ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

セディナカードは海外キャッシングでクレジットカード手数料が無料の使えるカード!

【目次】

セディナカードは3つの特筆すべきメリットがあります

f:id:monimonita333:20170310205442p:plain

セディナカードを検討しているあなたに,どうしても伝えたいこのカードの3つのメリットがあります。1つでも十分にお得ですが,3つに当てはまればさらにお得です。

  • 【国内1】イオン,イトーヨーカドー,マックスバリュ,ダイエーなどで毎日ポイント3倍!(基本0.5%還元が1.5%還元!
  • 【国内2】マルエツは第一日曜日に5%OFFとポイント2倍!(5%OFFの上に基本0.5%還元が1.0%還元!)※OMCマークのあるセディナカードクラシック,セディナカードファースト,セディナJiyu!da!のみ
  • 【海外】海外キャッシングでクレジットカード手数料がかからない上に,Pay-easy(ペイジー)で繰り上げ返済できるので,現地通貨入手に最適!

本記事では,この二つのメリットだけにしぼって,セディナカードの上手な使い方を解説していきたいと思います。

 

【国内1】イトーヨーカドーとダイエー・イオン系で毎日1.5%還元

f:id:monimonita333:20170206192519p:plain

対象はセブン&アイ・ホールディングスと,イオングループですね。セブン・イレブンも対象ですが,コンビニで1.5%還元めあてで買い物をするのは本末転倒です。商品価格が安いイトーヨーカドーやダイエー,イオンなどのスーパーを常に使う方にオススメです。

クレジットカードの還元率は1.0%が基本です。1.5%還元となると,年会費がかかったり,リボ払い手数料を発生させたりといった手間が必要だったりします。

しかし,このセディナカードをイトーヨーカドーやダイエー,イオンなどのスーパーで使うだけで,常に1.5%還元です。これらのスーパーでの買い物が生活の一部になっている方は,これだけでも使う価値があります。

年会費無料でお店さえ決めていれば,何も考えずに使って1.5%還元というのはなかなかありません。「損はしたくないけど,なんかいろいろ考えるのはめんどくさい」という方には特にオススメです。

セブン&アイ・ホールディングスはセブンイレブンとイトーヨーカドーだけですが,イオングループは対象店舗がもう少し幅広いです。

f:id:monimonita333:20170206193111p:plain

 

【国内2】マルエツ,マルエツプチ,リンコスは毎週日曜日5%OFF

f:id:monimonita333:20170206193533p:plain

もう少しローカルになりますが,もしあなたのお住まいの近所に,マルエツ,マルエツプチ,リンコスがあれば,毎週日曜に5%OFFになります。上記の画像にあるように「OMCマークのあるカード」に限られます。

f:id:monimonita333:20170327165443p:plain

上記を見ていただくと,セディナゴールドカードとセディナカードにはOMCマークがないように見えます。しかし,下記画像を見ていただければわかるように,セディナゴールドカードとセディナカードは裏面にOMCマークがあります。

f:id:monimonita333:20170509210935j:plain

http://news.mynavi.jp/news/2014/07/14/128/

また,この裏付けとして,セディナゴールドカードの公式サイトにも,「マルエツ等の各店舗で毎月第2・第4日曜日5%割引」の記述がありました。したがって,マルエツ,マルエツプチ,リンコスは毎週日曜日5%OFFはセディナカード,セディナゴールドカードもOKです。

マイル化はできませんが,クレジットカードのポイント還元1%や1.5%どころの話ではありません。現金で5%OFFというのは,とてつもなく大きいです。年間100万円買い物したら,5万円節約できるのです。生活圏にマルエツがあるなら利用しない手はありません。

棒二森屋,三春屋,中合福島,十字屋山形などでは毎月第2・第4日曜日5%OFF

こちらはさらにマイナーになってしまいますが,やはり5%OFFは魅力です。

f:id:monimonita333:20170206193923p:plain

ちょっと注意して欲しいのは,今治デパートグループなどのように,※が付いている対象店舗は,カードご利用代金ご請求時に5%割引となります。

わくわくポイント2倍デーを重複活用せよ!

