読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

【朗報】AmazonでワイモバイルSIMスターターキットが893円に!最大15,000円分のAmazonギフト券もあり!

【目次】

AmazonでのワイモバイルSIMスターターキットが893円に!

ワイモバイルは,大手キャリアであるソフトバンクグループとして,キャリア側にも数えられることもあり,一方で格安SIM会社の一種であるとも認識されることもある絶妙な立ち位置の会社です。

そんなワイモバイルが,格安SIM側にぐいっと割り込む形で,2017年2月10日からAmazonに進出してきました。そして,初期費用にあたるSIMスターターキットが定価3,240円から2,347円OFF(72%OFF)の893円に値下げされました。

これにより,Amazonのキャンペーンのお得度は,ワイモバイルオンラインショップを超えました!以下,くわしくご紹介したいと思います。

 

契約事務手数料=パッケージ代(SIMスターターキット)

SIMスターターキットの値段は3,240円と,ワイモバイルオンラインショップの契約事務手数料と同額になっています。2017年3月13日から初期費用にあたるSIMスターターキットが定価3,240円から2,347円OFF(72%OFF)の893円に値下げされました。

f:id:monimonita333:20170313133257p:plain

ただし,以前にはAmazonポイントが10%分の324pt付与されていましたが,それはなくなった模様です。あと,Amazonギフト券をお持ちの方は,Amazonギフト券の消費にもいいかもしれません。

 

SIMサイズはナノとマイクロが選べます

SIMサイズの選択は,ワイモバイルオンラインショップと同じですね。iPhoneなど向けのナノ(nano)SIMと,ZenFoneなど向けのマイクロ(Micro)が選べます。

f:id:monimonita333:20170313133536p:plain

 

キャッシュバックキャンペーンはAmazonギフト券に

そして,もっとも気になるキャッシュバックキャンペーンについてですが,ワイモバイルオンラインショップと開始時点では同額のようです。スマホプランS10,000円分,スマホプランML15,000 円分です。

ただ,キャッシュバックではなく,Amazonギフト券のプレゼントになっています。ここは現金の方が嬉しい人も多いかもしれませんね。

●Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーン概要:回線契約時の対象料金プランに応じて、Amazonギフト券を進呈します。
受付期間:2017年4月1日(土)~
特典:スマホプランS10,000円分/スマホプランML15,000円分
区分:新規または他社からのMNPでお申込みの個人のお客さま
対象プラン:スマホプランS/M/L
適用条件:受付期間内に当社の提供する通信サービスに申込み頂きご契約が完了したお客さま
Amazonギフト券プレゼントキャンペーン提供条件書提供条件書(http://ymobile.jp/r/pdf/rule_amazon)

※本キャンペーンの対象は、販売元が「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 」となっている商品に限ります。
※ソフトバンクからの番号移行、ディズニー・モバイル・オンソフトバンクからの MNP は対象外です。
※SIMスターターキットの購入代金に本キャンペーンにて進呈されるAmazonギフト券はご利用頂けません。Amazonギフト券15,000円分から購入代金を差し引いた場合、実質的に購入代金のご負担無く、貰ったAmazonギフト券で買い物もできるお得なキャンペーンです。
※契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(ご請求月単位)にスマホプランMまたはLを解約、または契約変更された場合、契約期間に応じた契約解除料最大10,000円(税込)が、スマホプランS/M/Lの契約解除料10,260円(税込)に追加でかかります。
※Amazonギフト券の進呈時期は契約月の翌々月末を予定しておりますが、お手続き状況によりお時間をいただく場合があります。

http://ymobile.jp/r/pdf/rule_amazon

ワイモバイルオンラインショップのキャッシュバックキャンペーンの詳細は下記の記事をご参照ください。

「契約期間に応じた契約解除料最大20,000円(税込)」は下記の計算になります。ただし,下記の表は税別です。

f:id:monimonita333:20170313205416p:plain
http://www.ymobile.jp/corporate/open/agreement/pdf/ikkatsukonyu_waribiki.pdf

加入月に解約した場合は20,000円(税抜き18,518円)+10,260円,14ヶ月目で解約した場合は9,166円(税抜き8,487円)+10,260円ということになります。もちろん,維持費は別にかかります。

