ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

NECのモバイルルーターMR05LNクレードル付き11,880円/無し10,206円!SIMフリーは海外で役に立つ!

【目次】

SIMフリーのWi-Fiルーターが安い!海外旅行/出張に!

NECのMR04LNというWi-Fiルーターが,ずっと安くで売っていたのですが,在庫を売り切りました。

f:id:monimonita333:20170212094756p:plainf:id:monimonita333:20170211172751p:plain

しかし,後継機であるMR05LNがクレードル付き11,880円/無し10,206円で販売中です。Amazonタイムセールというわけではないようなので,プライム会員でなくてもOKでしょう。下記,価格表示がおかしいかもしれませんが,クリックすると上記の金額になります。

海外で現地SIMを挿して使えば,複数のスマホやタブレットで共有できます。「メインスマホがSIMフリーじゃない!」という場合は,特に重宝します。ルーターがSIMフリーであれば,メインスマホはSIMフリーでなくとも大丈夫です。

 

MR05LNとMR04LNの比較

  MR05LN MR04LN
無線LAN Wi-Fi a/b/g/n/ac Wi-Fi a/b/g/n/ac
受信最大速度 375Mbps 300Mbps
HSPA+ ×
GPRS ×
Bluetooth 4.0 4.0
SIMカード デュアルSIM デュアルSIM
Nano SIM Micro SIM
Nano SIM Micro SIM
SIM切替時間 約10秒 約60秒
バッテリー容量 2500mAh 2300mAh
連続通信時間 14時間 12時間
充電時間 3時間 3.5時間
本体サイズ 幅63mm 幅63mm
高さ115mm 高さ111mm
厚み11mm 厚み11mm
重量 115g 111g

購入の検討材料として,旧型のMR04LNと新型のMR05LNの比較を表にまとめてみました。MR04LNとMR05LNの違いは,LTE Advancedによる受信速度の高速化が一番でしょうか。その代わり,MR05LNになって,日本ではマイナーなBANDであるHSPA+,GPRSに非対応になりました。海外ではむしろ困る場面もあるかもしれません。

あとは,SIMカードのnanoSIM化,バッテリ容量の増加(2300mAh→2500mAh),連続通信時間の延長(12→14時間:WiFiテザリング時)ですかね。あと,意外に大きいのが,MR04LNでは40~60秒はかかっていたSIM切り替え時間が,MR05LNでは約10秒と大幅に短縮された点です。

ただ,まじめに比較してみると,MR05LNに価格差だけのメリットがあるかどうかは微妙です。旧型のMR04LNが安ければ買いなのですが…。

 

付属のOCN モバイルONEのデータ専用SIMは開通しなくてもOK

付属のOCN モバイルONEのデータ専用SIMは,あくまでセット販売として付属しているだけですので,開通しなくても大丈夫です。他のSIMを使ってもOKです。せっかく付いているので試してみても良いですね。

上記と同じものになります。パッケージがあれば事務手数料がかかりません(パッケージを購入することで先払いしたということになります)し,データ通信プランなら解除料もかかりません。月額972円で,160MB/日から気軽に使えます。しかも,利用開始月は無料です。

f:id:monimonita333:20170109083345p:plain

詳しくは下記をどうぞ。

SIMパッケージの購入(OCN モバイル ONE(データ通信専用SIM)) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

 

通常販売の場合は個数制限なし

タイムセールは一人一つまでですすが,通常販売のMR04LNは,複数台でも購入可能です。そこまで買いたくなる価格でもないでしょうが…。

下記は,Amazonタイムセールの場合の記述です。ご参考まで。

数量限定タイムセール商品は、別途記載がない限り、お1人様1点までと限定されます。

Amazonタイムセールの場合は,二つ目を買おうとすると,下記のような画面が表示されます。

f:id:monimonita333:20170109013151p:plain

もちろん,複数アカウントなら…なんてことも頭をよぎりますが,Amazonはアカウント停止措置を割にすぐやってきますので,その辺は気をつけましょう。

自分で使うなら一つで十分です。逆に言えば,海外に行く人はぜひ一つは買っておくといいですよ!オススメです!

 

Amazonタイムセールはプライム会員限定ですが通常販売なら問題なし

Amazonタイムセールはプライム会員限定ですが,MR04LNは通常販売なので,プライム会員に入っていなくても全く問題ありません。

ただ,プライム会員は送料無料などお得なので,まだプライム会員になっていない人は,一ヶ月無料のお試しプライム会員になって,購入するといいかと思います。

Amazonプライム会員のメリットは下記の記事もご参照ください。


AmazonタイムセールでMR04LNを注文したら翌日着いた話

2017年1月9日01:03に注文したMR04LNが,2017年1月10日の夕方にはもう着いてました!Twitterなど拝見していると,都内だと5時間で着く地域もあるそうな…。

f:id:monimonita333:20170109204605j:plain

もう来てる!関西の片田舎でもこの早さ!すごいなAmazon!

