読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

British Airways(ブリティッシュエアウェイズ:BA)特典でJALの国内線航空券を予約・発券・搭乗してみた話

【目次】

BA特典の予約から搭乗まで全て説明します

f:id:monimonita333:20161226000411j:plain

アメックス・ゴールド祭りで得たアメックス・リワード・ポイントですが,その移行先として人気なのが,British Airways(ブリティッシュエアウェイズ:BA)でしょう。本記事では,BAのマイルプログラムAviosを使ったBA特典の予約から搭乗までまとめて説明したいと思います。

 

Aviosポイントの有効期限について

有効期限は3年となっていますが,ポイントの加減(貯めるか使うか)がある度に,そこから3年になります。したがって,ちょびちょび使っていけば,期限はないに等しいです。アメックス・リワード・ポイントを少し残しておいて,移行でポイント加算をして延長する作戦もいいですね。

 

BA特典はJALの国内線航空券の使い勝手が最高!

Aviosの特徴はJAL国内線特典航空券の使い勝手の良さに尽きます。主な特徴は下記の通りです。

  • 国内線650マイル未満は片道4,500マイル(往復9,000マイル)
  • 国内線650マイル以上1,150マイル未満は片道7,500マイル(往復15,000マイル)
  • 国内線1,150マイル以上は片道10,000マイル(往復20,000マイル)
  • 本人以外にも特典航空券が発券できる(ただし転売はアカウント停止の可能性があるのでNG)
  • 特典航空券を発券できない期間(いわゆるブラックアウト期間)がない
  • 搭乗日当日にも発行可能
  • 出発24時間前まではオンラインでのキャンセル料無料(ただし,24時間を切るとキャンセルしてもAviosポイントは戻ってきません)

これらの特徴から,マイラーに非常に人気の高いマイルプログラムとなっています。ちなみにAviosの国際特典航空券も,アジア圏など近距離に関してはお得になっています。これも紹介させていただきます。

 

国内線BA特典の必要マイル数

ここではまず国内線BA特典の必要マイル数を東京(羽田・成田空港)と大阪(伊丹・関西空港)を出発する場合について紹介していきたいと思います。ただし,例えば南紀白浜空港など小さな空港では,JAL直営便が飛んでいないため(羽田~南紀白浜はJ-AIR),BA特典が使えない場合があります。下記でご確認ください。J-AIR運航分も謎が多いです。J-AIRは全部ダメなわけではなく,BA特典航空券の検索に出たり出なかったりします。

JAL国内線 - 運航路線

東京(羽田空港)発

f:id:monimonita333:20160920185358p:plain

羽田空港出発の場合は,北はギリギリすべて650マイル未満に収まります。奄美大島以南が少し高くなります。先にも述べたとおり,羽田~宮古と羽田~石垣はJTA運航なので利用不可です。

東京(成田空港)発

f:id:monimonita333:20160920152812p:plain

成田空港発は就航便も少なく,沖縄(那覇)便もないため,すべて片道4,500マイルに収まります。

大阪(伊丹空港)発

f:id:monimonita333:20160920152821p:plain

伊丹空港発は北と南が少しずつ切れるという感じです。札幌(新千歳)と沖縄(那覇)が7,500マイルになるのは痛いですね。奄美大島はギリギリ4,500マイル圏内です。お得ですね。

大阪(関西空港)発

f:id:monimonita333:20160920152837p:plain

関西空港は羽田空港行き以外は7,500マイルですね。

 

国際線BA特典の必要マイル数

BAが直接運航している日本発便は東京発着のみで,下記の4便に限られます。

  • BA5:ロンドン~成田
  • BA6:成田~ロンドン
  • BA7:ロンドン~羽田
  • BA8:羽田~ロンドン

したがって,BAマイルで特典航空券を発券して搭乗する国際線は,日本発着だとキャセイパシフィック航空やマレーシア航空などワンワールドの航空会社がメインになります。

遠方はお得とは言えませんが,アジア圏内はお得なエリアが多数あります。数値は飛行マイルです。飛行マイル数の取得には「マイルで得得」さまを参考にさせていただきました。

飛行距離区間マイル数チャート(国内線・国際線の両方)

エコノミー片道4,500マイル/ビジネス片道9,000マイル区間(得!)

  • 成田~釜山:617
  • 関西~釜山:360
  • 関西~大邸(テグ):413
  • 関西~済州島:509
  • 関西~ソウル・金浦:525

エコノミー片道7,500マイル/ビジネス片道15,000マイル区間(得!)

