ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

auのGRATINA 4Gを一括0円+35,000円CBで2台MNPしてきた話:楽天モバイルのMNP弾からの収支

【目次】

今回も関西地方のケーズデンキでしばりの少ない案件です

さて,定点観測シリーズになりつつあるauでのケータイ乞食体験記です。2016年3月は下記の記事で,auのiPhone6をMNPで3台を契約した話を書きました。

2016年9月は下記の記事で,同じくauのiPhone6をMNPで3台契約した話を書きました。

2017年12月は,auのiPhone6Sの64GBを2台です。

2017年3月はiPhone6sの16GBを3台でした。

2016年3月と2016年9月がiPhone6,2016年12月と2017年3月がiPhone6Sですね。今回はiPhone6Sは絶滅しており,GRATINA 4Gになりました。初のガラホです。前回,「2017年6月には,auさんはiPhone7を投げ売りしてくれているのでしょうか…」と書きましたが,2017年7月時点ではまだですね。そろそろ出そうですが…。

さて,なぜauばかりなのかといいますと,私にはドコモもソフトバンクもいわゆる特価BL(契約はできるけども,各種割引が適用されない制限)がかかっているのです。ドコモは機種変更ならできるんですけどね。

前回もそうだったのですが,今回も関西のケーズデンキです。普通は東京の方が条件が良いことが多いので,東京に行ったついでに契約することが多いのです。ただ,今回も関西で適当な案件に落ち着きました。総務省規制以来,Twitterでの特価情報も禁止され,短時間の東京滞在時間に契約が難しくなったということも大きいです。地方ケータイ乞食には厳しい時代です。

ゼロからのMNP指南

そして今回も,楽天モバイルでスマホとSIMセットを購入してのMNPとなりました。つまり,ゼロからのMNPです。今回も,完全にゼロから解約までを1セットで計算したいと思います。

何も手元にないところから2回線契約・維持・解約したら,どのような収支になるのかをさらしたいと思います。自己回線を一切使わず,ゼロからのケータイ乞食活動は,一般の方々にも可能なモデルとして参考になるのではないかと思います。

 

支出を計算:転出元は楽天モバイル2台です

支出は大きく分けて2通りあります。支出1がMNP弾の補充,支出2がGRATINA 4Gの維持費や解除料です。

支出1:楽天モバイルでMate 9を2台購入した経費

まず,転出元のMNP弾の計算から始めたいと思います。下記の記事で取り上げた楽天スーパーSALEで,2017年6月17日にタイムセールのHUAWEI Mate 9を2台購入しました。

今回はMNP弾として使うので,通話SIMを選択することになります。Mate 9は税込み34,664円でした。楽天スーパーSALEは事務手数料込みなので,MNP弾としては断然におトクです。

  Mate 9 Mate 9
端末代金 ¥34,664 ¥34,664
事務手数料 ¥0 ¥0
ベーシックプラン×1ヶ月 ¥1,350 ¥1,350
MNP手数料 ¥3,240 ¥3,240
契約解除料 ¥10,584 ¥10,584
支出計1 ¥49,838 ¥49,838

楽天スーパーセール以外での楽天モバイルでのMNP弾補給は,事務手数料(3,665円)がかかるので,あまりおトクではありません。1円キャンペーンのイオンモバイルの方をオススメします。

さて,楽天モバイルは,毎月15日までに解約をしないと,当月末ではなく翌月末の解約になるという仕組みです。ということは,6月17日契約だと,7月15日までのMNPなら7月分のベーシックプラン1,350円で済みます。ちなみに,初月は基本料無料ですが,当月即解約は契約月分のベーシックプラン分は満額請求されますので,6月中にMNPしてもやはりベーシックプラン1,350円はかかります。

