ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ドコモの機種変更応援プログラムプラスにiPhone Xが追加!最大60,000ポイント還元!iPhone 8の64GBは最大40,000ポイント還元

【目次】

iPhone Xが「機種変更応援プログラムプラス」に追加されました

f:id:monimonita333:20171025223204p:plain

iPhone X 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

NTTドコモ(docomo)は,2017年11月2日に「機種変更応援プログラムプラス」の対象機種に「iPhone X」を追加しました。13ヶ月目の機種変更で最大60,000ポイントをが還元されます。

これは,従来からあった「機種変更応援プログラム」の拡充バージョンにあたります。

月額無料で「機種変更応援プログラムプラス」に加入すると,iPhone Xの場合は最大60,000ポイント,iPhone 8/iPhone 8 Plusの場合は最大40,000円分のポイントが還元されます(13ヶ月目以降の次回機種変時に)。

auやソフトバンクは未払い割賦金の減免ですが,ドコモはポイントでの還元である点が違いです。

本記事では,このiPhone Xの「機種変更応援プログラムプラス」がおトクになるのかどうか検証してみたいと思います。

 

最大60,000ポイント還元で実質36,768円は事実ですが…

f:id:monimonita333:20171025223942p:plain

報道発表資料 : (お知らせ)「機種変更応援プログラムプラス」の対象機種にiPhone Xを追加 | お知らせ | NTTドコモ

上記の図を見ていただくわかりますが,iPhone Xの64GBの機種代金125,064円は購入時に一括でも分割でも支払う必要があります。

「機種変更応援プログラムプラス」に加入していると,13ヶ月目に機種変更した場合,最大60,000円分のポイント還元がされます。これを,それまでに受けた月々サポート12ヶ月分と合わせて,機種代金125,064円から引くと,確かに実質36,768円になります。

しかしですね…

f:id:monimonita333:20170921231005p:plain

iPhone Xは取り上げられるのです!

ここが重要です。実質36,768円になっても,機種変更時に手元に何も残りません。なぜなら,「機種変更応援プログラム」の割引条件に「回収」があるからです。

割引条件

  • 12か月以上プログラムを継続の上で同一の対象機種をご利用いただき、13か月目以降に新たな機種に機種変更いただくこと。
  • 機種変更時に旧機種を正常な状態で回収させていただくこと。
  • 機種変更時に携帯電話代金の未払いがないこと。

そうなると,考えなければならないのが,機種代金125,064円を正常な状態(まずまず綺麗に)使った場合,13ヶ月後のiPhone Xの価値が60,000円より高いかどうかだということになります。

ご存じの方も多いと思いますが,iPhoneは中古になってもヤフオクやメルカリなどで高い価格で取引されます。その価値が60,000円よりも上か下かが判断の分かれ目です。機種代金125,064円のiPhone Xが60,000円以上の価値を残している可能性もあると思います。

うーん,この下取りシステムってどこかで見たような…あ!あれですね。「新車に半額で乗れる」という自動車の販売システムにそっくりです。

 

「機種変更応援プログラムプラス」のポイント還元額

f:id:monimonita333:20171025224459p:plain

というわけで,個人的にはあまりオススメできないという結論になるわけですが,一応,ポイント還元額を示しておきます。13ヶ月目に機種変更(ただし端末回収)すれば,最大60,000ポイントで,そのあとはもらえるポイントがだんだん下がっていきます。

端末回収が前提なので,「早めによこさないと価値が下がるだろ!」ということなのでしょう。

 

iPhone 8/iPhone 8 Plusも「機種変更応援プログラムプラス」の対象

f:id:monimonita333:20170921220100p:plain

iPhone 8 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

NTTドコモは2017年9月21日に,すでにiPhone 8/iPhone 8 Plusを「機種変更応援プログラムプラス」の対象機種としています。

実質20,264円は事実だが,iPhone 8/iPhone 8 Plusは取り上げられる

イメージ画像

報道発表資料 : (お知らせ)「機種変更応援プログラムプラス」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

