ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ドコモの端末購入サポートに6月15日からiPhone6Sと6S Plusが機種変更でも対象に!ただしドコモオンラインショップの在庫は僅少

【目次】

2017年6月15日からの端末購入サポート機種まとめ

f:id:monimonita333:20170615203732p:plain

2017年4月4日からしばらく動きのなかったドコモの端末購入サポートですが,2017年6月15日に大きな動きがありました。2015年9月9日発売と,すでに発売から1年9ヶ月が経過したiPhone6Sと6S Plusが機種変更でも端末購入サポート入りの最終処分です。

本記事では,2017年6月15日以降の端末購入サポート適用機種についてまとめます。

 

iPhone(iPhone6S,iPhone6S Plus,iPhoneSE)

2017年6月15日現在,iPhone7は端末購入サポートの対象となっていませんので,iPhone6Sと6S Plus,SEを取り上げます。6月15日から機種変更でも端末購入サポート入りとなりました。

iPhone6SとiPhone6S Plus:MNPと新規

機種名 定価 端末購入サポート値引き MNPと新規
解除料
iPhone 6S(16GB) ¥93,312 ¥-77,760 ¥15,552 ¥38,880
iPhone 6S(32GB) ¥69,984 ¥-54,432 ¥15,552 ¥27,216
iPhone 6S(64GB) ¥99,792 ¥-84,240 ¥15,552 ¥42,120
iPhone 6S(128GB) ¥99,792 ¥-71,928 ¥27,864 ¥35,964
iPhone 6S Plus(16GB) ¥99,792 ¥-84,240 ¥15,552 ¥42,120
iPhone 6S Plus(32GB) ¥81,648 ¥-53,784 ¥27,864 ¥26,892
iPhone 6S Plus(64GB) ¥99,792 ¥-71,928 ¥27,864 ¥35,964
iPhone 6S Plus(128GB) ¥99,792 ¥-59,616 ¥40,176 ¥29,808

まず,重要なポイントはiPhone6SとiPhone6S Plusは,家族まとめて割の対象となるということです。

家族まとめて割 | キャンペーン | NTTドコモ

上記の価格表は2017年4月4日から変更はありません。少し値下がりがあっていいと思ったのですが,6月15日からは機種変更のみの変更です。

また,上記の表を見ていただくと面白いのが,iPhone6Sと6S Plusの32GBモデルです。なぜか32GBモデルだけ定価が引き下げられています。その分,端末購入サポートも低くなっているので,結果としての価格は他の容量と横並びなのですが,端末購入サポートの額が低くなった分,端末購入サポート解除料も低くなっています。ちょっとお得ですね。

iPhone6SとiPhone6S Plus:機種変更←【注目!】

機種名 定価 端末購入サポート値引き 家族まとめて割 機種変更 解除料
iPhone 6S(16GB) ¥93,312 ¥-77,760 ¥-5,184 ¥10,368 ¥38,880
iPhone 6S(32GB) ¥69,984 ¥-49,248 ¥-5,184 ¥15,552 ¥24,624
iPhone 6S(64GB) ¥99,792 ¥-79,056 ¥-5,184 ¥15,552 ¥39,528
iPhone 6S(128GB) ¥99,792 ¥-66,744 ¥-5,184 ¥27,864 ¥33,372
iPhone 6S Plus(16GB) ¥99,792 ¥-79,056 ¥-5,184 ¥15,552 ¥39,528
iPhone 6S Plus(32GB) ¥81,648 ¥-48,600 ¥-5,184 ¥27,864 ¥24,300
iPhone 6S Plus(64GB) ¥99,792 ¥-66,744 ¥-5,184 ¥27,864 ¥33,372
iPhone 6S Plus(128GB) ¥99,792 ¥-54,432 ¥-5,184 ¥40,176 ¥27,216

たしかに機種変更とは思えない大盤振る舞いです。しかも,MNPと新規と同じく,32GBモデルだけ定価が引き下げられています。その分,端末購入サポートも低くなっているので,結果としての価格は他の容量と横並びなのですが,端末購入サポートの額が低くなった分,端末購入サポート解除料も低くなっています。注目です。

ただし,在庫処分なので,ドコモオンラインショップの在庫はかなり少なくなっています。実店舗の在庫で店舗独自施策もあれば,一括0円も狙えるかも?!

iPhone7は確実な進歩をしていますが,イヤホンジャックがないことが気に入らない人もいるかもしれません。イヤホンジャックのあるiPhoneが欲しい人はどうぞ。

iPhone SE

iPhoneで機種変更でも端末購入サポートが適用されるのは,iPhone SEだけとなります。iPhone6Sも端末購入サポート適用になっていますが,iPhone6Sの端末購入サポート適用は新規とMNPだけですので。

機種名 定価 端末購入サポート値引き 機種変更/MNP/新規 解除料
iPhone SE(16GB) ¥57,024 ¥-41,427 ¥15,597 ¥20,736

ただし,2017年4月7日より販売される新容量の32GBモデル,128GBモデルは端末購入サポート適用ではありません。しかも,2017年4月4日から64GBモデルも端末購入サポート適用外となりましたので,残っているのは16GBだけとなっています。

