読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

「ドコモ 子育て応援プログラム」はドコモユーザーで小学生以下の子どもがいれば既存ユーザーでも年3,000ポイント!登録しない理由無し!

【目次】

「ドコモ 子育て応援プログラム」はお子さまがいるドコモユーザー必見!

ドコモは新施策「ドコモ 子育て応援プログラム」を2016年11月1日より開始しましたた。下記が公式ページです。

この施策の斬新なところは,「子ども名義の回線契約関係なし」で「1回線につき小学生以下1名の子どもがいれば,年に1回,子どもの誕生日月に3,000dポイント付与」という極めてハードルが低い点にあります。3大キャリア(ドコモ,au,ソフトバンク)の中でも最大のユーザーを抱えるドコモですから,恩恵を受ける範囲はかなり広いと思われます。

私が申し上げたいのは,読者のあなたがドコモユーザーで小学生以下の子どもがいたら,絶対にメリットあるので記事を最後まで読んで欲しい!これに尽きます。

f:id:monimonita333:20161029003535p:plain

「釣った魚にはエサをやらない」と言われ続けてきた大手キャリアですが,これだけ既存ユーザーに広く恩恵ある施策をとってきた理由は二つありそうです。一つはもちろん例のガイドラインに代表される総務省の締め付けであり,もう一つは単純な話で儲かっているからだそうです。うらやましす。つまりドコモによる社会還元的意味合いが大きい施策です。もらっておきましょう!元は私たちのお金?です!

それはさておき,ケータイ乞食だとか陸マイラーだとか関係なく,とにかくこれは本ブログの読者様でドコモ契約をしている方は絶対に申し込むべき施策なので,その内容や申し込み方法を説明させていただきます。まず,声を大にして言いたいのは申し込まないともらえません!ということです。情報は金なり。

 

「ドコモ 子育て応援プログラム」の内容と適用条件

まず,申し込めるのは2016年11月1日以降です。あとで申し込み方法は詳しく説明しますが,Web不可ですのでドコモショップに行くのが手っ取り早いです。通信企業なんだからwebで申請させろよ…と思うのですが…。

f:id:monimonita333:20161029003829p:plain

上記が特典内容です。正直,(2)と(3)は無視して良いと思います。「クラウド容量オプション」や「フォトコレクションプラス」という名称を聞いて「それ何?」と思った方は,おそらくこれらの特典は不要な方が多いです。(1)の年1回の3,000dポイントを確実にもらうようにしましょう。再度,公式ページから引用しておきます。

特典内容

①お子さまが12歳になるまで、毎年dポイント3,000ポイント(期間・用途限定)をプレゼント
【ポイント利用】
dマーケットや街のお店でのご利用など、幅広い用途にご利用いただけます。

 

保護者(大人)につき複数の子どもが登録可!

次に対象者(子どもの保護者)についてです。

基本プラン(デバイスプラス・キッズケータイプラスを除く)及びパケットパックにご契約で、小学生以下のお子さまがいらっしゃるお客さま

注がたくさんついていて,めちゃくちゃわかりにくいので簡単に説明します。現行プランでドコモを使っている人は,子ども一人つき一回線が対象となると考えてもらって間違いありません。パケットパックの親回線とか子回線も関係ありません。ただし,ドクターMさまの情報によると,ガラケーのパケホーダイなど旧プランで回線を維持している方は対象にならないそうです。残念…。

ドクターM (id:maiching)

ドコモに確認したところ、ガラケーのパケホーダイは本件非適用とのことです。残念でした。ガラケー(imode)の生産も年内で終了するようなので、私のガラケー&格安スマホ2台持ち作戦は軌道修正が必要になりそうです。

しかし,一方でガラケーであっても,カケホーダイプラン(新プラン)であれば対象となるという情報も入っております。一度,ドコモに確認してみたいと思います。

dadong

ガラケーであってもカケホーダイプランであれば対象になるようです。私の場合は、FOMAタイプSプランのパケホーダイダブルのため対象外でした、残念。

さらに,dポイントクラブ会員であることが条件になっていますが,入会金無料・年会費無料のプログラムですので,おそらくほとんどの方がドコモ契約時に知らぬ間に会員になっていると思われます。万が一,会員じゃなくても,どうせ「ドコモ 子育て応援プログラム」の申し込みでドコモショップに行かれると思いますのでそのときに申し込めばOKです。

「ドコモ 子育て応援プログラム」の重要条件

そして,重要な条件は下記の3点です。

  • お申込みには親子関係がわかる証明書(親子それぞれの健康保険証や母子健康手帳等)の提示が必要です。
  • お子さまご自身が当社の回線契約・サービス契約をお持ちでなくても登録いただけます。
  • お子さま一人につき、1回線のみ適用が可能です。 

小学生以下のお子さまは,ドコモのキッズケータイとか持ってなくて大丈夫です。逆に言えば,他社のキッズケータイやスマホを持っていても関係ありません。

対象契約回線(保護者)一人につき子ども10名まで登録可能

登録可能範囲について,下記のコメントをいただきました。

ぱせ 2016-11-01 20:31:29
子ども1人につき親は1人にしか登録できないけど 親には子ども何人でも登録出来るみたいですよ! 今日聞きました☆ なので、子供が2人いたら、 父と母に1人ずつ子供を登録しても良いし、 母に2人登録しても良いみたいです!