  • 成田~ウラジオストク:676
  • 成田~ソウル:740
  • 成田~チェジュ島(済州島):805
  • 成田~長春(チャンチュン):975
  • 成田~瀋陽(シェンヤン):987
  • 成田~大連:1,042
  • 成田~青島(チンタオ):1,105
  • 成田~上海:1,117
  • 羽田~ソウル・金浦:740
  • 羽田~上海・虹橋:1,123
  • 関西~煙台(ヤンタイ):808
  • 関西~瀋陽:811
  • 関西~上海:813
  • 関西~大連:820
  • 関西~青島(チンタオ):853
  • 関西~無錫(むしゃく):883
  • 関西~ハルビン:908
  • 関西~杭州:919
  • 関西~南京:962
  • 関西~天津:1,041
  • 関西~台北:1,059
  • 関西~福州:1,110

エコノミー片道10,000マイル/ビジネス片道20,000マイル区間(得!)

  • 成田~杭州:1,220
  • 成田~南京:1,260
  • 成田~北京:1,313
  • 成田~台北:1,357
  • 成田~サイパン:1,461
  • 成田~高雄(カォシュウ):1,487
  • 成田~高雄:1,510
  • 成田~厦門(アモイ):1,519
  • 成田~グアム:1,561
  • 成田~西安:1,765
  • 成田~香港:1,807
  • 成田~広州:1,822
  • 成田~深セン:1,834
  • 成田~マカオ:1,843
  • 成田~マニラ:1,879
  • 成田~ウランバートル:1,887
  • 成田~コロール(パラオ):1,998
  • 羽田~上海・虹橋:1,123
  • 羽田~北京・首都:1,313
  • 羽田~台北・松山:1,330
  • 羽田~香港:1,807
  • 関西~厦門(アモイ):1,248
  • 関西~北京:1,355
  • 関西~サイパン:1,492
  • 関西~深セン:1,530
  • 関西~香港:1,534
  • 関西~広州:1,547
  • 関西~マカオ:1,568
  • 関西~グアム:1,575
  • 関西~マニラ:1,651
  • 関西~ウランバートル:1,725
  • 関西~セブ:1,826
  • 関西~海南島:1,830

エコノミー片道12,500マイル(得!)/ビジネス片道37,500マイル(損!)区間

  • 成田~セブ:2,024
  • 成田~成都:2,113
  • 成田~ハノイ:2,297
  • 成田~コタキナバル:2,558
  • 成田~ホーチミン:2,706
  • 成田~プノンペン:2,759
  • 成田~チェンマイ:2,822
  • 成田~バンコク:2,868
  • 成田~ヤンゴン:2,984
  • 羽田~コタキナバル:2,558
  • 羽田~バンコク:2,868
  • 関西~ハノイ:2,018
  • 関西~昆明(クンミン):2,054
  • 関西~コタキナバル:2,320
  • 関西~ホーチミン:2,442
  • 関西~バンコク:2,594
  • 関西~カトマンズ:2,973
  • 関西~プーケット:2,976

ダラダラと申し訳ございません。でも,この一覧を眺めているだけで,「このマイル数でこんなところ行けるんだ…」と楽しくなりませんか?! ただし,注意点があります。理屈としては上記の一覧でいいのですが,例えば関空~ソウル便は,大韓航空機材のコードシェア便しかないため,現状ではBA特典で利用できません(過去に利用できた時期もあったそうですが)。あくまで使用の可否は,検索してみてお確かめください。

ちなみに海外空港の空港使用料は下記をご参照ください。

エコノミー片道19,500マイル(得!)/ビジネス片道75,000マイル(損!)区間(オフピーク期間)

もう一つ,限定的ですがBA特典でお得な区間をお知らせします。いままで紹介した区間は,すべてワンワールド就航便を前提としていましたが,BA直営便に限っては,オフピーク期間が設けられており,格段に必要マイル数が低くなります。

日本発のBA直営便は,下記の2便があります(括弧内は飛行マイル数)。

  • 羽田~パリ:6,206
  • 成田~ロンドン:6,220

この2区間は,通常期間でもエコノミー片道30,000マイル(ただし,ビジネス片道は90,000マイルとお高い)とお得ですし,オフピーク期間だとなんとエコノミー片道19,500マイルと破格です(ただし,ビジネス片道はオフピーク期間でも75,000マイル)。ブリティッシュエアウェイズのオフピーク期間についても,「マイルで得得」さまがまとめられています。こちらをご参照ください。

ブリティッシュエアウェイズ特典航空券のオフピーク期間一覧

ヨーロッパ内650飛行マイル未満ならエコノミー片道4,000マイル(得!)/ビジネス片道7,750マイル(得!)区間(オフピーク期間)