上記の図を見ていただくわかりますが,iPhone 8の64GBの機種代金88,776円は購入時に一括でも分割でも支払う必要があります。

「機種変更応援プログラムプラス」に加入していると,13ヶ月目に機種変更した場合,最大40,000円分のポイント還元がされます。これを,それまでに受けた月々サポート12ヶ月分と合わせて,機種代金88,776円から引くと,確かに実質20,264円になります。

しかし,iPhone 8/iPhone 8 Plusは回収されます。なぜなら,「機種変更応援プログラム」の割引条件に「回収」があるからです。

 

「機種変更応援プログラムプラス」のポイント還元額

f:id:monimonita333:20171025224923p:plain

そういうわけで,やはり考えないといけないのは,機種代金88776円を正常な状態(まずまず綺麗に)使った場合,13ヶ月後のiPhone 8/iPhone 8 Plusの価値が40,000円より高いかどうかです。どうですかねぇ…。

 

「機種変更応援プログラム」と「機種変更応援プログラムプラス」の違い

  機種変更応援プログラムプラス 機種変更応援プログラム
対象機種

iPhone X

iPhone 8iPhone 8 Plus

iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone SE
XperiaなどのAndroidスマホ
※iPhone 8/iPhone 8 Plusは利用不可
月額 無料 300円(非課税)
前倒し料 不要 2,000円(非課税)
ポイント 最大40,000円分の還元 最大20,000円分の還元
月々サポート 機種変更で消滅 機種変更で消滅

「機種変更応援プログラム」と「機種変更応援プログラムプラス」の違いをまとめると上記の通りとなります。最大の違いは月額料金の有無でしょう。「機種変更応援プログラムプラス」は月額がかからないので,気軽に加入できます(そこが罠という話も…)。

もらえるポイントも違います。下記は「機種変更応援プログラム」の還元額です。カテゴリーA・B・Cの別は下記のリンクでご確認ください。いずれの場合も,特に13~18ヶ月目で「機種変更応援プログラムプラス」よりも少なめです。

f:id:monimonita333:20170921223938p:plain

機種変更応援プログラム | キャンペーン | NTTドコモ

あとの違いは「前倒し料」です。こちらも「機種変更応援プログラムプラス」では不要なのに対し,「機種変更応援プログラム」では13~18ヶ月目に機種変更する場合は,2,000円の「前倒し料」が必要になります。これも「機種変更応援プログラムプラス」を気軽に実施させる後押しになっています。

月々サポートが消滅してしまうのは,どちらも同じです。このように見てみると,実は「機種変更応援プログラム」は,「機種変更応援プログラムプラス」を実行させるためのドコモの仕込みではないかと感じるほどです。

 

まとめ

f:id:monimonita333:20170921225054p:plain

いや,ドコモもなかなかやりますね。とにかくおトクなように見せかけて,最新端末を買わせ,さらに取り上げる作戦というのは斬新です。とはいえ,この方式,auやソフトバンクも足並みを揃えてきましたので,またも三者談合の様相です。

せめて実質価格が0円やマイナスならわからなくもないのですが,13ヶ月間,フルに月額利用料を払わせ,2~4万円(iPhone Xの64GBの場合は36,768円)も払わせ,端末は取り上げる…と。しかも,端末が不調ならその分も引かれるんでしょうねえ。

下記,「機種変更応援プログラム」の「旧機種の回収条件」です(「機種変更応援プログラムプラス」にはまだ記載が見当たりません)。

旧機種の回収条件

  • 旧機種が正規店で購入されたものであり、その購入において不備・不正や携帯電話機購入代金の未払いがないこと。
  • 旧機種に故障、水濡れ、著しい外観破損、画面割れがないこと(店頭で確認をさせていただきますので、電池パックを装着した状態でお持ちください)。
  • 旧機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)。
  • 改造していないこと。
  • 申込者が旧機種の所有権を有していること。

この記事を読んで「機種変更応援プログラムプラスはおトク!」と考えるかどうかはあなた次第です。いかがでしょうか。お役に立てば幸いです。

iPhone | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

スポンサーリンク