ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

Fire7タブレット(Newモデル)8GBが4,000円OFFで4,980円!旧モデルと比較してみた

【目次】

AmazonでFire 7が4,000円OFFで4,980円

2017年5月17日に,Amazonは新型タブレット「Fire7」を発表し,2017年6月7日に発売しました。従来の7型Fireタブレットのマイナーチェンジ版となります。

この2017年版の新型Fire 7タブレットが,プライム会員限定で4,000円OFFになっています。8GBは定価が8,980円と安いので,タブレットが4,980円で買えます

f:id:monimonita333:20170518003803p:plain

プライム会員ならクーポンコードでFireタブレットが4,000円OFF!
前世代より、軽く、薄くなった7インチの「Fire 7」 (Newモデル)、8インチ高性能HDタブレットの「Fire HD 8」 (Newモデル)、そして大迫力の10インチタブレットの「Fire HD 10」 (Newモデル)が下記クーポンで4,000円OFF!

「Fire 7」用クーポン:「PRIMEFIRE7」で4,000円OFF

「Fire HD 8」用クーポン:「PRIMEFIREHD8 」で4,000円OFF

「Fire HD 10」用クーポン:「PRIMEFIRE10 」で4,000円OFF

対象者:Amazonプライム有料会員(無料体験期間中のお客様は対象外。有料会員期間へ移行後、又は新規で有料会員に登録後キャンペーンの対象になります)

下記でFire 7(Newモデル)とFire HD 8(Newモデル)の比較もしています。この二つで迷われている方は,こちらの記事もよろしければご一読ください。

というわけで,プライム会員ならクーポンコード利用で,8GBが4,980円,16GBでも6,980円です。Fire7タブレット(Newモデル)のリンクは下記からどうぞ。 

今回は,Amazon Studentとプライム家族会員の方は対象外です。

Amazon Student会員、プライム家族会員のお客様は対象外です

ついでに,8インチのFire HD8タブレット(Newモデル)も5,700円OFFの対象です。詳しくは下記をどうぞ。

 

Amazonプライムは無料で試せる!

Amazonプライムは無料で試せます。ただし,4,000円OFFは無料期間中は適用されないので残念ですが,よろしければ登録してみてください。プライムビデオなど楽しめます。

 

Fireタブレット7の新旧スペック比較

  Fireタブレット(old)8GB/16GB Fireタブレット7(New)8GB/16GB
価格 ¥8,980/¥10,980
¥8,980/¥10,980
→クーポンで¥4,980/¥6,980
ディスプレイサイズ 7インチ 7インチ
解像度 1024 x 600 (171 ppi) 1024 x 600 (171 ppi)
カラー ブラック ブラック
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz クアッドコア1.3GHz
コンテンツ 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど
オーディオ モノラルスピーカー,マイク モノラルスピーカー,マイク
ストレージ 8/16GB 8/16GB
microSDカードスロット あり(200GBまで対応) あり(256GBまで対応)
フロントカメラ フロントカメラ フロントカメラ
リアカメラ +2メガピクセルリアカメラ +2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi シングルバンド デュアルバンド a/b/g/n
バッテリー 7時間 8時間
サイズ 191 x 115 x 10.6mm 192 x 115 x 9.6mm
重量 313g 295g

Newモデルで性能向上した部分を強調して比較してみました。宣伝文句通り,軽く薄くなり,Wi-Fiもデュアルバンド対応,SD256GB対応に,バッテリー強化と価格据え置きでいいことずくめです。これは買っちゃいますね!

さらに言うならば,プロセッサが「最大1.3GHz」という表現から「1.3GHz」に変わった点もあります。CPUは明らかになってませんが,ここも改良された可能性があります。サクサク感がアップすればいいですが。

決して高性能な仕様とは言えませんが,なにしろ安価で手に入ることを思うと十分でしょう。お子さま用に,Kidle漫画用になど,気楽に使うことが出来ます。興味を持たれた方は,下記Fireタブレット7(New)をどうぞ! 

 

Fire OSとは何か?Androidとの違いは?

Fireタブレットの購入を検討するに当たって,もう一つ気になるのが,Fire OSとは何か?ということでしょう。Fire OSとは,AndroidをベースにAmazonが独自開発したOSです。特長は下記の通りです。

Googleアカウントではなく,Amazonアカウントでログインする

Androidであれば,Googleアカウントでログインして初期設定を始めますが,Fire HD 8など,Fire OSではAmazonアカウントでログインして初期設定を始めます。Fire HD 8の購入を検討される方なら,Aazonアカウントを持っている人が多いでしょうから,これはそれほど問題では無いと思います。

ちなみに,Amazon公式ストアからFire OS端末を購入すると,最初からAmzoanアカウントが初期設定された状態で送られてきます。

Google Playが使えないので,Kindleストアを使ってアプリをダウンロードする

Androidであれば,アプリはGoogle Playからダウンロードしますが,Fire OSではKindleストアからダウンロードすることになります。Kindleストアの使い勝手が悪いわけではないのですが,ダウンロードできるアプリの種類はかなり少なくなります。例えばですが,TwitterやFacebookはありますが,Lineはありません。下記から確認してみてください。

Amazon.co.jp | Androidアプリストア, Fire対応アプリ

上にも書いてますが,白猫プロジェクトやゲームオブウォー,パズドラ,チェンクロなどゲームは割とあるようです。「どうしてもこのアプリは使いたい!」というものがあれば,購入前に確認しておくといいと思います。

Fire OSにどうしてもAndroidアプリを入れたい!という方は,APKファイルをインストールするという抜け道もありますが,「APKファイルってなに?」というような方にはオススメいたしません。下記の記事もご参照ください。

Fire OSはあくまで用途限定の限られたタブレットとして普通に使うのがよいと思います。あ,家で使う人が多いと思いますので,あまり重要では無いと思いますが,GPSも搭載されていませんので,地図アプリもポケモンGO!も使えません。

Fire OSのオススメの使い方

やはりFireタブレットの使い道としては,Amazonプライム会員になって,KndleオーナーズライブラリKindle Unlimitedで本を読む,Amazonプライムビデオで動画を見まくる,AmazonのPrime Musicで音楽を楽しむといったように,Amazon謹製サービスを楽しむのがオススメです。

Amazonの思うツボな気もするのですが,やはりこれが一番いい使い方です。雑に扱っても気にならない価格帯が魅力です。

 

Fireタブレットを実際に使ってみた!(下記レビューはoldモデルです)

f:id:monimonita333:20170209104910j:plain

4千円台で買えるFireタブレットを実際に使ってみました。パッケージは箱ではなく,紙のパッケージです。高級感は全くないですが,4千円台のタブレットに高級感を求めても仕方ないので,これでよいかと。

 Fireタブレットの内容物

f:id:monimonita333:20170209105102j:plain

内容品はこれだけです。シンプルですね。本体はタブレットという割には小さめの印象です。充電器もコンパクトです。

f:id:monimonita333:20170209105159j:plain

iPhone6Sと並べてみました。思ったよりもFireタブレットが大きくないのがわかるでしょうか。ベゼル(本体の端から画面までの幅)も大きいですし,本体サイズの割には画面サイズも小さいです。7インチですしね。iPhone6Sは4.7インチです。

Fireタブレットの背面はマット加工

f:id:monimonita333:20170209112549j:plain

Fireタブレットの背面はマット加工で,すべりにくく持ちやすい仕様になっています。

言葉は必要ないと言わんばかりの説明書

f:id:monimonita333:20170209105318j:plain

これぞグローバル対応。言葉が書いていない説明書です。絵だけ見れば万人にわかるシンプルさです。

f:id:monimonita333:20170209105443j:plain

こちらは左側に多少の説明がありますが,右側はやはり絵だけですべてを解説しています。世界に通じます。

Fireタブレットの初期画面:日本語が選べます

f:id:monimonita333:20170209105527j:plain

起動してみました。シンプルな「Fire」ロゴが表示されたあと…

f:id:monimonita333:20170209105614j:plain

「Welcme to Fire」画面になりました。初期設定は英語のようですが,この画面で日本語が選択できます。

f:id:monimonita333:20170209105659j:plain

日本語を選択すると,「ようこそ」になりました。「続行」を惜します。

Amazonでの購入者情報があらかじめ設定されています

f:id:monimonita333:20170209105955j:plain

すると,いきなり「あなたは○○○○さんですか?」と本名を聞かれます。結構,びっくりしますね。Kindleなどもそうですが,FireタブレットはAmazonで購入した情報があらかじめ登録されています

