読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

「auスマホはじめるプログラム」も大改善!他社ガラケー利用者と18歳以下新規も対象で次回機種変更まで月額2,980円!

ケータイ料金節約術 au

【目次】

「auスマホはじめるプログラム」が大改善!

f:id:monimonita333:20161017211847p:plain

https://www.au.com/information/topic/mobile/20170223-01/

2016年10月14日より実施していた「auスマホはじめるプログラム」が2017年3月1日に改定されます。他社ガラケー利用者と18歳以下の新規契約も対象で月額2,980円と大改善です。

ただ,改善の恩恵を受けられるのは,あくまで2017年3月1日以降の契約に限られます。2017年2月28日までに適用されたケースについては下記の改善の恩恵はなく,契約時の条件のままですのでご注意ください。

改善ポイント1:他社ケータイからのMNP,18歳以下の新規契約も対象

本プログラムは,auの3Gケータイ(ガラケー)を26ヶ月以上利用している機種変更の人,他社ケータイからのMNP18歳以下の新規契約を対象に,5分以内の国内通話が無料になるスーパーカケホと,データ定額1GBを組み合わせたライト利用者対象のプログラムです。

改善ポイント2:これまで36ヶ月までだった割引が次回機種変更までに変更

さらにもう一つの大改善は,

新規契約・機種変更の場合、「データ定額1」(2,900円)から、次回の機種変更まで1,920円/月を割引します。

これですね。これまでは36ヶ月までだった割引が次回機種変更までに変更されました。間違いなく,ソフトバンクの「スマホデビュー割」への対抗です。

ただし,「次回機種変更まで」となるのは,改訂後の2017年3月1日以降の契約に限ります。ご注意ください。

 

auスマホはじめるプログラム対象のデータ定額1は毎月割対象外

「auスマホはじめるプログラム」のポイントはデータ定額1GBは毎月割対象外なので,例えばiPhone7など毎月割の付く端末購入を伴う機種変更は大きく損をするという点です。しかし,「機種のご購入を伴わない場合も対象です」と明記されているため,持ち込み機種変更にこそ最適のプログラムとなっています。

これは2017年3月1日からの他社からのMNPや,18歳以下新規が対象となった場合でも同じです。auで機種購入を伴う場合は,auスマホはじめるプログラムは必ずしもおトクではありません。

また,名称だけでいうと,ドコモの「はじめてスマホ割」やソフトバンクの「スマホデビュー割」に似ていますが,ドコモの方は対象パケットパックの選択に制限がなく,月々サポートも適用になるなどいろいろと異なる点が多いです。

さらにソフトバンクの「スマホデビュー割」は,「次回の機種変更まで割り引きがずっと続く」という超強力なものになっています。今回の改定では,auが対抗してきましたね。

むしろ,1回5分以内という制限付きとはいえ,通話無料付きの低容量データパックの組み合わせは,ワイモバイルの「ワンキュッパ割(スマホプランSの場合)」の方が似ていると言えます。

ワイモバイルの「ワンキュッパ割(スマホプランSの場合)」は,通話が1回10分以内であるかわりに300回制限あり,新規・MNP時はデータ容量が2GBに増量,なんといっても最初の12ヶ月は1,980円(13ヶ月目から2,980円)と,条件だけで見るとワイモバイルに分があります。

しかし,auを使い続けたい人,家族と合わせるなどauを使ってみたい人(他社ケータイからのMNP),小中高生が初スマホをauで使いたい人(18歳以下新規)という場合,「auスマホはじめるプログラム」ということになるのでしょう。対象が拡大しましたね。

 

適用条件を確認していきましょう

最初にも書きましたが,以前の「auスマホはじめるプログラム」は,3Gケータイ(ガラケー)を26ヶ月以上利用という条件があったので,対象者は極めて限られていましたが,2017年3月1日の改定で対象者がかなり広くなりました。

適用条件

以下の①②の条件を同時に満たした場合(改定内容に下線)
① auケータイ(26カ月目以上ご利用)から機種変更・他社ケータイからお乗りかえ・18歳以下で新規契約のいずれかの方
② 4G LTEスマートフォンのご契約時に「スーパーカケホ」「データ定額1cpまたはデータ定額1」にご加入いただくこと

しかも,上記①の注には「KDDIに登録されている最新購入機種が対象」とありますので,機種変更前のケータイ(ガラケー)が持ち込み機種変更の場合はNGです。あとでまた説明しますが,機種変更後のスマホが持ち込み機種変更であっても問題ありませんん。

②については,適用されるプラン選択が限定されるというだけで,これでよければさほど厳しい条件ではありません。

 

割引特典適用時の利用料金について

f:id:monimonita333:20161017212816p:plain

プランの選択が「スーパーカケホ(1,700円)」+「データ定額1(2,900円→980円)」+「LTENET(300円)」という組み合わせに限られます(月額料金は税抜き)。この組み合わせ時に限り,「auスマホはじめるプログラム」が適用され,「データ定額1」に最大3年間1,920円/月の割引きが効いて,月額4,900円が2,980円になります。

 

「auスマホはじめるプログラム」のポイント!

