ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

クレジットカードを利用してマイルを貯めるのは無駄か?クレジットカード発行との取得マイル効率を比較する

【目次】

クレジットカードって使うものですよね?

f:id:monimonita333:20171007223522j:plain

「どのクレジットカードを使ってマイルを貯めれば良いのでしょうか?」という質問を多々いただきます。その度に「クレジットカードを利用して貯められるマイルは微々たるものです。クレジットカードを発行して貯めましょう」というお返事をします。

しかし,これって陸マイラーとしてマイルを貯めまくっている今でこそ常識化していますが,その前は自分自身も何十年もとらわれてきた呪縛でもあります。

そこで,改めてわかりやすく「どっちが得か?」を指標化したら,わかっていただけるのではないかということで,本記事ではクレジットカードにまつわる取得マイル効率を数値化して説明してみたいともいます。

取得マイル効率=取得マイル/使用した金額

すべて,この数値に置き換えて考えてみたいと思います。もっとも一般的な,「1.0%還元のクレジットカードの場合,

1%還元のクレカ=1/100円=1.0%

ということになります。取得マイル効率1.0%は,100万円使って1万マイルってことですね。これを多いと考えるとか少ないと考えるかは,ぜひ,本記事を最後まで読んでご判断ください!

 

クレカで決済してマイルを貯める:効率の良いクレカを求めて

f:id:monimonita333:20171007224536j:plain

もちろん,これが王道です。人は時として,「人よりも効率的すぎる方法は,すべて悪の道か,ずるい道なので通るべきではない」という考えすら持ちます。日本人はその傾向が特に強い気がします。

ただし,一般的なクレジットカードの還元率は1.0%が普通です。この数字はそこまで上がりません。あと,年会費がかかるクレジットカードは,もっと元手がかかることになりますが,とりあえず本記事では年会費は計算に入れません。

SFC修行をする人は必須のANA VISAワイドゴールドカードは,マイル取得効率が最大1.72%になるという触れ込みですが,リボ払いの駆使など一般の方には面倒すぎるのでここではパスします。興味のある方は,こちらがオススメです。

マイレージプラス:取得マイル効率1.5%

クレジットカードを利用してマイルを貯めるという場合,個人的にもっともオススメするのはマイレージプラスセゾンです。年会費と1.5%が付与される年間決済額限度の兼ね合いもありますが,平のマイレージプラスセゾンでも,年200万円までは取得マイル効率1.5%ですからおトクです。

しかも,ユナイテッド航空のマイレージプラスというマイルは,ANAの特典航空券を片道5,000マイルで発券できる上に,乗り継ぎ制限が緩く,あちこち飛び回れて面白いマイルプログラムです。

SPGアメックス:取得マイル効率1.25%(UAなら1.675%)

マイレージプラスの取得マイル効率1.5%はかなりオススメなのですが,弱点があるとすればマイレージプラスしか貯まらないという点にあります。

それに比べると,SPGアメックスは,世界中ほとんど全てのマイレージプログラム(JALやANAも含む)に,最大1.25%で交換できる強力なクレジットカードです(20,000スターポイント交換の場合,25,000マイルに交換可能)。

しかも,マリオットリワードを経由してUAに移行する場合,1.675%という驚異的な還元率にすることが可能です。専用カードであるマイレージプラスカードを上回ります。詳しくは下記の記事をご参照ください。

ただし,SPGアメックスは年会費が33,480円(税込)と,べらぼうに年会費が高いです。しかし,いまならSPGゴールド会員に自動になれるだけではなく,ステータスマッチでマリオットゴールド会員にもなれるので,朝食無料&クラブラウンジ無料&部屋のアップグレード期待と,国内・海外問わず素晴らしいホテルライフに超絶貢献してくれます。 

その他ほとんどのクレジットカード:取得マイル効率1.0%

あとは書くまでもないですが,世の中のほとんどのクレジットカードは,取得マイル効率1.0%です。逆に言えば,取得マイル効率0.5%のカードとか使うのはやめましょう!という話です。

マイルは使い方によっては,1マイル=2~3円の価値を発揮できるので人気ですが,1%では100万円決済してやっと1万マイルです。いくらマイルの価値が高いとはいえ,国際線特典航空券(例えばハワイのビジネスクラスで8万マイルとか)には長い道のりですね…。

 

クレジットカード各社のキャンペーンを上手に使う

この方法も数限りなくあるのですが,一部だけご紹介したいと思います。クレジットカード各社は,手数料で利益を出していますので,とにかくクレジットカードを発行した人には使用してもらわないと困るわけです。

したがって,クレジットカード各社はクレジットカードを利用してもらうために様々なキャンペーンをおこなっています。ちなみに,年会費がかかるクレジットカードは,もっと元手がかかることになりますが,とりあえず本記事では年会費は計算に入れません。

SPGアメックス:取得マイル効率21.25%

f:id:monimonita333:20171007232514p:plain

急に取得マイル効率がアップしました!そうなんです。クレジットカード各社の入会キャンペーンを駆使すれば,取得マイル効率10%を超えることは夢ではありません。とりわけ,SPGアメックスの紹介プログラムは奇跡の21.25%です。