f:id:monimonita333:20170109204624j:plain

内容物はこんな感じです。

f:id:monimonita333:20170109204647j:plain

OCNモバイルONEは使わずに,手持ちのdocomoデータプランのナノSIMで試してみます。SPモードではなく,moperaシンプルプラン(月額216円)で契約のSIMです。上記の写真に「SIM変換アダプタは使用しないでください」と書いてありますが,MR04LNはマイクロSIMで合わないので,自己責任でSIM変換アダプタをかまします。真似しないでください。Amazonのレビューでも「変換アダプタ付けて挿したら,抜けなくなった」という報告多数です。

注意点としては,絶対にナノSIMをそのまま入れないでください!サイズ確認してください!抜けなくなります。最悪,抜けなくなったときは,クリアファイルを細く切って,それをSIMスロットに差し込んで,何度も抜き差ししてください。いつか静電気でくっついて抜けます。本当は端子に静電気はよくないんですが…。

MR04LNの設定方法

下記の手順は下記の公式サイトから転載しています。

LTE/3Gに接続する|Aterm®MR04LNユーザーズマニュアル

「設定」-「APN設定」を選択し、SIM選択をします。

設定画面イメージ

ご契約の通信事業者の接続先をタップします。

リストから選択の場合

設定画面イメージ

上記のようにあるのですが,私はこの「リストから選択」の画面が出ませんでした。ドコモのmoperaは,これで選択できるというブログもあるのですが…。したがって,手動で設定しました。

手動設定の場合

ご契約の通信事業者からの情報にしたがって「サービス名」「APN」「ユーザ名」「パスワード」「認証方式」を手入力し、[登録]をタップします。

設定画面イメージ

ここで手動設定として,APNをMR04LNで入力していきます。ディスプレイのあるルーターは直接に入力できるのがいいところですね。海外ではPCにつないだりするのも面倒なので重宝します。

f:id:monimonita333:20170109205533j:plain

ドコモのmoperaの場合は,APN設定はめちゃくちゃシンプルです。

サービス名:何でもOK(一応,上記では「mopera」にしてます)

APN:mopera.net

ユーザー名:(空欄)

パスワード:(空欄)

設定方法 | mopera U | NTTドコモ

以上です。上記の画面上部で,LTEと表示されており,つながっていることが確認できます。海外の現地SIMでもAPNさえ入力すれば,ユーザー名もパスワードも空欄でいいというSIMはよくあります。

moperaシンプル(月額216円)は,mydocomoで簡単に設定できます。ただし,moperaシンプルは,データプランのときしか選択できず,通常の電話もできる音声プランの場合は,moperaスタンダード(月額540円)になります。設定は同じです。

つながったMR04LNをスマホにつないでみる:パスワード確認の方法

スマホやPCから,MR04LNは「プライマリSSID」の名称(aterm-a*****)で見えていると思います。MR04LNのパスワードを確認するには,MR04LNのトップページから「情報→端末情報→無線LA情報」で「プライマリ暗号化キー」を確認してください。

f:id:monimonita333:20170109205930p:plain

このドコモのデータプラン(moperaシンプル)のSIMを,手近にあったSH-RM02に接続して「SPEEDTEST」で計測してみた結果が上記の通りです。関西の片田舎なので,ダウンロード28.69Mbpsは上出来でしょう。アップロード1.77Mbpsはツライですね。さすが田舎…。

 

まとめ

SIMフリーのWi-Fiルーターは,格安SIM入門としても面白いですし,海外に出かけたときに現地SIMを刺して使うのにももってこいです。とーます(id:t-proof-35mm)さまが実際にMR04LNを台湾で使用された体験談を書かれています。こちらもどうぞ。

私もタイで使ってみました

f:id:monimonita333:20170306202415j:plain

バンコクで上記のSIMをゲットしました。前日に間違って買ったトップアップがTrue Moveだったので,Trueで探します。その結果,上記の「SOCIAL 4G+」というSIMが使えそうだとわかりました。このSIMは容量は付いてませんが,LINEやTwitter,FACEBOOKなどSNSアプリに限っては上限なく使えるというもののようです。

そして,このSIMに昨日間違って買った1.5GBのトップアップを追加して使えるようになりました。今回はMR04LNを使用しました。

f:id:monimonita333:20170306203218j:plain

左上の表示が3Gにしかなりませんが,通信できています。

f:id:monimonita333:20170306203339p:plain

速度的には3Gですかねえ。まあ,十分に使えるのでこれはこれで構いません。

f:id:monimonita333:20170306203600j:plain

サービス名が「true」,APNが「internet」,ユーザ名「true」,パスワードも「true」です。

ただ,前から気になっていたんですが,MR04LNが70%までしか充電されないんです。ちょっとググったらすぐにわかりました。

f:id:monimonita333:20170306203823j:plain

[設定]-[メンテナンス]と進むと上記の画面になるのですが,上記の「ロングライフ充電機能」がONになっていると,70%までしか充電されないそうです。お気をつけください!

特にMR04LNのように,液晶画面があるタイプは,ルーター単体でAPN設定(初期設定)が可能なので重宝します。

スポンサーリンク