そして,これも先に触れたことですが,データ定額サービスが「データ定額1」に限られるという点がポイントです。

【auスマホはじめるプログラムについて】
*3:機種のご購入を伴わない場合も対象です。
※毎月割の割引は適用されません。
※データ定額料はご加入月から割引適用となります。データ定額料が日割の場合、割引額も日割となり4年目以降自動的に通常料金となります。
※データ定額料が日割の場合、割引額も日割となります。
※本プログラム適用中は、auスマートバリューまたはauスマートバリューmineの割引適用はされません。なお、本プログラム適用後(または同時)にauスマートバリューに新たにご加入の場合のみ、本プログラム適用終了後から、auスマートバリューの初回割引が開始されます。

まず,「割引きは加入月から適用」「データ定額料が日割りなら割引額も日割り」「auスマートバリュー(mine)も適用されない」などにご注意ください。

そして,さらに重要なのは「データ定額1」は毎月割の対象外だということです。したがって,端末購入を伴う機種変更をしても毎月割が付きません。大損です。しかし,「機種のご購入を伴わない場合も対象」なので,持ち込み機種変更もOKです。

注9)機種のご購入を伴わない場合も対象です。

https://www.au.com/information/topic/mobile/20170223-01/

改訂後の説明サイトでも,注9でこの「機種のご購入を伴わない場合も対象です」は引き継がれました。

大きく値を崩して値頃感のあるauのiPhone6/6S/SEをAmazonなどで白ロムで購入し,持ち込み機種変更をするならお得です。

しかし,持ち込み機種変更をするぐらいなら,いっそmineo(マイネオ)のようなauでも使える格安SIMに移行してしまうのも手です。auのiPhone6/6S/SEなど,Amazonなどで購入した白ロムがもちろん使えます。

mineo

auのiPhone白ロムを利用する方法であれば,「auスマホはじめるプログラム」では必須の3Gケータイ(ガラケー)を26ヶ月以上利用という条件もありません。いま,スマホを使っていてもOKです!

上記の記事も参考にしてください。

 

auスマホ交換プログラムと併用する方法も

「auスマホはじめるプログラム」を,同じくauの「auスマホ交換プログラム」と併用する方法もあります。

f:id:monimonita333:20170221214742p:plain

auスマホ交換プログラム | キャンペーン | au

「auスマホ交換プログラム」は,auの3Gケータイもしくはスマホを16ヶ月以上利用している人が,対象スマホを「au購入サポート」で購入(機種変更)すると値引きが受けられるプログラムです。

対象機種と値引き額は下記の通りです。最大20,000円割引きのAQUOS SERIE mini SHV33は一括価格が32,400円なので,「auスマホ交換プログラム」適用で一括12,400円とスマホとは思えない激安価格で購入が可能です。ただし,後でも述べますが「au購入サポート」で移動の自由を奪われます。

f:id:monimonita333:20170221202243p:plain

端末を安く購入できるのは良いのですが,条件に「au購入サポート」があります。したがって,12ヶ月以内に対象外のデータ定額サービスへの変更(3G化など)や解約,一時休止,端末購入を伴う機種変更をすると,下記の解除料がかかります。

f:id:monimonita333:20170221202402p:plain

確かに「auスマホはじめるプログラム」で維持費は安いので,購入するのであれば13ヶ月以上は維持すると思うのですが,対して魅力的でもない機種の割引きで,移動の自由を奪われるのは割に合わない気がしますので,個人的にはあまりオススメしません。

それよりも,先にも述べたように,auのiPhone6/6S/SEなど,Amazonなどで購入した白ロムを持ち込み機種変更するか,mineo(マイネオ)のような格安SIM(MVNO)に移行するのがオススメです。

mineo

 

まとめ

改定前の「auスマホはじめるプログラム」は,auの3Gケータイ(ガラケー)を26ヶ月以上利用している人限定だったので,対象者はそれほど多いわけではありませんでした。

しかし,2017年3月1日からの改定で,他社ケータイ(ガラケーからのMNP(のりかえ)と,auで18歳以下で新規契約の二つが対象となり,対象者が一気に広がりました。これは大きな改定です。大改善です。ただし,改善の恩恵を受けられるのは,2017年3月1日以降の契約に限られます。

さらに,これまでは36ヶ月までだった割引が次回機種変更までに変更というのも大改善です。auにせよ,ドコモ・ソフトバンクにせよ,これまで3Gケータイ(ガラケー)を大切に使い続けてきた方は,あまり機種変更しないでしょうし,メリット大きいですね。18歳以下新規の方は,機種変更もしそうなので,それほどのメリットにならないかもしれませんが。

ただ,プランとしては,先にも述べたように,類似のプランでは,ワイモバイルの「ワンキュッパ割(スマホプランS)」の方が条件だけで見ると,どう考えても安くて条件が良いので,どうしてもauでなければいけないという人以外は,ワイモバイルも検討すべきかと思います。

それでも,au長期ユーザーでどうしても「ezweb.ne.jp」が捨てられないという人で,「そろそろさすがにスマホもいいかなぁ」という人であれば(かなり限定的ですが),検討の余地はあるかもしれません。その場合,「auスマホ交換プログラム」を併用すれば,安く端末の購入も可能です。ただし魅力的な機種が少なく,「au購入サポート」で12ヶ月縛られるのでオススメはしませんが,とにかく何でもいいから安くスマホが使いたいという場合は一考の余地があるかもしれません。

それよりも,「auスマホはじめるプログラム」は,毎月割対象外の「データ定額1」限定なので,auショップで勧められるままに端末購入をするのではなく,Amazonなどで白ロムを購入して持ち込み機種変更をすることをオススメします。

しかし,先にも述べたことですが,持ち込み機種変更をするぐらいなら,いっそmineo(マイネオ)のようなauでも使える格安SIMに移行してしまうのも手です。auのiPhone6/6S/SEなど,Amazonなどで購入した白ロムがもちろん使えます。

mineo

auのiPhone白ロムを利用する方法であれば,「auスマホはじめるプログラム」では必須の3Gケータイ(ガラケー)を26ヶ月以上利用という条件もありません。いま,スマホを使っていてもOKです!

詳しくは下記の記事も参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材