ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

NTTグループカードがJALマイル2倍キャンペーンということで計算してみた!オススメ特典は出光キャッシュバック

【目次】

NTTグループカードでJAL交換が2倍?

f:id:monimonita333:20171003193111p:plain

NTTグループカードはよくポイントサイトで扱われるカードです。Web明細サービス「MyLink」に登録すれば,年会費永年無料です。

そんなNTTグループカードの「ポイント・プレゼントコース」のポイント移行先として,JALへのポイント移行が倍になるということですので,計算してみました。

 

「ポイント・プレゼントコース」について

f:id:monimonita333:20170512212023p:plain

実は先ほど説明した「おまとめキャッシュバックコース」のほかに,NTTグループカード独自の「ポイント・プレゼントコース」も選べます。

こちらは単純明快なシステムで,NTTグループのおまとめ請求は200円利用につき2ポイント,ショッピング利用1,000円につき10ポイントもらえます。NTTグループおまとめ請求の場合は,両方適用で1,000円につき20ポイントになります。

また,1年間のボーナスポイント計算期間(2月~翌年1月)に,5,000ポイント達成のたびに,ボーナスポイント500ポイントもらえます。しかし,ショッピング利用なら50万円利用で500ポイントですので,還元率は低いです。つまり,下記の通りです。

  • 50万円未満利用:1.0%還元
  • 50万円利用:1.1%還元

そして,ポイント移行先なのですが,選択肢も狭くあまりおトクではありません。

  • dポイント:60%で移行
  • JALマイル:40%で移行(2017年10月2日より)
  • ANAマイル:20%で移行
  • ちょコムポイント:50%で移行

つまり,JALマイルの場合は1.0%還元のとき0.40%でJALマイルに,1.1%還元のとき0.44%でJALマイルになります。

  1%還元 1.1%還元
dポイント 0.60% 0.66%
JALマイル 0.40% 0.44%
ANAマイル 0.20% 0.22%
ちょこむP 0.50% 0.55%

うーん,あまりおトクではないですね。これだと,「おまとめキャッシュバックコース」の方がメリットがありそうです。

JALカードなら1.0%JALマイルに,SPGアメックスなら1.25%でJALマイルになります。JALマイルを貯めたい方はこれらのクレジットカードを検討した方が良いでしょう。

 

NTTグループカードのオススメ特典は出光キャッシュバック!

f:id:monimonita333:20170513000403p:plain

本記事では,NTTグループカードの上記の3つのオススメ特典を紹介していきますが,実はこのNTTグループカードでもっともおトクなのは,特典3の出光でのキャッシュバックです。家族で複数台の自動車(レギュラーとハイオク)を保有し,出光が行きつけのガソリンスタンドだと,ある意味,最強の還元率カードなのです。

 

NTTグループカードは「おまとめキャッシュバックコース」が売り!

f:id:monimonita333:20170512203757p:plain

NTTといえば,いまやドコモというイメージですが,こちらのNTTグループカードレギュラーはドコモではなく,NTTグループ(NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーション)関連会社であるNTTファイナンスの発行するカードです

そのNTTグループカードの最大の売りは,「おまとめキャッシュバックコース」です。下記のキャッシュバック対象料金の支払いを,NTTグループカードでまとめて月額15,000円以上支払うと,最大9,000円のキャッシュバックがもらえる…というシステムなのですが,これがかなり複雑です。

「おまとめキャッシュバックコース」対象料金

f:id:monimonita333:20170512205252p:plain

「おまとめキャッシュバックコース」計算方法

では,解説していきましょう。計算方法ですが,「毎月の対象通信料金の合計金額」×「毎月のショッピング利用額に応じた%」となります。

f:id:monimonita333:20170512205220p:plain

上記画像左の「毎月の対象通信料金の合計金額」は,上限15,000円なので,たくさん利用額があればあるほど良いというわけではありません。15,000円を超えていれば満額です。逆に言えば,15,000円以上あっても無駄です。

上記画像右のキャッシュバック率は下記の通りです。

月間カード利用金額 キャッシュバック率
0〜2万円未満 0%
2〜4万円未満 1.50%
4〜6万円未満 3.00%
6〜8万円未満 4.50%
8〜10万円未満 6.00%
10〜20万円未満 8.00%
20〜30万円未満 18.00%
30〜40万円未満 28.00%
40〜50万円未満 38.00%
50〜60万円未満 50.00%
60万円以上 60.00%

「おまとめキャッシュバックコース」還元率

最大で60%のキャッシュバック!というとスゴそうですが,実はそうでもありません。上記に「かけられる数」は,先ほどの上限15,000円の通信料なので,60%キャッシュバックといっても,還元額は最大9,000円にとどまります。

月間ショッピング利用額 CB率 CB額 還元率
20,000円 1.50% 225円 1.125%
40,000円 3.00% 450円 1.125%
60,000円 4.50% 675円 1.125%
80,000円 6.00% 900円 1.125%
100,000円 8.00% 1,200円 1.200%
200,000円 18.00% 2,700円 1.350%
300,000円 28.00% 4,000円 1.400%
400,000円 38.00% 5,700円 1.425%
500,000円 50.00% 7,500円 1.500%
600,000円 60.00% 9,000円 1.500%

