読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

iPhone6Sや6の急激な買取価格の暴落について:au下取りやヤフオクなど

ケータイ乞食

f:id:monimonita333:20161004203815p:plain

2016年10月4日現在,見事な暴落っぷりを見せております

「リーマンのMNP情報」さんで,ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア版のiPhone6Sや6などの買取価格が暴落しているという記事を数日前に読みました。

それから数日経ったので,改めて携帯買取専門店さん(通称:コリアン)の買取価格をチェックしてみると,さらに下がっていてビックリしました。9月23日と29日の買取価格は,上記の「リーマンのMNP情報」さんの記事から引用しています。 おそらくモバイルヘッドさんの買取価格ですね。モバイルヘッドさんの最新記事は9月25日以降,買取価格を更新していないので,10月4日は携帯買取商店(コリアン)さんの買取価格です。

 9月23日9月29日10月4日
iPhone6S 16GB ¥37,000 ¥32,000 ¥30,000
iPhone6 16GB ¥32,000 ¥27,000 ¥25,000

たしかに新型のiPhone7が出たので,旧iPhoneの買取価格が下がるというのは例年通りの話ではあるのですが,それにしても急激すぎます。10日ほどで7,000円もの値下がりは何か事情があるとしか思えません。ただ,ドコモ版6Sだけは,44,000円と高価買い取りです。これもなぜ?ですね。国内なら格安SIM(ドコモ系)の需要があるのはわかりますが,中華系買取店でなぜ?

 

急激な買取価格の暴落の原因は?

「リーマンのMNP情報」さんでは,下記のモバイルヘッドさんのTweetを引いて,「正規じゃないSIMロック解除ができなくなっている」から買取価格が下がるという説明をされています。

確かにSIMロック解除ができないのであれば,日本のキャリア版iPhoneを買い取っても役に立たないわけで納得できる部分もあります。引用はしませんが,Appleの調査が入って某掲示板でも正規ではない方法でSIMロック解除したiPhoneが再ロックされているらしという話も出ています。

ただ,この論理が正しいのであれば,各中華買取店は必死で公式SIMフリー版を高値で買い集めてくれて暴騰しそうなものですが,そうでもないようです。つまり原因はやはりよくわからないというのが正直なところです。

 

現在,iPhone6や6Sの在庫を抱えている場合は…

現時点で,iPhone6や6Sの未使用品をたくさん抱えている場合は,ちょっと手の打ちようがありません。ただ,ドコモ版6Sだけは,44,000円と高価買い取りです。ドコモ版6Sはどうしましょう? 今後の下落を見込んで手放しますか?

それはそうとして,auやソフトバンクのiPhone6S 16GB未使用品の買取がローズゴールドやゴールドだと27,000円というのは,端末の価値からすると安すぎです。SEはもっとヒドイですね。16GBだと16,000円です。5Sと変わりません。

したがって,原因はわかりませんがその事情が解消されれば再び上がるかもしれません。しかし,このままの可能性もあります。

 

auの下取りに出すというのはどうでしょうか?

ちょっと発想を変えて,キャリアの下取りに出すというアイディアもあるかもしれません。auだと6Sの16GBで32,400円,6の16GBで24,840円です。

ドコモ版の6Sは携帯買取専門で44,000円の値が付いてましたので及びませんが,softbankの6Sや6,ドコモの6では色によっては,携帯買取専門店に出すより高値になります。しかも,auの場合は2016年10月4日現在においては,画面割れでも買取価格がそのままになります。この点については下記の記事をご参照ください。

ということは,何らかの形で未使用品iPhoneを処分して,画面割れiPhoneを安くで入手できれば,その差額も儲かります。身の回りで「画面割れiPhone何とかしたいな~」と思っている人がいれば,「未使用品と1万円で交換してあげるよ」とかですかね。

 

ヤフオクで未使用品を処分する

身の回りで都合のいい人がいればいいでしょうが,そうは簡単にはいかないでしょう。そうなると,携帯買取専門店の買取価格がこれだけ暴落しているのであれば,ヤフオクやメルカリですかね。

例えばですが,2016年10月4日にオークファンで「iPhone6s 16GB 未使用品」&「最近30日間」&「plusを除外」で検索してみると,41,939円でした。だいぶマシですね。単に売却でもいいでしょうし,あくまで下取りを狙うなら,未使用品を高めで売り抜いて,画面割れ品を安くで仕入れればいいと思います。

f:id:monimonita333:20161004211826p:plain

ただ,今回は暴落が30日間どころか10日間で起きているため,10月に入ってからの分を見てみると,ぼちぼち3万円代も見当たりますね。ただ,ヤフオクでの履歴を見る限りでは,auやソフトバンク版に比べて,ドコモだけが高いということはありません。さて,これからヤフオクも下がっていくのでしょうか。ここで慌てて売るか,ホールドか…。

逆の発想で言えば,携帯買取専門店の暴落に絶望した層が,iPhone6Sの16GB未使用品を大量にヤフオクに放出したら,3万円前後で6Sの未使用品が入手できる状況になるかもしれません。そうなれば,反転を狙って逆に買ってみるという考え方もあるかもしれません。…株やFXの発想ですね。保証は全くできません。

 

ちなみにドコモの下取りはよくありません

ドコモだと店頭下取りでも,6Sの16GBで27,000円分,6の16GBで22,000円分のポイントです。郵送下取りだとさらに1,200円分安くなります。

これだと,そもそもの額面で携帯買取専門店に負けているだけでなく,ドコモはauと違って画面割れ品は大減額(6Sで8,100円,6で6,600円)なので,auのような策を練ることもできません。どうにもお手上げです。

 

まとめ

2015年の3月頃に,ドコモのXperia Z3(SO-01G)やZ3 compact(SO-02G)をキャッシュバック付きで投げ売りをしていたことがあり,そのときにこの2機種の買取価格は暴落しました。

しかし,後継機のXperia Z4(SO-03G)が搭載したSnapdragon 810のせいで発熱問題が勃発し,Z3やZ3 compactの人気が高まりました。その結果,2015年夏にかけて,たとえば3万円前後だったZ3 compactの買取価格が,4.5万ほどにまで回復したことがありました。

ただ,こうした復活劇と,今回のiPhone6Sや6を同じように考えるのは難しいと思われます。iPhone7に何か致命的な不具合でもあれば別ですが,そうでなければ中国側の何らかの事情が解消したとしても,回復は小幅にとどまる気がします(あくまで予想です)。

 

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材