SPGアメックスは,クレジットカード決済で使ってもあらゆるマイレージプログラムに1.25%で交換可能な強力なクレジットカードですが,入会キャンペーンもすごいです。

アメックスの紹介制度を使えば,なんと10万円決済で計17,000スターポイントの取得が可能です。そして,20,000スターポイントは,各社の25,000マイルに交換可能なので,その取得マイル効率は21.25%です。くわしくは下記の記事をどうぞ。

もし,お友だちにアメックス所有者がいなければ,もにもにたまでご連絡ください。本ブログの読者さまは,お友だちです。紹介させていただきます。仮名でも結構です。

>>>もにもにたへの紹介依頼はこちら!本文は「SPG紹介お願いします」だけでOK!

ANA VISAマスターカード:取得マイル効率12.0%

もれなく最大66500マイル相当がもらえる!!ANAカードご入会キャンペーン

最大66500マイル相当がもらえる!!ANAカードご入会キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

こちらも定番ではありますが,なかなかおとくなキャンペーンとなっています。上記から発行しちゃうと,あとで説明するポイントサイトのポイントを取り逃すので要注意です!

「ANA VISA」は、どこのポイントサイトを経由するとお得? - 案件比較検索 / どこ得?

必ず,どこ得で検索をしましょう!

当サイトが厳選するポイントサイトのオススメは下記からどうぞ!他のサイトから登録するより,ポイントアップ可能です!

ANAアメックス:取得マイル効率6.0%

f:id:monimonita333:20171007233206p:plain

現在,私もチャレンジ中のANAアメックスです。50万円利用とハードルは高いものの,普通に取得マイル効率1.0%で頑張っても,5,000マイルしか貯まらないところが,30,000マイル取得(取得マイル効率6.0%)が狙えるのでおトクです!

こちらは紹介よりも,ポイントサイト経由がおトクですので,どこ得で調べてポイントサイトからどうぞ!

「ANAアメリカン エキスプレス カード」は、どこのポイントサイトを経由するとお得? - 案件比較検索 / どこ得?

 

ポイントサイトを使ってクレジットカード発行でマイルを貯める

f:id:monimonita333:20171007233813j:plain

さて,実はここまでの説明にも,ちょいちょい出てきたように,最高の取得マイル効率を達成するには,クレジットカード利用(決済)ではなく,クレジットカード発行をポイントサイト経由でおこなうのが,実は最強に効率的なのです。

詳しくはこの記事を読んでいただくのが,一番手っ取り早いと思います。長文ですが,「こんな方法でマイルが貯まるのか!」と驚かれることと思います。

年会費(初年度)無料クレジットカード発行:取得マイル効率83.3~90.0%

いままで「クレジットカード利用」で1.0%~1.5%,「クレジットカード各社のキャンペーン」で6.0%~21.25%という話をしてきましたが,はっきり言って(文字通り)桁が違います

年会費初年度無料のクレジットカード発行で,ポイントサイトの10,000ポイントをGETして,それをマイルに交換すれば,元手ゼロでのマイル取得になります。実際のところ,取得マイル効率の計算式も分母(使用額)が0だと成り立たないのですが,とりあえず100%としておきます。

ANAマイルへの交換はソラチカルートで(90.0%)

ANAマイルに交換したい場合は,下記のソラチカルートにご注目ください。取得マイル効率90%です。

JALマイルへの交換はモッピールートで(83.3%)

JALマイルに交換したい場合は,下記のモッピールートにご注目ください。取得マイル効率83.3%です。

年会費(初年度)無料のクレジットカード10,000ポイント級を狙う

また,本ブログでは年会費(初年度)無料のクレジットカードで,ポイントサイトのポイント10,000ポイント級の案件は随時紹介しております。

損はさせませんので,本ブログの読者登録,Twitterフォロー,Feedly登録をお願いします。情報を速報でお届けします!

follow us in feedly

まずは,ポイントサイトに登録して待機ください!

 

まとめ

f:id:monimonita333:20171007235307j:plain

「クレジットカードを利用してマイルを貯めるのは無駄か?」という問いに答えると,無駄ではありませんというのが一応の結論です。

しかし,効率という点で考えると,ぜひ,キャンペーン利用やクレジットカード発行という他の方法があるということを知って欲しいというのが本記事の趣旨です。

  • クレジットカード利用(決済):1.0%~1.5%(1.72%?)
  • クレジットカード各社のキャンペーン利用:6.0%~21.25%←SPG!
  • ポイントサイトを利用してクレカ発行:83.3%~90.0%←すごくない?

上記の取得マイル効率を考えても,ポイントサイト利用によるクレジットカード発行をやらない手はないですよね。もちろん,その上でクレジットカード利用(決済)や,キャンペーン利用は○です。

 「マイルってクレジットカードを利用(決済)したり,飛行機に乗って貯めるものですよね?」という呪縛にとらわれるている過去の私のような人に,この記事が少しでも届く可能性があればと思っています。お役に立てば幸いです。

スポンサーリンク