ワイモバイルオンラインショップのキャッシュバックキャンペーンでは,「契約翌々月に普通為替証書が郵送されてくるわけですが,Amazonギフト券も翌々月末の予定のようで,「キャッシュバックのタイミングが早くなる」ということもなさそうです。残念。

 

その他のキャンペーンの適用に関して

「ワンキャッパ割」や「データ容量2倍キャンペーン」は,ワイモバイルオンラインショップと同等の条件のようです。

ちょっと気になるのは,ワイモバイルの「下取りプログラム」はAmazonで購入の場合も適用されるんですかね?ここはちょっとよくわかりません。

下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile(ワイモバイル)

 

格安SIMよりワイモバイルがオススメな理由!

過去にも下記のような記事を書いたことがありますが,改めてワイモバイルをオススメする理由を説明していきたいと思います。

格安SIMより回線が安定しており速い

格安SIMはドコモなど大手MNOから回線を借りて運用しており,どれくらいの回線を借りているかにもよりますが,時間帯によっては非常にトラフィックが混雑して遅くなる場合があります。

f:id:monimonita333:20170118222007p:plain

その点,ワイモバイルはさすが自社回線だけあって,格安SIM各社とは比べものにならないほどの速さで安定して使えます。ドコモ・au・ソフトバンクと遜色ないどころか,ユーザーが少ないせいかむしろ速い体感です。

1回あたり10分以内無制限の通話料無料

改めてワイモバイルのプランについて説明します。非常にシンプルです。

f:id:monimonita333:20161118225217p:plain

スマホプランS・M・Lの3本立てです。いずれのプランにも1回あたり10分以内無制限の通話料無料が付いているのが嬉しいですね(2017年1月31日までは「300回まで」という制限がありましたが,2017年2月1日から無制限になりました)。

Y!mobile、スマホプランの通話無料サービスを拡充 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

ただし,一つ罠があります

ソフトバンクからの番号移行、及びディズニーモバイル・オン・ソフトバンクからMNPのお客さまはご利用開始月から25ヵ月間はS:3,980円、M:4,980円、L:6,980円となります。26ヵ月目以降は、プランSは2,980円、プランMは3,980円、プランLは5,980円となります。

上記の通り,ソフトバンクからの番号移行の場合は月額1,000円高くなるのです!まあ,いまやソフトバンクとワイモバイルは同一グループなので,乗り換えてもソフトバンクグループとしての契約数は増えませんので仕方ないのですが。さすがのソフトバンクグループ!

「データ容量2倍キャンペーン」でデータ容量2倍!

各プランは高速データ通信容量で価格差がついています(上記価格は税抜き)。ただし,2015年9月1日から終了期限を決めず,ワイモバイルでは「データ容量2倍キャンペーン」をおこなっており,データ容量は上記の2倍(Sで2GB,Mで6GB,Lで14GB)となっています。

f:id:monimonita333:20161118225407p:plain

ただし,データ容量2倍は24ヶ月です。この点,ご注意ください。

「ワンキュッパ割」で12ヶ月間は1,080円引き!

さらにもう一つのキャンペーンは「ワンキュッパ割」という値引きキャンペーンです。新規・MNPだけでなく,ソフトバンクからの番号移行も対象となります。これも下記の記事で詳しく書いたことがあります。

ワンキュッパ割とは,簡単に言えば,スマホプランS・M・Lを問わず,契約翌月から13ヶ月目まで,料金を1,080円値引きしてくれるキャンペーンです。

 1ヶ月目2~13ヶ月目14~24ヶ月目データ容量
スマホプランS ¥3,218 ¥2,138 ¥3,218 1GB2GB
スマホプランM ¥4,298 ¥3,218 ¥4,298 3GB6GB
スマホプランL ¥6,458 ¥6,458 ¥6,458 7GB14GB

というわけで上記のようになります。ドコモ・au・ソフトバンクに比べるとかなりやすいですね。ただし,1ヶ月目には別途,事務手数料3,240円(税込み)もかかります。

ヤング割ならさらに14ヶ月目から24ヶ月目までも続けて1,080円引き!

詳しくは下記の記事をご覧ください。18歳以下の方は,かなり安く維持できるキャンペーンとなっています。ご注目ください!