支出2:GRATINA 4Gの維持費や解除料

さて,次にGRATINA 4Gの維持費や解除料などの計算に移りたいと思います。

  GRATINA 4G GRATINA 4G
契約解除料 ¥0 ¥0
契約事務手数料 ¥3,240 ¥3,240
1ヶ月目スーパーカケホ(ケータイ) ¥748 ¥748
1ヶ月目LTEネット(日割り) ¥23 ¥23
1ヶ月目ダブル定額Z ¥0 ¥0
2~4ヶ月目スーパーカケホ(ケータイ) ¥3,888 ¥3,888
2~4ヶ月目毎月割 ¥-972 ¥-972
契約解除料 ¥10,260 ¥10,260
クーポン ¥225 ¥225
下取り端末 ¥1,000 ¥1,000
支出計2 ¥18,412 ¥18,412

さて,上記の表の計算内容についてです。

スーパーカケホ(ケータイ)+ダブル定額Z

f:id:monimonita333:20170716114243p:plain

まず,プランはガラホなので,スーパーカケホ(ケータイ)+ダブル定額Zです。契約時のパケ漏れがコワイですが,多少は仕方ありません。LTEネットは,契約翌日に解除OKとのことです。

au下取りプログラム

次に,下取り端末ですが,いつ買ったのかまったく覚えていないボロいドコモのガラケーを2台出しました。しかも,そのうち1台は子どもが昔使っていて,無限再起動病にかかったガラケーです(電源は入りました)。それでもOKでした。

下取りに出したガラケーの写真を撮るのを忘れていたのですが,かなりボロいです。仕入れ値は不明ですが,高めに各1,000円としておきます。

f:id:monimonita333:20170317222003p:plain

それでも,上記の下取り価格で取ってもらえました。本体価格からの還元と,利用料金からの割引が選べるのですが,2年維持するつもりはないので,当然ながら還元を選びます。今回も前回同様に消費税分は減額されましたが,商品券を8,000円/台上乗せしてくれることになりました。

その他の条件

今回の条件も前回同様とても軽いです。キャッシュバックは商品券郵送で3ヶ月後という条件ですが,その他の制限はありません。ガラホなのでオプションも,auスマートパスだけです。30日間無料なので,無料期間中にはずせば費用は発生しません。

2ヶ月目以降の維持費

というわけで,7月9日契約なので,7月残りの23日間の日割り分を計算すると,支出は上記の通りとなります。翌月からは,スーパーカケホ(ケータイ)の1,296円(税込み)から,毎月割324円(税込み)を引いて,972円(税込み)/月で,一般的にBL基準と言われる4ヶ月目まで最低でも維持することになります。

au WALLETへのキャッシュバッククーポン

最後にクーポンです。

f:id:monimonita333:20170716115432p:plain

メルカリで2枚450円で仕入れました。

f:id:monimonita333:20170716120905p:plain

クーポンをご利用のお客さまへ | au

上記の通り,1枚225円で仕入れて,5,000円がau WALLETにキャッシュバックされます。2台で10,000円です。これはおトクです。auでGRATINA 4GにMNPするときは,絶対にメルカリでクーポンを仕入れましょう。

シダックス×auクーポンならコスト0円?!

ただ,このauクーポンについて,ケータイ事情に詳しい@ikomahatensiさまに「シダックスのクーポンならコスト0円では」というご助言をいただきました。

最大10,000円キャッシュバック(チャージ)!得するau割引クーポンをプレゼント|シダックス

確かにこのシダックスのクーポンは,先に挙げたauのクーポンと同様の模様です。このシダックスのクーポンなら,メールアドレスの登録だけでクーポンGETできそうです。

f:id:monimonita333:20170716214254p:plain

ただ,このクーポン1枚で複数台に適用可能かどうかはわかりませんでした。しかし,メールアドレスは複数お持ちの方は多いと思いますので,それほど大きな問題ではないですね。

※ブラウザの設定項目(ページ設定など)で「背景画像を表示する」を選択の上A4サイズにて印刷ください。また、印刷プレビューなどで出力サイズをご調整いただき、必ずクーポン券面すべてを印刷願います。

電子クーポンの割にはアナログで,印刷して持参する必要があるそうです。お気をつけください。 

 