さらに,ドコモオンラインショップでは,iPhoneSEの16GBは残念ながら販売終了となっていますので,iPhoneSEを端末購入サポートで入手できるのは,実店舗の在庫に限られると思われます。

このように,在庫的には厳しい状況ですが,実はiPhone SEは,FOMA→Xiの契約変更だと,端末購入サポート値引きが上記よりも1万円増額され,16GBで5,832円となります。

 

ソフトバンクのiPhone SEなら,下記で限定キャンペーン中です。iPhone7もかなりキャッシュバックあります。ぜひ,ご一読ください。 

iPad(iPad Air2とiPad mini4)

iPad Air2とmini4の機種変更での端末購入サポートは継続されています。新規・MNPでも同価格となっています。

iPad Air2

容量 商品代金 端末購入サポート割引額 機種変更/MNP/新規 端末購入サポート解除料
32GB ¥64,800 ¥-64,800 ¥0 ¥32,400
64GB ¥75,168 ¥-69,336 ¥5,832 ¥34,668
128GB ¥75,816 ¥-62,856 ¥12,960 ¥31,428

iPad mini4

容量 商品代金 端末購入サポート割引額 機種変更/MNP/新規 端末購入サポート解除料
32GB ¥65,448 ¥-65,448 ¥0 ¥32,274
64GB ¥75,600 ¥-69,768 ¥5,832 ¥34,884

とはいえ,ほぼ完売状態です。iPad Air2の64GBと128GBは全色販売終了,32GBはスペースグレイトゴールドのみ「在庫なし」です。再入荷の見込みは厳しいと思われます。

iPad mini4は全容量・全色「在庫なし」となっています。ただし,16GBは完全に販売終了,2017年4月4日から128GBだけは端末購入サポート適用外(月々サポート)での販売となっています。こちらも再入荷の見込みは厳しいと思われます。

  

Android端末(Xperia,MONO,AQUOS,arrowsなど)

ドコモオンラインショップで販売中の端末について,発売時期が新しいものから順に並べてみていきたいと思います。

新規・MNPの場合

機種名 定価 端末購入サポート値引き MNPと新規 解除料
V20 PRO(L-01J) ¥84,888 ¥-69,336 ¥15,552 ¥34,668
Disney Mobile on docomo(DM-01J) ¥58,320 ¥-42,768 ¥15,552 ¥21,384
MONO(MO-01J) ¥32,400 ¥-31,752 ¥648 ¥15,876
arrows NX(F-01J) ¥93,312 ¥-77,760 ¥15,552 ¥38,880
AQUOS Ever(SH-02J) ¥32,400 ¥-26,568 ¥5,832 ¥13,284
Xperia XZ(SO-01J) ¥81,648 ¥-66,096 ¥15,552 ¥33,048
Xperia X Compact(SO-02J) ¥63,504 ¥-47,952 ¥15,552 ¥23,976
Disney Mobile on docomo(DM-02H) ¥67,392 ¥-51,840 ¥15,552 ¥25,920
arrows SV(F-03H) ¥32,400 ¥-26,568 ¥5,832 ¥13,284
AQUOS ZETA(SH-04H) ¥88,776 ¥-73,224 ¥15,552 ¥36,612
Galaxy S7 edge(SC-02H) ¥93,960 ¥-78,408 ¥15,552 ¥39,204

新規・MNPの場合は,Xperia XZ(SO-01J)や,Xperia X compact(SO-02J)を含めてかなりの機種が端末購入サポートの対象となっています。MONOの一括価格648円&解除料15,876円が目立ちます。MONOについては,下記の記事もご参照ください。

機種変更の場合

機種名 定価 月々サポート 機種変更 解除料
MONO(MO-01J) ¥32,400 ¥-31,752 ¥648 ¥15,876
AQUOS Ever(SH-02J) ¥32,400 ¥-26,568 ¥5,832 ¥13,284
Disney Mobile on docomo(DM-02H) ¥67,392 ¥-51,840 ¥15,552 ¥25,920
arrows SV(F-03H) ¥32,400 ¥-26,568 ¥5,832 ¥13,284

機種変更の場合は,2017年4月4日から端末購入サポート対象機種がガクッと減ってしまいました。MONOは相変わらず安いのですが,それよりも注目は,AQUOS Ever(SH-02J)とarrows SV(F-03H)でしょう。

この2機種については,なんと端末価格を32,400円まで値下げし,さらに機種変更にも端末購入サポートを適用されます。とくにAQUOS Ever(SH-02J)は,Xperia XZと同じ2016冬モデルです。おサイフケータイやワンセグにも対応している最新機種です。

端末価格を32,400円まで引き下げた影響で,端末購入サポート値引き額も下がり,端末購入サポート解除料もなんと13,284円まで下がっています。これなら即解約で払ってもいいとさえ思えます。

f:id:monimonita333:20170120223236p:plain

複数台の購入で,下記に紹介する「家族まとめて割」の対象になるのは,Hシリーズ以降のXiスマートフォンということで,arrows SV(F-03H)だけです。

f:id:monimonita333:20170405152052p:plain

こちらもお得ですね。「家族まとめて割」を適用できれば,まさかの一括648円です。一括648円というとMONO(MO-01J)と同じですが,廉価端末のMONOに比べると,arrows SV(F-03H)はかなりのお買い得感があります。