それだけではありません。マルエツ,マルエツプチ,リンコスや棒二森屋,三春屋,中合福島,十字屋山形などでは,毎月1日と第1日曜日はワクワクポイント2倍デーになります。

f:id:monimonita333:20170206194423p:plain

イトーヨーカドーやダイエー,イオンではポイント3倍(1.5%還元)だったのに,マルエツでは5%OFFだけか…と思ったかもしれませんが,実はマルエツの第1日曜日は5%OFFとわくわくポイント2倍デーが重複適用され,5%OFF&ポイント2倍(1.0%還元)という神施策日になります。

f:id:monimonita333:20170206221432p:plain

神施策日と言えば,ウエルシアでTポイントが1.5倍で使える毎月20日が有名ですが,このマルエツの第1日曜日も覚えておいて損はない特異日です。ウエルシアについては下記をどうぞ。

さらにマルエツでは,日曜日にTポイント5倍キャンペーンをやっていることが多く,上記の5%OFF&ポイント2倍(1.0%還元)とさらに重複で,Tポイントを200円で5ポイント(2.5%還元)もらえることがあります。

 

【海外】海外キャッシング+Pay-easy(ペイジー)で繰り上げ返済

f:id:monimonita333:20170206201926j:plain

みなさんは海外で現金が必要になる場合,どのようにして入手していますか?多くの方は,現金で両替しているのではないでしょうか。「日本で両替すると損だから,海外で両替しているよ」という方も多いと思います。実は米ドルとユーロは,海外の方が手数料が高いので,日本で両替した方が得な場合も多いんですが…。

実は現地通貨入手は海外キャッシングがお得!

しかし,実はもっともお得な方法は,多くの人が「高いんじゃないの?」避けがちな海外キャッシングなのです。しかも,セディナカードはクレジットカード手数料がかからないという優秀さです。これを説明していきたいと思います。とりあえず,バンコクを想定しています。

  • 現金両替の場合:両替手数料を取られる(両替所によりマチマチ。市内の優良両替所で0.5%,空港で1.0~3.0%)
  • 国際キャッシュカードやデビットカード:現地のATM手数料がかかる。2015年12月から200タイバーツ(約640円)。しかも,日本の銀行の手数料(三井住友で108円)がかかり,換算レートは「Visaが定めたレートに5%を加算したレート(三井住友の場合)」だとか。死亡。
  • 海外キャッシング:現地のATM手数料はかからない。貸金業法の規制で決まっています。画面に「手数料取るよ」と表示されても大丈夫。クレジットカード手数料は普通はかかりますが,セディナカードはかかりません。あと利息。

上記を見ていただければわかるように,国際キャッシュカードやデビットカードが基本的に一番損です。現金両替の方がマシですので,海外キャッシングはどうしてもイヤだという人は,レートのよい両替所を探しましょう。

利息を安く済ませるにはPay-easy(ペイジー)使った繰り上げ返済を利用

f:id:monimonita333:20170206203255j:plain

上記の検討で,セディナカードの場合は,現地のATM手数料もクレジットカード手数料もかからないというこがわかりました。ということは,あとは利息だけです。「でも,海外キャッシングって,利息がバカ高いんじゃないの?」と思われるかもしれません。

確かに高いです。キャッシングの利息は年利18%と決まっています。365日で割ると,1日あたり約0.049%となります。したがって,キャッシングした日から支払日まで,最短でも25日はかかりますので,25日間借りたままだと約1.2%の利息がかかります。1ヶ月ずれると長いときは支払日まで60日かかることもあり,60日間だと2.7%もの利息になります。

先ほど,現金両替の項目で,「優良両替所で0.5%,空港で1.0%~3.0%」と書きました(ヒドいところだと10%近くの両替所もありますが)。2.7%の利息だと現金両替の方がマシということになります。

しかし,Pay-easy(ペイジー)を使えば,3日ほどで上がった明細をインターネット経由ですぐに返済できてしまうのです。ここがポイントです。本当は両替目的なので,3日と言わずに当日か翌日に返したいところですが,明細が上がるのに最低でも3日間はかかる感じです(休日を挟むと5日ぐらいかかることも)。そして,3日で返済すれば,利息はわずか0.148%です。

海外ではインターネット環境が良くないという場合で,帰国してからと考えても,10日間でも利息は0.493%です。優良両替所を探すより,絶対に労力が少ないです。

JCB,VISA,Masterはどれがレートが良い?