収入を計算:キャッシュバックは商品券郵送で3ヶ月後

f:id:monimonita333:20170716120947j:plain

今回,購入したGRATINA 4Gです。黒と白です。

今回のキャッシュバックは,35,000円/台で,下取り8,000円/台を上乗せして,2台で計86,000円分の商品券が3ヶ月後に郵送されてくる予定です。もちろん,GRATINA 4Gは2台とも一括0円です。あと,2017年7月16日時点の携帯買取専門店(通称:コリアン)さんの買取価格を参考に,端末価値を2,500円で計算します。

f:id:monimonita333:20170716121239p:plain

ただ,あくまで端末価値の推定をしているだけで,端末の売却を推奨しているわけではありません。

f:id:monimonita333:20170716121318p:plain

同じく,HUAWEI Mate 9は36,000円です。

それでは,収入の計算をしてみましょう。商品券でのキャッシュバックは,35,000円/台に,2017年7月現在のau下取りプログラムの下取り分8,000円/台の上乗せで,43,000円/台となります。さらに,クーポンで5,000円/台上乗せです。

  GRATINA 4G GRATINA 4G
商品券 ¥35,000 ¥35,000
端末価値 ¥2,500 ¥2,500
下取り ¥8,000 ¥8,000
楽天モバイル端末価値 ¥36,000 ¥36,000
クーポンCB ¥5,000 ¥5,000
収入計 ¥86,500 ¥86,500

 

収支を計算:ゼロからMNP弾を作った場合の結果

いままでは,大量のケータイ回線の処分という側面もあり,唯一契約できるauにMNPしては,auで純解約を繰り返してきました。その結果,動かせる回線がなくなってきたので,今回は楽天モバイルスーパーSALEもあったので,ゼロからMNP弾を作ってやってみました。

  楽天モバイルMate 9→
GRATINA 4G
楽天モバイルMate 9→
GRATINA 4G
支出計1 ¥-49,838 ¥-49,838 ¥-99,676
支出計2 ¥-18,412 ¥-18,412 ¥-36,824
収入計 ¥86,500 ¥86,500 ¥173,000
最終収支 ¥18,250 ¥18,250 ¥36,500

それで正直,この結果は…なんとも言いがたいですねえ。昔は1台あたり5万円のプラスが普通だったのですが…。改めてケータイ乞食がオワコンであることを実感しています。これならポイント活動を頑張った方が効率がいいです。

月3万円の小遣い稼ぎ or 月23,000ANAマイルの貯め方!副収入・副業としての「ポイント活動」!そして陸マイラーへ!

もちろん,なんとかプラスにはなっています。首都圏ならもっと良い案件もあるでしょうが。まあ,地方では限界はあります。

 

まとめ

いろいろ勉強してこの分野に新規参入しても,もはや先がないのは明白ですが,ケータイ乞食=ケータイ料金の仕組みを知ることなので,その意味ではケータイ料金節約術につながる可能性はあります。

f:id:monimonita333:20170716123640j:plain

ただ,ケータイ乞食は明らかにアヤシイことをしているわけで,それでこの結果なら,本当にやるべきかどうかは非常に疑問です。本記事の計算にしたって,端末価値も下がることはあっても,上がることは滅多にないですから,その点も不安定ですしね。

もちろん,アヤシイことをしてるといっても,特に不正をしているわけではなく,現行のルールで最大限お得になる方法を組み合わせているだけなんですが,アヤシイと周囲に思われる行動をしてこの結果というのは,リスクに見合ったリターンがない気がします。

労力もかなりかかってますし,楽天モバイルからもブラックリストに入れられるかもしれません。そうなると,ポイント活動の方がいいかな…と思います。もちろん,ポイント活動や陸マイラー活動も,周囲から「なんかアヤシイ」と思われるのは変わりませんが(笑)。

月3万円の小遣い稼ぎ or 月23,000ANAマイルの貯め方!副収入・副業としての「ポイント活動」!そして陸マイラーへ!

個人的には,ケータイ乞食活動も20,000円/台を超えていれば,まだやる価値あると思うのですが,今回はいよいよそれすら割ってしまいました。今後は続けるかどうか悩みどころです。

ともあれ,本記事はあくまで私の体験談です。本ブログの読者さまが,本記事をどのように理解して活用するかは,それぞれの価値観であるかと思います。少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク