ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

マイルがあれば子どもの夢を躊躇なく応援できると思った話:マイルの使い方再考

【目次】

「マイルは貯めるより使う方が難しい」という真理

f:id:monimonita333:20170716221146j:plain

陸マイラーを始めてからというものの,とにかくマイルが貯まるようになりました。ありがたいことです。

一方で,よく言われるフレーズに「マイルは貯めるより使う方が難しい」という言葉があります。これは真理。いくらマイルを貯めても有効に使えなければ意味がありません。

では,「マイルを有効に使う」とはどういうことか?たとえば,真っ先に思いつくのが国際線ファーストクラスなどを特典航空券で発券して,1マイル当たり10円以上の価値を得ることでしょう。

もちろん,それも有効な「マイルの使い方」です。しかし,子育て世代の方はよくわかると思いますが,そんなに簡単に休暇は取れませんし,まして自分ひとりで海外旅行なんてできません。

「それならば家族分までマイルを!」と思うところですが,家族4~6人となると,マイルは貯まっても,なかなかそれだけの特典航空券は取れないというジレンマがあります。

こんな悩みを抱えつつ,陸マイラーのみなさんはマイルを貯めているのではないでしょうか?この記事では,「マイル単価なんかに惑わされず,マイルで旅行できる自由を得た」と考えることの利点について紹介したいと思います。

 

子どもはチャレンジ!チャレンジ!チャレンジ!

f:id:monimonita333:20170716222305j:plain

子どもはいろいろなことにチャレンジするべきだと思います。そして,親はそれをサポートするべきだと思います。

しかし,サラリーマンである以上,子どもの夢をサポートするにしても,時間的・金銭的な制約があります。

時間的な制約に関しては,個人の仕事の事情もありますし,何とも言えない部分が多いです。しかし,金銭的な制約に関しては,マイルがあれば乗り越えられる可能性があると思います。

個人的な話で恐縮ですが,うちの二人の子どもは,全国あちこちで大会が開催される競技にハマっています。「お父さん,7月に東京の大会があるんだけど…出て良い?」と言われたときに,父としてどう返事をするかです。

これに即座に「もちろん,いいとも」と答えられるのは,財力に申し分ない親か,そうでなければ,マイルを貯めている親かなと思った次第です。

 

マイル単価はたいしたことはありません

f:id:monimonita333:20170716223145j:plain

正直,大阪ー東京のマイル単価なんてたいしたことありません。JALでもANAでも,マイル単価2~3円がいいところです。「マイルの使い方」としては,ファーストクラスやビジネスクラスで検証されている方々の足下にも及びません。

しかし,個人的にはこの子どもの訴えに即応して「いいよ!」と答えられるっていうのは,「良いマイルの使い方だなぁ」と思うのです。

マイルもお金もツールでしかありません。それをうまく活用してこそ,マイラーなのでは?と思う次第です。「マイルの使い方」の最適解は,マイル単価ではなく,人生にとってより有効なマイルの使い方だと思います。

その一つが,本記事のタイトルである

マイルがあれば子どもの夢を躊躇なく応援できる

かと思います。みなさんはいかがでしょうか?

 

親はみんな子どもの可能性を信じている

f:id:monimonita333:20170716225556j:plain

お金があろうがなかろうが,マイルがあろうがなかろうが,親はみな子どもの可能性を信じていると思います。それは真理です。

しかし,なかなか限界はありますよね。子どもの才能を伸ばしたくても,ついていかない時間とお金。

時間はどうしようもないにしても,お金はなんとかなる可能性があります。その一つがマイルです。

私は陸マイラー活動を始めて以来,子どもの活動費(特に国内の移動費)に関して大きく寛容になれました。ホテル代についても,Yahoo!や楽天のキャンペーンに乗ることで,かなりの負担軽減が可能です。

マイル活動,ポイント活動は確実にあなたの「子どもの夢を躊躇なく応援」することに貢献が可能です。

 

まとめ

あなたがマイルを貯める目的は何ですか?とりわけ,お子さんがいらっしゃる場合はどうでしょうか?

もちろん,豪華な家族旅行も家族のためにとても素晴らしい貢献だと思います。しかし,その一方で,可能性のかたまりである子どもの行動を金銭的理由で制限しないということが可能なのは,陸マイラーの極めて大きなメリットの一つではないでしょうか。

子どもの可能性を閉ざすことなく,しっかり応援していきたい!と強く思います。みなさまはいかがでしょうか?

マイル活動,ポイント活動を始めてみたい!という方は,ぜひ上記の記事をご一読ください!

スポンサーリンク