なんと!お子さま一人につき,保護者(大人)は一人の登録ですが(重複登録による不正防止でしょうね),保護者(大人)にお子さまが複数いても,複数の登録が可能とのことです。

この件について,規約を確認してみると,回線保有者(保護者)一人につき,お子さま10人まで登録可能ということが確認できました。

第 4 条
2.会員は、登録対象児童を一の対象回線契約につき、10 名まで登録することができるものとします。ただし、登録対象児童は、1 人につき 1 回線にのみ登録できるものとします。

「ドコモ 子育て応援プログラム」の小学生以下の定義

小学生以下の定義は下記の通りです。要は満12歳の誕生日月を含む学年までですね。年単位ではなく,年度単位での計算となります。

第1条
(6)登録対象児童
生後、満 12 歳に達した日の属する小学校の学年(学校教育法施行規則第 59 条に定めるものをいいます。)の終わりまでの者をいいます。

上限は満12際の誕生日月を含む学年(年度)までと明記されていますが,下限は書かれていません。したがって,0歳児でもOKです。

0歳児を登録した場合のみ年に2回も3,000ポイントもらえる!

むしろ,子育て応援プログラムにおいて,0歳児は少しお得です。それは下記の規程があるからです。

特典内容

【ポイント進呈時期】
ポイントは誕生月に付与させていただきます。ただし、次の(1)(2)いずれかの場合、初回のポイント進呈についてはお申込み日の翌月の付与となります。

(1) プログラムへのお申込み時点で、お子さまが1歳未満
1歳未満の場合は、誕生月の前月までのお申込みが必要です。
(2) お誕生月のお申込み

つまり,0歳児の場合は誕生月ではなく,本当の意味での「産まれた日」の分も,登録翌月にポイント付与すると解釈できます。つまり,0歳児のみ,1年で2回ポイントがもらえる(登録翌月1日と誕生月翌月1日)わけです。お得ですね!

さて,最後にちょっとケータイ乞食っぽくなってはしまいますが,先にも述べたように,「ドコモ 子育て応援プログラム」は,儲かりすぎているドコモの社会還元施策なので,お子さまのケータイの使用可能性の有無に関わらず,ありがたくもらっておきましょう。

 

誕生日月に付与されるdポイントは利用期間6か月(期間・用途限定)

さて,ドコモユーザーであれば登録さえすれば,お子さま一人につき年1回,誕生日月の翌月1日に3,000dポイントがもらえるわけですが,このdポイントは残念ながら利用期間6か月のdポイント(期間・用途限定)となります。

さて,この期間限定・用途限定dポイントは,結局,何に使えて何に使えないのか?というのが気になるところかと思います。これもざっくりいきます。

期間限定・用途限定dポイントで使えるのは…

  • 街のお店で使う(ローソン,マクドナルドなど)
  • dマーケットの料金に充当する(dデリバリーがオススメ!)
  • dケータイ払いプラス(ネットショップ等での買い物)に使う
  • ギフトコ(少額ギフト券プレゼントサービス)で使う
  • ドコモ商品に使う(ドコモオンラインショップでスマホ本体や付属品の購入)

期間限定・用途限定dポイントが使えないのは…

  • ケータイ料金の支払い(パケット代・通信料・基本料など)
  • データ量の追加(1,080円/1GB)
  • PontaポイントやJALマイレージなどのポイント(マイル)移行

まあ,ざっとこんな感じです。ローソンやマクドナルドで使うのが一番手っ取り早いですかね。お子さまがいるからもらえたポイントですし,お子さま連れてマクドナルドはいかがですか?

陸マイラーとしては,1/2になっちゃうとはいえ,JALマイルに移行できないのは大変残念ですね。

 

実際に登録に行ってきました!

というわけで,私も実際にドコモショップに行って登録をしてきました。ドコモショップに訪れる際には,必ず来店予約をされることをお勧めします。私も予約してから訪れました。

お姉さん:いらっしゃいませ!どのようなご用件ですか?

もにもにた:「子育て応援プログラム」の登録をお願いしたいんですけども…。

お姉さん:あ!はい。お子さまのご年齢がわかる証明書はお持ちですか?

もにもにた:はい。健康保険証をもって来ました。

お姉さん:はい,お預かりします。お二人で,被保険者はもにもにたさまですね。これで結構です(奥さん名義の回線の場合は,本人が来るか委任状が必要ですし,子どもの書類も被保険者じゃないので別書類が必要かもしれません)。

もにもにた:では,お願いします。

お姉さん:はい。では,ここに紐付けたい回線番号を二つお書きください(子どもが二人なので)。

もにもにた:では,これとこれでお願いします(あとで登録のし直しも可能だと思いますが,できるだけ長期保有予定回線が望ましいでしょう)。

お姉さん:了解しました。では,ただいまから一回線ずつ登録いたしますのでしばらくお待ちください。

(カチカチ)

お姉さん:一回線目ですが,この内容でよろしいでしょうか?(タブを提示)

もにもにた:はい,結構です。

お姉さん:では,登録いたしますねー。

(二回線目も同じ)

お姉さん:では,これで登録は以上になります。何かご質問はございますか?