つまり,還元率を計算するとこういうことになります。月60万円利用しても1.5%なら,NTTグループカードの利用はNTTグループの通信料だけにして,月2万円利用の1.125%でもいいかなぁ…という感じです。

それでも,「ポイント・プレゼントコース」よりはマシです。ポイント交換先が今ひとつ(ふたつ?)なので,キャッシュバックの方がいいです。

 

出光キャッシュバックシステム

f:id:monimonita333:20170512212410p:plain

どちらかというと,こちらの出光キャッシュバックシステムの方が使えるのではないかと思います。もし,最寄りのガソリンスタンドが出光で多く使う方で,なおかつ毎月ガソリン代を多く使う方は注目です。ガソリン代が最大40円/L,軽油で最大20円/Lの値引きが受けられます。

ステップ1:ポイント算定期間

f:id:monimonita333:20170512212504p:plain

毎月16日から翌月15日までがポイント算定期間です。出光で10,000円使用ごとに,1.0ポイントを獲得できます。

ステップ2:おトク単価が決定

f:id:monimonita333:20170512212634p:plain

ガソリン(出光ゼアス/スーパーゼアス)の場合,1ポイントに付き2円の値引きとなり,最大20ポイントで40円/Lのキャッシュバックになります。つまり,20万円使用で40円/L値引きですね。20万円はちょっと現実的ではないでしょうから,5万円で10円/L値引きぐらいが狙い目でしょうか。

ステップ3:出光利用の度におトク単価×利用料でキャッシュバック

f:id:monimonita333:20170512212941p:plain

というわけで,出光でどんどん給油してキャッシュバック額を積み増しましょう。ただし,キャッシュバック対象となる給油量の上限は100リットルです。そうすれば,その翌月のためのステップ1のポイントも貯まります。

出光キャッシュバックシステム規定

ここに非常に重要な条件である上限100リットルを書いてないのは意図的ですかね。上記の「出光キャッシュバックシステム規定」に書いてあります。ご一読ください。

ステップ4:キャッシュバック額が決定

f:id:monimonita333:20170512213050p:plain

前月の利用ポイントで値引き額が決まり(ステップ1),当月の利用量(ステップ3)にかけてキャッシュバック額が決定されます。毎月この繰り返しになります。毎月5万円利用で,10円/L×100リットル(上限)なら,毎月1,000円のキャッシュバックですね。5万円利用で1,000円キャッシュバックだと,2.0%還元ですね。

毎月20万円利用だと,40円/L×100L=毎月4,000円のキャッシュバックになります。同じく2.0%還元です。

家族で複数の自動車を保有していると出光最強カードに!

家族でドライビングのイラスト

今ひとつお得感が出ないのは,ステップ3で説明した上限100リットルのせいです。しかし,この上限100リットルは,実は下記の3種類それぞれで上限100リットルなのです。

  • 出光ゼアス(レギュラー)
  • 出光スーパーゼアス(ハイオク)
  • 出光軽油(軽油)

つまり,10円/Lの値引きでも3種類で毎月3,000円キャッシュバック,40円/Lの値引きなら毎月12,000円キャッシュバックとなります。ご家族で複数の自動車をお持ちで,2種類使う,ないし3種類とも使用するという方には,断然お得感が増します。ガソリン値引き2円/Lでポイント還元率0.5%の出光まいどプラスを遙かに超える出光最強カードになり得ます。

計算してみましょう。レギュラー120円,ハイオク130円とします。お父さんの車は家族みんなで乗れるワゴン車でハイオクです。月に200リットルで,26,000円です。お母さんの車は買い物用のコンパクトカーです。月に200リットルで,24,000円です。月間利用料金は,50,000円で10円/Lの値引きを獲得できます。

同じく翌月もハイオク,レギュラーを200リットルずつ給油するとします。この場合,給油は200リットルでも,キャッシュバックは100リットルの上限があるので,

  • お父さん(ハイオク):10円/L×100L=1,000円キャッシュバック
  • お母さん(レギュラー):10円/L×100L=1,000円キャッシュバック

というわけで,合計2,000円のキャッシュバックをゲットです。利用料金は50,000円ですから,2,000円のキャッシュバックだと,なんと4.0%還元にもなります。これはかなりスゴイです。

まあ,さすがに4.0%還元のこの試算は都合が良すぎる面もありますが,2.0%~3.0%あたりは難しくありません。ポイントは上限100リットルがあるので,5万円利用の10円/Lを必ずしも狙わなくても,2万円利用の4円/Lでもそこそこの還元率が狙えるのです。ぜひ計算してみてください。

毎月最低1,000円以上の利用が必要

利用対象
計算期間中に出光サービスステーションで1,000円以上ご利用の方が対象です。

ただし,毎月最低でも1,000円以上の利用が必要ですので,給油しない月があるとサイクルが止まってしまいます。ご注意ください。さらに詳しくは,下記の「出光キャッシュバックシステム規定」をよくご確認ください。