もちろん,ここで「いいえ」を選択すれば,別のAmazonアカウントを設定したり,新規Amazonアカウントで使用することもできますが,FireタブレットにはAmazon購入者情報が登録済みであることは覚えておいた方が良いでしょう。

無線LANの設定

FireはWi-Fiに接続して,オンラインで使うことを前提にした端末なので,言語設定が終わると,まず,無線LANの設定画面になります。

f:id:monimonita333:20170209105802j:plain

愛機Xperia X compactからテザリングで接続してみます。

Fireタブレットのオプション選択

f:id:monimonita333:20170209105840j:plain

無線LAN接続設定が終わると4つのオプションの可否を選択し…

ソーシャルネットワーク(SNS)設定

f:id:monimonita333:20170209105917j:plain

ソーシャルネットワーク(SNS)設定に進みます。FacebookとTwitterですね。私はTwitterだけ登録してみました。設定はあとでもできるので,さっさと先に進んでも問題ないでしょう。

Fireタブレットの初期トップページ

f:id:monimonita333:20170209110935j:plain

これで初期設定が完了して,トップページが表示されました。Amazon純正のアプリは入っていますが,それほどゴチャゴチャはしていません。シンプルです。

Kindleの「本ライブラリ」を使ってみる

すでにAmazonアカウントとは紐付けられていますので,自分のKindleライブラリがFireタブレットで閲覧できる状態になっています。

f:id:monimonita333:20170209111114j:plain

こんな感じですね。表紙は表示されているものの,書籍データがダウンロードされているわけではありませんので,読み始める際にはWi-Fiでダウンロードする必要があります。

一度,Wi-Fiでダウンロードしていれば,オフラインの状態でも本を読むことが可能です。これはうれしいですね。

f:id:monimonita333:20170209111527j:plain

活字だとKindleの方が目が疲れなくていいかなと思うのですが,マンガの場合はFireタブレットの方が見やすいです。カラーページもカラーで楽しめますしね。三千円台ならお子さん用でも気兼ねなく使わせられます。

Amazonプライムビデオを使ってみる

f:id:monimonita333:20170209111649j:plain

Amazonプライム会員であれば,相当な数の動画が楽します。本と同じく,ダウンロードしておけば,オフラインでも楽しめますしね。

話題になったHITOSHI MATSUMOTOのドキュメンタルを見てみます。

f:id:monimonita333:20170209112042j:plain

うん,スマホからのテザリングでも,コマ落ちすることなくスムーズに見ることができます。Fireタブレットの能力的にも,この程度なら問題ないようです。

f:id:monimonita333:20170209112142j:plain

ゲームもあります

f:id:monimonita333:20170209112226j:plain

iOSやAndroidのすべてのゲームができるわけではないですが,十分にできるゲーム多くあります。画面が大きいとやりやすいですしね。

 

まとめ

Fireタブレットに過剰な期待をしてはいけません。なにせ,4千円台ですから。しかし,4千円台のおもちゃとしては非常に使えるなという印象です。家で気軽にゴロゴロしながら,漫画を読んだり,動画を見たりする目的なら,スマホの小さな画面よりもよっぽど快適です。

下記のクーポンコード入力で,プライム会員なら上記の通り,そのまま8GBが4,980円,16GBでも6,980円です。

プライム会員ならクーポンコードでFireタブレットが4,000円OFF!
前世代より、軽く、薄くなった7インチの「Fire 7」 (Newモデル)、8インチ高性能HDタブレットの「Fire HD 8」 (Newモデル)、そして大迫力の10インチタブレットの「Fire HD 10」 (Newモデル)が下記クーポンで4,000円OFF!

「Fire 7」用クーポン:「PRIMEFIRE7」で4,000円OFF

「Fire HD 8」用クーポン:「PRIMEFIREHD8 」で4,000円OFF

「Fire HD 10」用クーポン:「PRIMEFIRE10 」で4,000円OFF

対象者:Amazonプライム有料会員(無料体験期間中のお客様は対象外。有料会員期間へ移行後、又は新規で有料会員に登録後キャンペーンの対象になります)

Fireタブレット7(New)は下記からどうぞ。

Fire HD 8タブレットや,Fire TV Stickもオススメです。

下記でFire 7(Newモデル)とFire HD 8(Newモデル)の比較もしています。この二つで迷われている方は,こちらの記事もよろしければご一読ください。

画面が大きい最新版のFire HD 10もどうぞ。

スポンサーリンク