読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ANA VISAワイドゴールドカードキャンペーンで7.1%還元?:クレカ決済で最大の還元を取りに行く

クレジットカード 陸マイラー

【目次】

陸マイラーにとって決済カード議論は永遠の課題ですが…

言うまでもないことですが,陸マイラーとしては,クレジットカードの還元率を気にするのは超不毛です。ソラチカルートを使えば,年に216,000マイルは誰にでも貯められますが,これをクレジットカード還元で手にしようと思うと,年に2,160万円の決済が必要です。一部の富豪さま以外は非現実的です。ソラチカルートについては下記もどうぞ。

個人的にトートさん(id:Tort)の下記の比喩が気に入っています。

陸マイラーがクレジットカードの還元率を気にするのは、油田がわきでるそばで、安いガソリンスタンドを探すようなものである

うーん,そうですね。その通りですね。クレジットカードの還元率だけでなく,本来のマイラーの王道である「いかに飛行機に乗るか」も全く無力である点が,「陸マイラー」という用語を普及させたのだと思います。

その一方で,アメックス・ゴールド祭りで生活費関連の決済をいろいろ移動させた際に,「あれ?これって一部の超めんどくさい固定費以外は,ネット時代だからカンタンに移動できるんじゃね?それなら,決済額○○万円以上案件を渡り歩けばいいんじゃね?」と思ったので,そのケーススタディとしてのANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーンを挙げたいと思います。キャンペーンを駆使すれば,クレジットカード還元率はバカに出来ません

 

最大還元率1.71%を誇るANA VISAワイドゴールドカードについて

f:id:monimonita333:20161228174335p:plain

このカードの還元率の仕組みについて,ごく簡単にここでもまとめておきたいと思います。

  • 基本1%還元:1ポイント=ANA1マイルに直接還元可能(マイ・ペイスリボを使うと年間費半額&ボーナスポイント付与)
  • ボーナスポイント0.4455%還元:1ポイント=0.3マイル還元可能(ボーナスポイント→Gポイント→メトロポイント→ANAマイルの場合に限る)
  • ステージによる年間決済300万円以上でV3取得:翌年度から1.7128%

f:id:monimonita333:20160724200858p:plain

まず,マイ・ペイすリボの毎月末の「臨時増額」にこまめに対応できることが必須ですし,なおかつ年間300万円以上の決済は結構,ハードル高いですね。その意味では,LINE Payカード(プリペイドですが還元率2.0%)や,マイレージプラスカード(年間6,500円で還元率1.5%),エクストリームカード(年会費無料で1.35%)なんて選択肢もあると思います。

 

還元率よりもキャンペーンを渡り歩く方が重要!

ただ,ここで0.5%程度の還元率の上下は,本当に意味がありません。もし,あなたが仮に年に300万円の決済をしていても,0.5%還元の差は15,000ポイント(15,000円分)に過ぎません。ガソリンスタンドを探すよりも,油田を探しましょう。

上記のページでは,2017年4月30日までのキャンペーンとして「最大56,500マイル相当がもらえる!!」とあります。ただ,これは税込み年会費86,400円のANA VISAプラチナプレミアムカードの場合で,ゆくゆくはスーパーフライヤーズカード(通称SFC)を目指す陸マイラー御用達のANA VISAワイドゴールドカードの場合は,最大33,000マイルになります。詳しく見ていきましょう。

その1:ご入会ボーナスマイル2,000マイル

f:id:monimonita333:20160724204153p:plain

これはANAカードを初めて発行する人なので,ソラチカカードを発行している人は対象外ですね。

その2:リボ払いご利用キャンペーンで50万円以上使用で16,000マイル

f:id:monimonita333:20160724204351p:plain

マイ・ペすリボの臨時増額を使って,毎月最小限のリボ手数料を発生させれば,キャンペーンの対象になります。6ヶ月以内に50万円以上使用で16,000マイルですね。メインカードならば難しくないのではないでしょうか。サブカードでも,6ヶ月で50万円以上は可能な人は多いでしょう。