BA直営便のオフピーク期間をうまく利用すると,ヨーロッパ内の移動が非常に安価で可能になります。イギリス国内線や,ロンドン~パリ,ロンドン~アムステルダムなどは全て650飛行マイル未満に収まります。

興味のある方は,このことも頭の片隅に置いておき,旅行先でBAサイトから検索してみると,思わぬ掘り出し物に当たるかもしれません。

 

BA特典航空券を予約する方法

それではBA特典航空券を予約する手順を説明していきたいと思います。下記のHPにアクセスしてください。

ちなみにスマホアプリもあります。

British Airwaysを App Store で

British Airways - Google Play の Android アプリ

ただ,言語は英語しか選べません。でも,入れておいた方が便利だと思いますよ。

 まず,BAのサイトにくと,下記のページが開きます。

f:id:monimonita333:20160920155242p:plain

トップページの「Executive Club」の「Aviosを使う」を選択します。

f:id:monimonita333:20160920155452p:plain

「特典フライト」を選択してください。

f:id:monimonita333:20160920155508p:plain

「特典フライトの検索と予約」タブを開き,「特典フライトの予約」をクリックします。

f:id:monimonita333:20160920155540p:plain

出発地と目的地はスリーレター(全世界の空港を3文字のコードで表したもの)で入力します。下記をご参照ください。

日付についても「日/月/年」という欧米式の記載方法なのでお気をつけください。クラスについては,国内線は普通席しか選べません。クラスJを希望する場合は,当日に購入カウンターで申し出てください。

f:id:monimonita333:20160920155850p:plain

行き先と日付を入力すると,上記のように「ブリティッシュエアウェイズの直行便がありません」と出て,ワンワールドのJAL便が表示されます。ちなみに,残念ながら日本トランスオーシャン航空(JTA),日本エアコミューター(JAC),琉球エアコミューター(RAC)などのJALグループ各社の便は選択できません。ジェイエア(J-AIR)は検索に表示されたりされなかったりします。謎です。しかし,ジェイエア(J-AIR)は使えないわけではないようです。

あと,注意して欲しいのは,羽田~伊丹のように,1日の便数が多い路線では,遅い時間の便が表示されません。だいたい,羽田~伊丹だと16時頃までしか表示されません。表示されないからといって予約できないわけではありません。コールセンターに電話をすれば予約可能です。

電話番号:03-3298-5209
受付時間
平日:9時~12時/13時~17時
土日祝:休み

ただ,コールセンター予約は通常は手数料が掛かるので,「インターネットで予約しようとしたが,検索画面に表示されないので電話した」と明示的に告げましょう。これで手数料が免除されます。

そして,上記の画像を見ていただくとわかるのですが,基本的にどんなに空いていても最大4人までしか表示されません。5人以上の場合は,コールセンターに電話するしかありません。コールセンターに電話をして特典航空券を発券する場合は,手数料が別途2,000円必要です。

f:id:monimonita333:20160920160459p:plain

往路と復路の便を選択すると,上記のように旅程と合計金額が表示されます。上記の580円は国内線旅客施設使用料(PFC)です。羽田空港は大人1人290円なので,往復で580円ですね。羽田空港のほか,成田空港,中部空港,北九州空港でかかります。下記をご参照ください。

f:id:monimonita333:20160920160719p:plain

JAL国内線 - 国内線旅客施設使用料(PFC)について

上記の空港を使用しない旅程の場合(例えば,伊丹~福岡など)は,「9,000Avios+¥0」という表示になりますが,現在のBAオンラインシステムに不具合があり,0円だと先に進めなくなってしまうことがあります。一部の方からの情報では,「0円でも問題なく進める」という話もあるので,まずは0円で試してみてもいいかもしれません。

f:id:monimonita333:20160920161031p:plain

この不具合を避けるために,先ほどの旅程と料金の表示をスクロールして下の方にいくと,「寄付」という項目があります。ここで上記のどちらでも構いませんので,1円を寄付として入力すると進めるようになります。変な話ですが…。ただ,0円でも進めたという報告も聞きますので,まずは0円でお試しください。

話が前後しましたが,旅程と料金の表示の下には「変更および払い戻し条件」が書かれています。しっかり,チェックしましょう。

f:id:monimonita333:20160920161005p:plain

先にも述べたとおり,24時間前までなら日時変更OKですが,サービス手数料(5,740円)がかかります。24時間前までのキャンセルも上記を見ると事務手数料(5,740円)がかかりそうですが,実際には24時間以上前なら事務手数料は取られません。ただし,国内線旅客施設使用料(PFC)は返還されないのでご注意ください。

f:id:monimonita333:20160920161848p:plain

それでは搭乗者の詳細を入力しましょう。メールアドレス,姓名です。国内線の場合はパスポートの提示は不要ですが,万が一のために正確に記入しましょう。ここでExecutive Club会員番号を入力すると,BAのマイル登録になります。