ちなみにセディナカードは,JCB,VISA,Masterのいずれも選べますので,これも検討してみましょう。

海外でのお取り引きにおける基準レート | JCBブランドサイト

Visa USA | ExchangeRateComp

Currency Converter | Foreign Exchange Rates Calculator | Mastercard

2017年2月6日20時でのレートを米ドルとタイバーツで調べてみました。Enter Bank Feeという項目がありますが,これは日本のクレジットカード会社の手数料です。だいたい1.63%というのが普通です。セディナカードは海外キャッシングの場合に,この1.63%がかからないわけです。すごい!

というわけで,上記サイトで調べたレートに1.63%を加算して示すと下記の通りとなります。

  • JCB:1USD=114.150816JPY/1THB=3.262323JPY
  • VISA:1USD=115.308030JPY/1THB=3.295127JPY
  • Master:1USD=114.988893JPY/1THB=3.282583JPY

上記は1USドル使ったときの日本円の請求ですので,今回はJCBに軍配が上がりました。一般的にはMasterが有利と言われているのですが。2017年2月6日のレートに限っては,VISAは少し分が悪いようです。

 

セディナの新規入会&登録キャンペーンで最大6,000円分もらえる!

f:id:monimonita333:20170509194733p:plain

セディナ側のキャンペーンで,30,000円使用で少なくとも3,600ポイントGETできます。

f:id:monimonita333:20170509194919p:plain

その他,いろいろで最大6,000ポイントGET可能です。詳しくは公式サイトでしっかりご確認ください。

年会費無料!いつものお買い物をもっとおトクに | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

家族カード発行セディナカードのワクワクポイントは,Gポイントを経由してソラチカルートに回せます。

f:id:monimonita333:20170206190702p:plain

3万円使用ならそれほどハードルは高くありません。これならクレジットカード発行案件としても納得できるラインですね。

 

まとめ

セディナカードについて,国内と海外でのそれぞれの強みに絞って解説しました。セディナカードは,年会費無料カードではありますが,普通に使うと基本還元率0.5%と一般カード以下の性能です。

しかし,年会費無料で,なおかつ本記事で説明した下記の3つのメリットを活かせる方にとっては,なかなか使えるカードです。

  • 【国内1】イオン,イトーヨーカドー,マックスバリュ,ダイエーなどで毎日ポイント3倍!(基本0.5%還元が1.5%還元!
  • 【国内2】マルエツは第1日曜日に5%OFFとポイント2倍!(5%OFFの上に基本0.5%還元が1.0%還元!
  • 【海外】海外キャッシングでクレジットカード手数料がかからない上に,Pay-easy(ペイジー)で繰り上げ返済できるので,現地通貨入手に最適!

また,セディナカードは,ハローキティ券面も選べます。

f:id:monimonita333:20170310205717p:plain

また,セディナカードの上位カードであるセディナゴールドカードを年200万円以上数年間使っていると,セディナプラチナカードのインビテーションが来るそうですが,ハローキティもプラチナがあります。

f:id:monimonita333:20170206205857p:plain

黒いハローキティはやや不気味な気もしますが…ファンにはたまらないのでしょうか…。ポイント活動について,もっと詳しく知りたいという方は,下記の記事もどうぞ!

月3万円の小遣い稼ぎ or 月23,000ANAマイルの貯め方!副収入・副業としての「ポイント活動」!

スポンサーリンク