ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ポレット(Pollet)が登場!ハピタス&ポイントインカムとコラボの新しいVisaプリペイドカード!しかし誰得?!

【目次】

ポレットはハピタスコラボのVisaプリペイドカード

f:id:monimonita333:20170307082857j:plain

ハピタスポイントチャージするたび増える | ポレット(Pollet)

ポレットは,ハピタスとコラボのVisaプリペイドカードです。Visaプリペイドカードといえば,ドコモ口座Visaプリペイドカードが思い出されますが,ドコモ口座は仮想カードです。ポレットはアプリから申し込み後,上記のカードが3日~2週間程度で手元に届くようになっています。

f:id:monimonita333:20170307083032p:plain

実際に手元にカードがあった方が街中では使いやすいので,この点はいいですね。ハピタスポイントが,クレジットカード感覚で街中でもネットショッピングでも使えるようになりますので,ハピタス利用者でお小遣い派の人にはメリットがあると思います。

ちなみに,ポレットの運営母体はPollet株式会社という「ハピタス」運営会社である株式会社オズビジョンの子会社になります。VISAプリペイドカードを発行しているのは株式会社セディナとなります。

 

まずはアプリをダウンロード

ポレットの初回チャージ及びメールアドレスの登録はPCでは不可で,スマートフォンアプリ化からのみ操作可能ということですので,まずはアプリをダウンロードしましょう。

Visaプリペイドアプリ「ポレット」 チャージするたび増える
Visaプリペイドアプリ「ポレット」 チャージするたび増える
無料
posted with アプリーチ

f:id:monimonita333:20170307084350j:plain

5%増量キャンペーン詳細

■概要
期間中、ポレット(Pollet)を初めて申込する方で、ハピタスから交換チャージすると初回チャージに限り、5%(2回目以降のチャージは0.5%)増量されて、カード残高に反映されます。

■期間
2017年3月7日~2017年5月31日 

 

 

チャージ金額について

f:id:monimonita333:20170307084816j:plain

先ほどハピタスポイントからポレットへのチャージは月30万ポイントが上限と説明しましたが,これらチャージ金額についてまとめてみます。

  • ポイントレート:1ハピタスポイント=ポレットチャージ1円分
  • ポレットチャージ上限:100万円分
  • ハピタスからのチャージ月上限:30万ポイント
  • クレジットカードやペイジーからのチャージ上限:50万円分(1回につき)
  • ハピタスからの交換制約:従来の3万ポイントとポレットの30万ポイントは別
  • 0.5%増量について:0.5%増量についてはキャンペーンではなく恒常的。クレジットカードやペイジーからのチャージにも適用される

ちなみにアプリでのチャージから2時間程度でカード使用が可能になるとのことです。使用可能になったかどうかは,スマートフォンアプリの残高に反映されたかどうかで判断可能とのことです。

ともあれ,ポレットを有効に使うには,ハピタスポイントを貯めなければなりません。ハピタスポイントを貯める方法は,下記の記事で詳細に解説しています。よろしければどうぞ!

 

ポイントインカムからもポレットへのチャージが可能に!

f:id:monimonita333:20170423214547p:plain

2017年4月11日から,ポイントインカムからポレットへのチャージが可能になりました。ハピタスに次いで2社目の参画となります。2017年5月31日まで,ハピタスと同じく初回限定5%増量チャージキャンペーンもおこなわれていましたが,こちらも終了しています。

■概要
期間中、ポレット(Pollet)を初めて申込する方で、ポイントインカムから交換チャージすると初回チャージに限り、5%(2回目以降のチャージは0.5%)増量されて、カード残高に反映されます。
5%増量キャンペーン詳細
■期間
2017年4月11日~2017年5月31日

インカムポイントチャージするたび増える | ポレット(Pollet)

ポイントタウンの上限100,000pt(10,000円分)は,月上限のハピタスと違って日上限です。1ヶ月の上限で考えると,約30万円分の交換が可能なので,交換上限という点では,ハピタスに引けをとりません。今後の展開次第では,使えるルートの誕生と言えます。

 

まとめ:ポレットは誰のためのカード?

f:id:monimonita333:20170307085049j:plain

というわけで,簡単にポレットについて説明をしてきました。ハピタスポイントをチャージして,Visaプリペイドカードで街中でもショッピングでも自由に使える。しかも,初回は5%増量,その後も0.5%増量されるとなると,ユーザーにとってもメリットはあります。

しかし,実はポレットの登場にはもっと深い理由があるのではないでしょうか。というのは,ハピタスの月交換上限3万ポイントという数字は非常に絶妙だったと言えます。ハピタス(とPONEY)だけが他のポイントサイトとは異なり,クレジットカード発行やFX口座開&取引にもハピ友ポイントを付与するという制度を支えていると言えます。

しかし,ポレットの登場で,大量のハピ友ポイントを集める一部のパワーユーザーにとって,月上限が33万ポイントになりました。これは事実上の上限緩和です。これまでの絶妙なバランスが崩れ,ハピタスの制度改悪のきっかけになる気がします。

月間のハピタスポイント取得別で言うと,ハピ友ポイントではなく,自力でハピタスでポイント活動をしているユーザー(特に陸マイラー)にとっては,月間で3万ポイント以上を得る月があっても,ソラチカルートに回すために置いておくのが普通で,わざわざポレットにチャージをしないと思うわけです。

となると,ポレットの登場に対するユーザーの反応としては,下記の3パターンに分かれます。

  • 月0~30,000ポイントのライトユーザー→ポレットが登場してもあまり嬉しくない
  • 月30,000~330,000ポイントまでのパワーユーザー→上限緩和!歓喜!!
  • 月330,000ポイント以上のスーパーパワーユーザー→まあ,嬉しいけど,まだ消化しきれないな…

ずーむ(id:ana-zoom)さんに教えていただいたのですが,「ハピタス白書」によると,月に3万ポイント以上稼ぐパワーユーザーの比率は,0.9%とのことです。

https://fan.hapitas.jp/?p=403

ということは,数値は出てませんが,月33万ポイント以上稼ぐスーパーパワーユーザーは,さらにその1/100とすると,ライト:パワー:スーパーパワーの比率は,99.100:0.891:0.009ぐらいと仮定できます(妄想的数字で根拠はありません)。

そうなると,ポレットはわずか0.9%の少数のパワーユーザーのための施策という気がします。そう考えると,初回5%増量も,恒常的に0.5%増量もパワーユーザーにこそ有利なキャンペーンですしね。

ハピタスは真にユーザー利益を考えて,ポレット導入を決めたのでしょうか?それとも,一部のパワーユーザー(ハピ友集めをしてくれる人)への懐柔策なのでしょうか。これは今後のポレットに関する施策次第で明らかになってくると思われます。

こんなことを書いておいて説得力がないのですが,もしまだハピタスに登録していない方は下記からどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

さらに,ポイントインカムに未登録の方は,下記からどうぞ。ポイントインカムさまと当サイトのコラボキャンペーンにより,会員登録で普通は1,000pt(100円分)のところ,3,000pt(300円分)もらえます!

f:id:monimonita333:20170509200939p:plain

ポイントインカムの使用法などは下記の記事にまとめています。よろしければこちらもどうぞ。

スポンサーリンク