出光キャッシュバックシステム規定

 

NTTグループカード側の入会・利用キャンペーンでも最大10,000円CB!

f:id:monimonita333:20170513001039p:plain

さらに,NTTグループカード側の入会・利用キャンペーンでも,最大10,000円のキャッシュバックが狙えます。

f:id:monimonita333:20170513001339p:plain

まずは上記の通り,Web明細書「MyLink」にログインして,受信BOX「キャンペーン情報はこちら」から応募をしてください。

f:id:monimonita333:20170513001532p:plain

上記の画像では字が見にくいので,改めてまとめます。

  1. カード入会&キャンペーン応募&カードショッピング5万円以上利用:2,500円CB
  2. メルマガ配信「希望する」を選択で:500円CB
  3. NTT料金 1社以上の支払いで:2,000円CB
  4. おさきにリボ「登録する」を選択で:3,000円CB
  5. 倍増TOWN 2ショップ以上利用で:2,000円CB

レギュラーカードでは以上です。少なくとも1と2は簡単にクリアできると思います。3は個人の状況によりますが,あとは4と5ですね。解説したいと思います。

4.おさきにリボ「登録する」を選択で:3,000円CB

f:id:monimonita333:20170513002013p:plain

リボ払い案件はきちんと理解すれば確実にトクをするのですが,理解できていないと危ないです。このNTTグループカードの3,000円CBは悪くないですが,特別に良いわけではありません。勉強が面倒な人はパスもありでしょう。楽天カードの方が額が多いことしばしばです。下記で記事にしています。

勉強をいとわない人は,確実に3,000円CBを拾いましょう。さて,今回の条件は「おさきにリボ「登録する」を選択」でクリアですので,一番簡単なのは,「NTTグループカードを使用しない」という手段です。これならリボ払いは関係ありません。

しかし,今回は5万円以上利用でも,2,500円CBがありますので,これを狙うなら使用しないというわけにはいきません。

f:id:monimonita333:20170513002528p:plain

NTTグループカードの「おさきにリボ」には,標準コース,短期コース,定額コースがあります。初期設定では標準コースになっていると思われますが,それだと5万円の利用額を月10,000円で返済すると,金利含めて最低でも6ヶ月かけて返済することになり,利子がもったいないです。

したがって,今回の「おさきにリボ」はあくまでクリア条件が「おさきにリボに登録」なので,「定額コース」に切り替えて,たとえば10万円に設定してしまえば,10万円までの利用分は結局1回で完済できます。

もちろん,リボ払いである以上,利用から支払いまでの期間(発行から初回支払いまでなら最大30日以内)の金利は発生します。しかし,この金利はキャンペーンの3,000円CBを超えることはないでしょう。

下記の記事でも説明していますが,NTTグループカードの「おさきにリボ」の年率は13.2%です。1ヶ月で返済する場合の金利は年率13.2の1/12の1.1%に過ぎません。

つまり,50,000円に対して金利は1.1%で550円です。とにかく,定額コースで初月に使用額より月の返済額を上回る設定にしておけば,金利は50,000円×1.1%に過ぎないのです(誤差はあります)。これで,3,000円CBは大きいですね。

5.倍増TOWN 2ショップ以上利用で:2,000円CB

こちらはNTTグループカード専用ポイントモールです。JALやANAも顧客の買い込みのため,この手のポイントモールを運営しています。

この倍増TOWNというショッピングモールがおトクかどうかは,今後の展開次第として,今回は2,000円分CBのために,この倍増TOWNで2ショップ以上,利用しなければなりません。

逆に言えば,利用額は決められていませんので,すごく安価なモノを2つ買う(電池や電球とか)でもいいでしょうし,「食品・おとりよせ」にはドミノピザなどもあるようなので,食事もいいでしょう。ビールや米の買い置きもOKです。

ともあれ,この倍増TOWNで2ショップ以上買い物をすれば,2,000円分CBなわけですので,これはぜひこなしていただきたい案件です。

 

まとめ

ここまでご紹介してきたように,NTTグループカードは,かなり用途が限られるカードではあります。しかし,「出光キャッシュバックシステム」は,家族で複数台の自家用車を保有しており,出光が行きつけの人という極めて限定的な層向けとはいえ,還元率4.0%という脅威の還元率をたたき出すポテンシャルがあります。

NTTグループカードの目玉である「おまとめキャッシュバックコース」は今ひとつ振るいませんが,Web明細サービス「MyLink」に登録すれば,年会費永年無料です。

しかも,本記事で説明したように,NTTグループカード側のキャンペーンで,少なくとも3,000円分のキャッシュバックは得られますし,最大で10,000円分のキャッシュバックが獲得可能です。

 

また,2017年10月2日から,「ポイント・プレゼントコース」からJALマイルへの交換が2倍になるというニュースがありましたが,交換率20%から40%になっただけで,NTTグループカードのもともとの還元率が1.0% or 1.1%なのであまりおトクではありません。

以上,参考になれば幸いです。

スポンサーリンク