その3:家族カード3万円以上使用で5,000マイル

f:id:monimonita333:20160724204633p:plain

家族カードを発行して,3万円以上使用しましょう。家族カードの使用は「その2」の50万円以上にも含まれます。

その4:「iD」を3万円以上利用で5,000マイル

f:id:monimonita333:20160724204812p:plain

カードをかざしてiDを利用します。意外と使用範囲は広いです。

「iD」が使える主なお店|ドコモのiD

その5:ANA銀聯カードを3万円以上利用で5,000マイル

f:id:monimonita333:20160724205020p:plain

これがもっともハードルが高いかもしれません。とはいえ,たかだか3万円です。国内でも,ビックカメラ,ヨドバシカメラ,東急ハンズなどでは使用可能ですし,デパートやドラッグストアでも使えるところはあります。UinioPayのマークをお探しください。

f:id:monimonita333:20160724210300p:plain

私は香港修行のついでに,香港のセントラル駅IFCモールのアップルストアでiPhoneを購入してきました。これで軽く3万円クリアです。

f:id:monimonita333:20160724210454j:plain

まあ,今回の香港修行はこのために行ったようなものです。香港やバンコクは,ガジェオタにはたまらない修業先ですね。

ただし,ANA銀聯カードには一つ罠があります。

ANA銀聯カードは、ANA VISAカード/マスターカード、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード会員の方、もしくは、新規にお申し込みの方がご入会いただけます。

上記の複数のカードのいずれかに新規申し込みした人だけが,ANA銀聯カードを発行できるのです。例えば,ANA Visa Suicaを持っていてANA銀聯カードを発行済みの人が,ANA VISAワイドゴールドカードを発行しても追加でANAぎんれんは発行できません。ANA銀聯カードはクレジットカードに紐付いているのではなく,名義に紐付いているのです。 

 

ANA VISAワイドゴールドカードを発行するときのポイントサイト

SFC修行を始めたい方にとっては,ANAマイルを1.6倍でANASKYコインに換えることができるANA VISAワイドゴールドカードは定番かつ必須カードです。

f:id:monimonita333:20160724212326p:plain

ただ,大変に残念なことに,ANA VISAワイドゴールドカードのポイントサイト還元率は大変に渋いです。

そもそも,最大31,000マイルにもなるANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーンに比べれば,ポイントサイトからのポイントはそれほど重要ではありません。必要なときに発行してしまいましょう。

 

まとめ

私はソラチカカード発行済みだったので,「その1:ご入会ボーナスマイル」は逃しましたが,それでも本キャンペーンで31,000マイルをゲットできます。50万円の決済で手に入るマイルは,1%還元で5,000マイル,仮に最大の1.71%でも8,550マイルに過ぎません。年間300万円以上のV3も,ハードルが高い割にその効果はわずか0.2673%に過ぎません。

しかし,50万円の決済で,決済分以外にキャンペーンで31,000マイルが手に入るとしたら? キャンペーン分だけで還元率は6.2%になります。つまり,通常の1%を上乗せしても還元率7.1%です。これは馬鹿に出来ません。

何が言いたいかというと,ANA VISAワイドゴールドカードのキャンペーンに限らず,メインカードを切り替えできる態勢を常に整えておき,決済額○○万円以上のキャンペーンを狙い続けることが大切です。

多くのクレジットカードのキャンペーンは決済額○○万円以上が条件となります。そのカードのためだけに数十万円の決済は大変ですが,メインカードならそこまでのハードルではないでしょう。

何よりも重要なのは,「メインカードは固定したい。メインカードを変え続けるなんて面倒くさい」と思う人たちがたくさんいるから,本記事で書いたような戦略が成り立つのです。「情報はカネになる。面倒くささもカネになる」というわけです。

以前に私もメインカードを動かしたときに,郵送や電話など変更が大変だった決済と,Webだけで簡単に変更できた決済がどれであるかわかりました。したがって,変更が大変な決済は,還元率が悪くても解約予定がないカードに集約し,残りはキャンペーンに合わせてメインカードと共にを動かしまくることにしました。そのために,備忘録も細かく付けました。

「うぇー,そんなの面倒くさい」と思われた方もいらっしゃるでしょう。それでいいと思うのです。面倒くさいと思う人がいれば,そこにお得があると思うのです。みなさまはいかがしますか?

もちろん,「サブカードでも数ヶ月以内に,50万や100万の決済は問題なく可能である」という方は,メインカードを動かさなくとも,サブカードでもかまいません。クレカ還元は,とにかく決済額還元よりもキャンペーン還元を狙うべきです。

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材