実店舗(ワイモバイルショップ)が使える

今回,SIM契約はワイモバイルオンラインショップでおこなうわけですが,そのサポートは全国にあるワイモバイルショップで扱ってもらえます。

必要ない人にはあんまり関係ないと思われるかもしれませんが,ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換えるユーザーの中には,ショップでいろいろと聞けるということをメリットに感じる人もいるのではないでしょうか。

 

ワイモバイルSIM契約のここが問題…

ここではワイモバイルを契約する際に注すべき点を挙げてきたいと思います。

ワンキュッパ割が終わったら解約すればいい?

じゃあワンキュッパ割がなくなったら高くなるので,14ヶ月目になったら解約すればいいか…と考えるわけですが,2年契約があるので契約解除料10,260円(税抜9,500円)がかかります。ここがネックですね。

14ヶ月目から24ヶ月目までちょうど10ヶ月です。月1,080円高くなっても,かかるのは10,800円,契約解除料が10,260円です。うーん,うまくできてますね。

スマホプランMで20,000円キャッシュバックもらってスマホプランSに変えれば?

この点は実はわからないことが多いです。チャットサポートに確認しましたが,結局,わかりませんでした。

 スマホプランS/M/L間のプラン変更であれば契約解除料はかかりません。
スマホプランS/M/LからスマホベーシックプランS/M/Lへ変更する場合は契約解除料がかかります。
詳しくは、スマホプラン S/M/Lの[ご加入条件・契約期間について]をご覧ください。

料金プランを変更した場合、契約解除料はかかりますか? | よくあるご質問 | ワイモバイル

上記のように「プラン変更」では契約解除料がかからないとされています。

※契約月を1ヵ月目として、24ヵ月以内(ご請求月単位)にスマホプランMまたはLを解約、または契約変更された場合、契約期間に応じた契約解除料最大20,000円(税込)が、スマホプランS/M/Lの契約解除料10,260円(税込)に追加でかかります。

http://amzn.to/2lsaUxx

そして,今回のCBキャンペーンには,上記の記述があります。ここでいう「契約変更」は「プラン変更」ではなく,スマホプラン→スマホベーシックプラン(2年契約無し)などへの変更を指すと考えていいようです。

したがって,上記の記述ではスマホプラン内で「スマホプランM」でキャッシュバックを受け取ったあと,「スマホプランS」に「プラン変更」するのには,違約金はかからないということになります。

しかし,チャットサポートに確認したところ,「スマホプランMで契約した回線を,24ヶ月以内にスマホプランSに変更すると,キャッシュバックの差額10,000円分の違約金がかかる」という返答でした。

「どこにその根拠が書かれていますか?」と聞きましたが,「わかりません」という返答でした(なんじゃそりゃ!)。とにかく,チャットサポートではなく,コールセンターに問い合わせて欲しいの一点張りでした。コールセンターにも電話で聞いてみようと,何度もかけているのですが,話し中でつながった試しがありません…。

その後,本件についてコメントをいただきました。スマホプランMからスマホプランSへの変更では違約金はかからないとのことです。私自身は裏付けが取れていませんので,あくまで一事例としてどうぞ。

taka048

M→S違約金発生しませんよ。メールで確認取れました。

「快適モード」に注意!

f:id:monimonita333:20170212133626p:plain

「快適モード」はとてもくせ者です。当該月のデータ容量が上限に達した場合,「快適モード」にしている指定した回数(1回~14回,無制限),勝手に500MBを500円で利用申込みをした扱いになります。ワイモバイル側が快適であるとしか言いようがありません。

f:id:monimonita333:20170212133816p:plain

とくに,もともとスマホプランMで使っていたSIMを,スマホプランSに変更したときに,うっかりスマホプランMのつもりで使ってしまうと,この快適モードの餌食になります。必ず「制限モード(自動利用申込み無し)」にしておきましょう

 

まとめ

冒頭にも書きましたが,大手キャリアと格安SIM会社の間で,非常に微妙な立ち位置をフルに活かして立ち回るワイモバイルにとって,Amazonへの進出は「ついにそこいくか」的な変革を感じます。

しかも,2017年3月13日から初期費用にあたるSIMスターターキットが定価3,240円から2,347円OFF(72%OFF)の893円に値下げに踏み切ったのは,ワイモバイル公式と差別化になったと言えます。ワイモバイルのAmazon進出に賭ける本気を感じます。

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材