もにもにた:いえ,ないです。

お姉さん:ありがとうございました~。

 こんな感じのやりとりでした。このやりとりでハッキリとわかったことは,

  • 保護者(大人)一人につき,子どもは何人でも登録可能
  • ただし,もちろん子どもの証明書人数分のみ登録可能
  • 保護者(大人)保有の回線であれば,どの回線に紐付けるかは選べる
  • 紐付けの変更なども可能
  • 紐付け元となる保護者(大人)が本人ではなく,配偶者である場合は本人が来る委任状が必要 

といったことです。

 

誕生月分のポイントが付与されました

誕生日の 翌月1日に子育て応援プログラムのポイントが付与されます。2016年11月に登録した11月が誕生日の子どもの分を確認してみました。

f:id:monimonita333:20161201074735p:plain

上記の通り,期間・用途限定ではありますが,3,000dポイントが付与されました。ありがたいですね。

ただ,ちょっと気になったのが,上記の「ご利用明細詳細」にある名称が「ドコモ子育て応援プログラム 11月登録ポイント」となっていることです。毎年,付与するなら「登録ポイント」という名称はおかしいので?と感じました。

そこで,ドコモに電話で問い合わせてみましたが,「名称のことはよくわからない」というあやふやな返答でした。ちょっとスッキリしません。おそらくは二年目以降は「誕生月ポイント」のような名称になると推測しています。

f:id:monimonita333:20161201075023p:plain

2016年12月1日に付与された子育て応援プログラムの期間・用途限定dポイントは,2017年5月31日に失効するとのことです。ちょうど半年ですね。ご参考まで。

 

2017年1月10日に「ドコモ子育て応援 ウェルカムキャンペーン」を追加

ドコモの子育て世代支援が止まりません。従来の「ドコモ子育て応援プログラム」に加えて(「換えて」ではありません),2017年1月10日から「ドコモ子育て応援 ウェルカムキャンペーン」を始めました。

f:id:monimonita333:20170122000254p:plain

キャンペーン : ドコモ 子育て応援プログラム ウェルカムキャンペーン | NTTドコモ

期間とポイント付与対象は以下の通りです。

期間

2017年1月10日(火曜)~2017年3月31日(金曜)

ポイント付与対象

2017年3月31日(金曜)時点で「ドコモ 子育て応援プログラム」にお申込み済みの回線

2017年1月9日(月曜)以前から適用中の場合も対象です。
本キャンペーンへのエントリーは不要です。
以下の場合は、ポイント付与対象外となります。
ポイント進呈の時点(2017年5月上旬)でドコモの回線契約を解約されている場合またはdポイントクラブ会員ではない場合

これは追加キャンペーンとしては破格の内容です。登録不要の自動適用なので,「ドコモ子育て応援プログラム」に登録していれば,知らない間に,dポイント(期間・用途限定)が3,000ポイント振り込まれます。

重要な点は,誕生日月に3,000ポイントがもらえる「ドコモ子育て応援プログラム」とは独立に,ドコモが勝手に3,000ポイントを配るキャンペーンだということです。誕生日月の3,000ポイントと併せれば,年に6,000ポイントです。

格安維持回線なら,「このキャンペーンのために,ドコモ回線を一つぐらい契約しても得かな」と思わせるレベルの大盤振る舞いです。ドコモ回線を持っていらっしゃる方で小学生以下のお子さまがいらっしゃる方は,間違いなく登録すべきですし,ドコモユーザーじゃなくても,小学生以下のお子さまがいらっしゃる方は検討の余地があるキャンペーンです。

ウェルカムキャンペーン分のポイントが付与されました

f:id:monimonita333:20170501080816p:plain

 2017年5月1日に,ドコモ子育て応援プログラムウェルカムキャンペーン分のキャンペーンポイントが付与されました。複数のお子様がいらっしゃれば,複数の回線に付与がされているはずです。

有効期限は2017年10月31日までで,有効期間は6ヶ月と長めですが,気づいていないままに失効する可能性もありますので,早めに使い道を考えましょう。6ヶ月あるなら,ローソンとマクドナルドで消化可能ですね。dポイントで決済しましょう。

 

まとめ

今回はケータイ関連ですが,「ケータイ料金節約術」でも「ケータイ乞食」でもありません。ドコモがようやっと,「儲かっとるし,既存ユーザーにも還元使用かのぉ」という動機でおこなう社会還元施策なので,ケータイとか陸マイラーとか関係なく,一人でも多くのドコモユーザーの方に目にとめていただき利用していただきたい施策です。お子さま一人につき,年1回,3,000dポイントもらっておきましょう!

こうした施策は,知った人だけが得をする施策です。もちろん,ドコモもいろんなチャンネルで宣伝はしているつもりだと思いますが,一人でも私のブログから「得した!」という人が産まれてくれるといいなという思いがあります。ぜひ,情報を活かしてください! 

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材