実はあとでの体験談で,購入カウンターでBA特典航空券を発券をしたときに,「JALマイルへの登録にも変更できるのでいかがですか?」と言われました。「特典航空券のなのに,マイル登録?」と思ったので,ダメ元でお願いしてみました。その結果ですが,確かに記録は上がったのですが,マイル及びFOPともにすべて「0」となりました。意味ないですね。

f:id:monimonita333:20160921150747p:plain

さて,話がそれましたが,「お支払い」に進みましょう。

f:id:monimonita333:20160920162343p:plain

支払いは国内線旅客施設使用料(PFC)分のみです。

f:id:monimonita333:20160920162358p:plain

どうせならアメックスで支払って,ポイントフリーダムで決済しようと思います。おそらく,航空券扱いで1ポイント=1円で処理できるはずです。後日,検証します。これで予約完了です。予約後は登録したメールアドレスにeチケットが来ますし,BAの「My Executive Club」にも「利用予定のフライト」に表示されるようになります。少し時間差があるようですが。

 

Amadeusを使ってJALの予約番号を取得してJAL国際線HPで座席指定する方法

これで予約はできたわけですが,そういえば座席指定はされていません。BA特典の座席指定をオンラインでする方法をご説明したいと思います。

ちなみに,Amadeusのe-ITRは,「Check My Trip」というアプリになっていますので,こちらも使えます。ただし,英語だけで日本語対応はしていません。

CheckMyTrip – Travel Itineraryを App Store で

CheckMyTrip - Google Play の Android アプリ

まず,Amadeusという航空会社共通の予約確認システムにアクセスします。

Amadeus e-ITR

上記のHPにアクセスすると,下記のページが表示されます。

f:id:monimonita333:20160920163326p:plain

先ほどの予約で得たBAの6桁の予約番号と姓名をアルファベットで入力します。

f:id:monimonita333:20160920163431p:plain

そうすると,上記の画面になるので,「eチケットお客さま控え表示」をクリックします。

f:id:monimonita333:20160920163458p:plain

このように,eチケットは表示されます。これは私が実際に載った伊丹~成田のJL3002便です。青い吹き出しの部分はBAの予約番号,そして赤い吹き出しの部分がJALの予約番号になります。座席指定にはJALの予約番号が必要なのでメモしておきましょう。

JALの予約番号をゲットしたので,JALのアメリカ地区ウェブサイトで座席指定をおこないます。日本のJAL国内線/国際線サイトではエラーになりますので,ご注意ください。

f:id:monimonita333:20160920163847p:plain

「予約確認」をクリックしてください。

f:id:monimonita333:20160920163903p:plain

先ほどゲットしたJALの6桁の予約番号,搭乗便名,搭乗日,姓名を入力して「予約確認する」をクリックしてください。

ここから画像がないのですが,「ご予約一覧」で搭乗旅程を選択し,「座席を指定する」で座席指定が出来ます。もし,当日にクラスJなどにアップグレードするつもりであれば,座席指定は無駄になる可能性もあるのですが,複数人の場合は座席指定しておきたいですよね。

2名以上の並びがうまくとれない場合は,コールセンターに電話をしたらうまくいったという報告もあります。参考になさってください。

ちなみに大人分はJAL特典航空券やe-JALポイントで購入し,お子様分だけBA特典と言った場合,これまた子どもだけでは予約できません!というエラーが出てしまうという報告もあります。この場合もコールセンターですね。

JMB会員の場合,JALコールセンターの電話番号は下記の通りです。

f:id:monimonita333:20160920164538p:plain

JAL - 国内線お問い合わせ窓口

 

実際にBA特典航空券を発券して搭乗してみた!

