読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

げん玉でMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードが10,600円分還元!

【目次】

初年度年会費無料で10,600円分はなかなか

f:id:monimonita333:20170426172156j:plain

初年度年会費無料ながら,モバトクやちょびリッチで10,000円超えの還元が報告されているMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですが,げん玉で10,600円還元中です。

f:id:monimonita333:20170501082212p:plain

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード|げん玉

初年度年会費無料なら,10,000円を超えれば,発券しても良いレベルですが,その水準は超えています。条件を確認しておきましょう。

※カード発行後翌月末迄に合計5,000円以上のカードご利用にてポイント付与対象となります
※二回目以降の申込、虚偽・架空の申込、お申し込み日から45日以内にご入会されなかった場合は、ポイント付与対象外となります。

カード発行の翌月末までに,合計5,000円以上の使用が条件です。複数回でもかまいません。条件軽いですね!げん玉に登録してない方は,下記からどうぞ。わずかですが,250pt(25円分)もらえます。

 

げん玉の弱点はポイント交換先が限られること

げん玉は交換先がPointExchangeに限られており,ソラチカルートを使ったマイル化はできません。この点は大変残念ですが,現金派の人にとっては関係ありませんね。

ちなみに,過去にライフマイルというサイトに登録をしたことがある人だけは,リアルワールド経由でPeXに交換可能なため,ソラチカルートに載せることが可能です。この点については,下記のたくわんさまの記事が詳しいです。

ソラチカルートについては,本ブログの下記記事もどうぞ。

 

年会費が安いのにゴールドカードというのがメリット

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは,初年度年会費無料,2年目以降も年会費2,057円(税込み)という維持費の安さにもかかわらず,ゴールドカードのステータスが気軽に持てる点が魅力となっています。

また,登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録しておくと,2年目以降の年会費は半額の1,028円(税込み)となります。「え?!リボ?金利がお高いんでしょ?」と思われるかもしれませんが,楽Payの指定金額は,毎月5,000円以上10万円まで設定できます。つまり,メインで使うのではなく,月に10万以下しか決済しないのであれば,リボ10万に設定しておけば,1回払いカードと同じように使えます。

家族カードも1名までは無料(2名以上は,1人あたり432円(税込み)),ETCカードも年会費無料です。ただし,ECTカードは1,080円の発行手数料がかかります。

 

ポイント還元率はイマイチ

f:id:monimonita333:20170426174237j:plain

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは,「グローバルポイント」と呼ばれる三菱UFJニコスのポイントが,1,000円使用で1ポイント貯まります。1ポイント=5円の価値なので,還元率は0.5%ですね。

f:id:monimonita333:20170426175242p:plain

その他にも,上記の図の通り,

  • アニバーサリーポイント(指定月1.5倍)
  • グローバルPLUS(使用額に応じて次年度のポイント還元率UP)
  • プレミアムスタープログラム(年間50万円利用で★を貯めていく)
  • 入会初年度は国内使用2倍
  • 海外使用で2倍

など,いろいろな特典がありますが,どう頑張っても,還元率は1%をちょっと超える程度でとどまります。安くで維持できるゴールドカードとはいえ,メインカードにするにはちょっと力不足ですね。

 

自動付帯の海外旅行傷害保険+国内旅行傷害保険も

ただ,MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、維持費が安くとも,さすがゴールドカードだけのことはあって,持っているだけで海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などが自動付帯となります。

  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ショッピング保険:年間限度額 100万円
  • 国内渡航便遅延保険:最高 2万円

特に,このMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで支払いしていることが条件にはなりますが,最高2万円の国内渡航便遅延保険が付くのは,この価格帯のカードとしては特筆すべきものがあるでしょう。

 

カードラウンジは国内6空港が使えますが…国際線搭乗時限定

ゴールドカードと言えばカードラウンジ使用!…と言いたいところなのですが,使えるラウンジがかなり限定的な上に,国際線搭乗時にしか使えないという制限があります。この点は残念。

  • 新千歳空港「ロイヤルラウンジ」Gマーク
  • 成田国際空港 第1ターミナル「IASS Executive Lounge1」
  • 成田国際空港 第2ターミナル「IASS Executive Lounge2」
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」
  • 中部国際空港「プレミアムラウンジ セントレア/第2プレミアムラウンジ セントレア」
  • 関西国際空港「カードメンバーズラウンジ六甲/金剛/比叡/アネックス六甲」
  • 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIMEインターナショナル」
  • ハワイ・ホノルル国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」

MUFGカード 空港ラウンジサービス|クレジットカードなら三菱UFJニコス

 

カード側のキャンペーンでも最大2,000ポイント(最大10,000円分)

f:id:monimonita333:20170427005209j:plain

ご入会サンクスプレゼント|クレジットカードなら三菱UFJニコス

先にも述べましたが,「グローバルポイント」では1ポイント=5円の価値なので,最大2,000ポイント=最大10,000円分です。これはアツい!

とはいえ,2,000ポイントのうち半分の1,000ポイント(5,000円分)は,3ヶ月で50万円以上のカード利用です。これはなかなか難しい人も多いでしょう。あとは細々と…

MUFGカードWEBサービスのID登録:100ポイント
メールマガジンの登録:200ポイント
WEB明細チェックの登録:200ポイント
楽Pay(らくペイ)登録:200ポイント
携帯料金・PHS料金の支払い:100ポイント
電気・ガス料金の支払い:100ポイント
家族カード申し込み:100ポイント

のようになっています。これらは無料でできることばかりですので,こちらの1,000ポイント(5,000円分)は,ぜひ拾っておきたいですね。 

 

まとめ

安く維持ができるゴールドカードとして有名なMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですが,積極的にクレジットカードとして使用するには,いま一歩な点も多くあります。

しかし,初年度年会費無料でキャッシュバックがもらえる+カード側のキャンペーンで最大10,000円分となれば発行しない手はありません。

また,最高2万円の国内渡航便遅延保険が付くのは,この価格帯のカードとしては異例ですので,旅行の際に,どのカードで決済するかというこだわりななければ,ぜひ,MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで決済しておきましょう。文字通り,保険になります。

げん玉に登録してない方は,下記からどうぞ。わずかですが,250pt(25円分)もらえます。

スポンサーリンク

 

本サイトでは「ピープルズ」さまの無料イラスト素材をつかわせていただいております。

ピープルズ 無料イラスト素材