Plusは既に端末購入サポートの対象となっていますし,そのほかにもかなり端末購入サポートの対象となっています。端末購入サポート機種については下記をどうぞ。

ドコモの端末購入サポートでXperia X Compactが値下げで機種変更でも一括0円が狙える!iPhone6Sも一括! 

つまり,上記で示された機種でも,端末購入サポート対象機種になっていれば,「月々サポート」対象ではないので,家族まとめて割は適用可能です。ただし,「端末購入サポート」対象機種なのか,「月々サポート」対象機種なのかは,けっこう頻繁に変更がありますのでご注意ください。

「端末購入サポート」か「月々サポート」かを確認する方法!

iPhone6S 16GBで確認してみましょう。

機種変更の場合

f:id:monimonita333:20170203224322p:plain

機種変更の場合,上記のように「月々サポート」の文字が確認できます。

新規契約の場合

f:id:monimonita333:20170203224439p:plain

一方で,新規契約の場合は「端末購入サポート」の文字が確認できます。

 

2017年1月20日からのiPhone7の月々サポート増額を狙う!

ドコモでは投げ売りとまではいきませんが,2017年1月20日から最新機種であるiPhone7の月々サポートを増額して,実質価格を引き下げてきました。あくまで,家族まとめて割の単独適用を狙うため,新規契約の場合になります。複数台なら機種変更でもOKですよ!

機種名定価家族まとめて割月々サポート新規契約実質(1/20~)
iPhone 7(32GB) ¥82,296 ¥-5,184 ¥-55,728 ¥21,384
iPhone 7(128GB) ¥93,960 ¥-5,184 ¥-55,728 ¥33,048
iPhone 7(256GB) ¥105,624 ¥-5,184 ¥-55,728 ¥44,712
iPhone 7 Plus(32GB) ¥96,552 ¥-5,184 ¥-56,376 ¥34,992
iPhone 7 Plus(128GB) ¥108,216 ¥-5,184 ¥-56,376 ¥46,656
iPhone 7 Plus(256GB) ¥119,880 ¥-5,184 ¥-56,376 ¥58,320

この引き下げを,先ほどの「家族まとめて割」の単独適用と組み合わせて計算したのが上記の図です。月々サポート適用なので,実質価格です。iPhone7は「月々サポート」対象ですが,先に挙げた対象外機種からは外れています。

さらにs-maxさんの5,400円割引クーポンに注目!

枚数限定ということですが,「iPhone 7」(32GBモデル除く)および「iPhone 7 Plus」に加え,タブレット「iPad Air 2」(128GBモデル),「iPad mini 4」(128GBモデル),「iPad Pro」(9.7インチおよび12.9インチ),「arrows Tab F-04H」で使える5,400引きクーポンを配布しているとのことです。ドコモのiPhone7狙いの人は,上記価格表よりさらに安く買えるチャンスです。お見逃しなく!

2017年3月31日まで数量限定とのことです。

 

端末購入サポート適用のiPhone6S新規契約なら単独でもかなりお安い!

「旧機種イヤだ」という声がすぐに聞こえてきそうですが,Appple Payをそれほど使わないなら,まだまだiPhone6Sも現役ですよ。

機種名定価端末購入
サポート値引き
家族まとめて割新規契約
一括(1/20~)
解除料
iPhone 6S(16GB) ¥93,312 ¥-82,944 ¥-5,184 ¥5,184 ¥41,472
iPhone 6S(32GB) ¥69,984 ¥-59,616 ¥-5,184 ¥5,184 ¥29,808
iPhone 6S(64GB) ¥99,792 ¥-89,424 ¥-5,184 ¥5,184 ¥44,712
iPhone 6S(128GB) ¥99,792 ¥-77,112 ¥-5,184 ¥17,496 ¥38,556
iPhone 6S Plus(16GB) ¥99,792 ¥-89,424 ¥-5,184 ¥5,184 ¥44,712
iPhone 6S Plus(32GB) ¥81,648 ¥-58,968 ¥-5,184 ¥17,496 ¥29,484
iPhone 6S Plus(64GB) ¥99,792 ¥-77,112 ¥-5,184 ¥17,496 ¥38,556
iPhone 6S Plus(128GB) ¥99,792 ¥-64,800 ¥-5,184 ¥29,808 ¥32,400

なんといっても,上記は一括価格です。もちろん,一括だからといって,14ヶ月以内にシェアパックやパケットパックを外したり,回線解約したりすると,一番右の解除料がかかる制限はあります。それでも,先ほどのiPhone7との差額は,一度,検討の余地があるのでは?と思います。

端末購入サポートの詳細については下記をどうぞ。

 

さらに下取り増額中!

ころころ変わるドコモの下取り施策ですが,iPhone5Sが狙い目です。発売から4年が経過する端末に,15,000円の値付けは大きいです。在庫持っている方,いままでiPhone5Sを使い続けてきた方,どこかから安く仕入れられる方には朗報です!!

f:id:monimonita333:20170203225453p:plain

iPhone5Sを下取りに出せば,さらに支出をおさえられます。これはなかなかお得なタイミングだと思われます。

 

まとめ

まさか「家族まとめて割」という名称なのに,まとめてでなくても大丈夫(単独購入適用)という条件に変わっているだけでも驚きですが,MNPだけでなく新規契約にまでその範囲を広げるとか,何かが壊れているとしか思えません。

ケータイ乞食にはたいしたことなくとも,一般の消費者にとって「2台以上同時(もしくは月内)に乗り換える」というのは,ハードルが高いものです。そのハードルを下げた(なかったことにした)という今回のドコモの施策は非常に画期的(冒険?!)だと思います。うまく使えるものは使っていきましょう!

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材