というわけで,実際に伊丹~成田で搭乗してみた体験談をお届けしたいと思います。本当は伊丹~羽田のつもりだったのですが,あんまり予約画面をちゃんと見て無くて,予約後に伊丹~成田だったと気づいたというのは内緒です。

f:id:monimonita333:20160920165012p:plain

今回,搭乗したのは上記のJL3002便です。先にも述べたように,予約時にBAのExecutive Club番号を入力したので,既にマイル登録されていますが,発券時にJALに変更してもらいました。

f:id:monimonita333:20160920165203p:plain

控えとして,「My Executive Club」の「利用予定のフライト」から,旅程を印刷していきました。AmadeusやメールでBAから来るeチケットでもいいかと思います。

f:id:monimonita333:20160920165224p:plain

上記を印刷して持参しました。BA特典は自動チェックイン機は使えませんので,「航空券ご購入・チェックイン」カウンターに並びます。

f:id:monimonita333:20160920164954j:plain

 

午前7時頃ということで,10人弱の並びでしたのでマシでした。しかし,長蛇の列の可能性もあるので,BA特典の場合は早めに空港に着いておくことをオススメします。

持参した旅程を手渡すと,スムーズに手続きを進めてくれました。カウンターで私が効いたところによると,BAの6桁の予約番号は必須では無く,便名と姓名がわかればOKということです。わざわざ印刷して持参しなくとも良さそうです。

そして,購入カウンターでクラスJの空きを確認したところ,空いているということなので,1,000円の追加料金をクレジットカードで支払いました。一応,上述のAmadeus経由で座席指定はしていたのですが,ブログネタにもなるかなーと,1,000円という安価さもあり,気軽にアップグレードしたのです。このときは,あとでこの何気ない選択で驚くことになると思ってませんでした。

f:id:monimonita333:20160920170524j:plain

JGC(JALグローバルクラブ)があれば,となりの空いているカウンターが利用できます。JGC取得者はサクララウンジも使えますので,BA特典をフル活用する人には,JGCは大変に相性がいいですね。私も2017年はJGC修行をします!

伊丹空港発なので,アメックスのミールクーポンで朝食をいただきます。

f:id:monimonita333:20160920165656j:plain

今回は「空膳」さんです。朝食時は和食膳かきつねうどんとかやくご飯のセットです。

f:id:monimonita333:20160920165805j:plain

きつねうどんとかやくご飯のセットをいただきました。860円でしたかね? これが無料でいただけるというのは大変にお得です。

f:id:monimonita333:20160920170019j:plain

搭乗前です。このときは「失敗したなぁ。成田は都内まで遠いなぁ」と思ってました。

f:id:monimonita333:20160920170109j:plain

しかし,乗ってビックリ! 国際線機材でクラスJはビジネスクラスのスタッガードではないですか!!

f:id:monimonita333:20160920170202p:plain

確かにJALのHPで確認してみると,JAL3002のみクラスJの表示が白いアイコンになっています。これが国際線機材の証です。

あとで調べてみると,このJL3002が国際線機材(777-300)であるのは有名な話のようで,のりさんの記事など複数確認できました。知りませんでした!  上記の往路のJAL3002(伊丹08:00~成田09:20)だけでなく,復路のJAL3007(成田18:25~伊丹19:45)も飛んでいます。

JAL - ボーイング777-300(773)航空機コレクション

ちなみに,777-300はファーストクラスもあります。こちらも別料金では無く,クラスJ料金(1,000円でアップグレード)で利用できるようです。おそらく,上級会員に優先的に解放されるんでしょうね!

BA特典に限りませんが,国際線機材のビジネスクラスのスタッガードが,わずかプラス1,000円で体験できるので,ぜひお勧めしたいと思います! これはANAのプレミアムクラスアップグレードの9,000円に比べても破格に安いです。

ただし,あくまで機材が国際線仕様であるだけで,サービスは一般的な国内線クラスJのものです。シャンパンは出てきません(笑)。ソフトドリンクが提供されるのみです。まあ,1時間ちょっとですからね…。

 

まとめ

BA特典に関しては,のんびりさんの下記記事が超絶参考になります。本記事でも参考にさせていただきました。

しかし,ブリティッシュエアウェイズ(BA)の特徴から,予約方法,体験談まで一記事にまとめてみたくて書いてみました。のんびりさんも書かれていますが,BA特典の最大の特徴は「ブラックアウト期間なしで当日発券可能」という点で,「あ,今日なんか時間空いたな。札幌行って寿司でも食うか」とか,「ちょっと温泉もいいかな。日帰りで湯布院行くか」というようなフレキシブルな旅行者になり得るという点です。

また,のんびりさんが触れられていなかったアジア圏のBA特典お得旅行先も一覧にしてみました。BAも改悪があり,遠方の特にビジネスクラス&ファーストクラスは,厳しい必要マイルになっていますが,近距離はまだまだお得です。

とはいえ,マイラーの歴史は改悪との闘いであるということは言うまでもないことですので,本記事の内容がいつまで通用するかわかりません。ぜひ,Aviosポイントをたくさんお持ちの方は,勝手気ままな飛行機ライフを今のうちにご堪能ください!

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材