ソフトバンクのXperia XZ,XZsについては,下記で限定キャンペーン中です。ぜひ,ご一読ください。

 

ガラホ(SH-06G,F-05G)

f:id:monimonita333:20170405160215p:plainf:id:monimonita333:20170405160217p:plain

いわゆるガラホです。ガラホとは「ガラ(ケー)+(スマ)ホ」という造語ですね。見た目はガラケーですが,中身はAndroidです。ただし,操作感は極力ガラケーに寄せられています。iモードではなく,SPモードで使います。

ガラケーに比べて,ガラホになることによる最大のメリットは,LINEなどのAndroidアプリが使えるようになることでしょう。特にLINEはガラケー保持者でも使ってみたいアプリではないでしょうか。

機種名 定価 端末購入サポート値引き 機種変更/MNP/新規 解除料
AQUOSケータイ(SH-06G) ¥36,288 ¥-35,640 ¥648 ¥17,820
ARROWSケータイ(F-05G) ¥36,288 ¥-35,640 ¥648 ¥17,820

二機種とも価格設定は同じです。機種変更でも一括648円です。定価は安いのですが,そのほとんどを端末購入サポートで割り引くため,端末購入サポート解除料はやや高めになっています。

 

らくらくホン ベーシック4(F-01G)

f:id:monimonita333:20170201110038p:plain

シニア層に根強い人気のある「らくらくホン ベーシック4(F-01G)」も端末購入サポート適用です。

MNP(のりかえ)の場合

機種名 定価 端末購入サポート値引き

MNP一括

解除料
らくらくホン ベーシック4(F-01G) ¥32,400 ¥-32,400 ¥0 ¥16,200

MNP(のりかえ)の場合は,端末購入サポート値引きで一括0円ですね。家族まとめて割や下取りを適用できるとさらにお得です。

機種変更・新規契約の場合

機種名 定価 端末購入サポート値引き

機種変更/新規

解除料
らくらくホン ベーシック4(F-01G) ¥32,400 ¥-12,960 ¥19,440 ¥6,480

機種変更と新規契約が同じ条件になります。端末購入サポート値引きが少なくなる分,端末購入サポート解除料も低くなります。

 

らくらくスマートフォン3(F-06F)

f:id:monimonita333:20170201110104p:plain

機種名 定価 端末購入サポート値引き 機種変更/MNP/新規 解除料
らくらくスマートフォン3(F-06F) ¥64,800 ¥-54,432 ¥10,368 ¥27,216

らくらくスマートフォン3(F-06F)については,上記の通り機種変更/MNP/新規すべて同じ値引きになっています。

ただし,FOMA→Xiの契約変更に限っては下記の通り,さらに値引きが増額されます。

機種名 定価 端末購入サポート値引き FOMA→Xi一括
(2/1~)
解除料
らくらくスマートフォン3(F-06F) ¥64,800 ¥-64,152 ¥648 ¥32,076

またもや,MONO(MO-01J)と同額ですね。FOMAがガラケーであった場合,FOMA→Xiの契約変更には,「はじめてスマホ割」「ドコモの学割」「シニア特割」が適用できますので,月額料金もお得になります。下記をご参照ください。

ドコモのはじめてスマホ割でガラケーからの機種変更が超お得!ドコモの学割・シニア特割も併用可能に!iPhoneSEでカケホーダイライトなら月額維持費864円!

 

Wi-Fiルーター(N-01H,L-01G)

2017年2月1日から,Wi-Fi STATIONのN-01H,L-01Gという旧機種のWi-Fiルーター3機種が月々サポート入りします。機種変更/MNP/新規を問いません。いずれも同価格です。

機種名 定価 端末購入サポート値引き 機種変更/MNP/新規 解除料
Wi-Fi STATION(N-01H) ¥21,384 ¥-21,384 ¥0 ¥10,692
Wi-Fi STATION(L-01G) ¥19,440 ¥-19,440 ¥0 ¥9,720

端末購入サポート値引きが定価を完全にカバーしているので,2機種とも一括0円です。端末購入サポート解除料は,端末購入サポート値引きの半額と決まっているので,解除料はL-01Gの方がやや安くなります。

解除料がこの価格となると,市販のSIMフリーWi-Fiルーターよりも安くなります。Amazonタイムセールで,MR05LNが10,900円で売られていることが多いですが,解除料を含めて考えても,ほぼ変わらない価格帯となります。

ただ,ドコモのWi-Fiルーターは国内でドコモ系格安SIMを使う分には問題ありませんが,SIMフリーではありませんので,SIMロック解除をするためには,最大3,240円の手数料がかかります。

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

 

端末購入サポートの解除料とは?

さて,機種によっては5万円以上という割り引きを生む端末購入サポートとは何かということを説明しなければなりません。端末購入サポートとは,購入月を含めて13ヶ月以内に解約するとペナルティとして解除料を支払うという契約になります。解除料は,端末購入サポート割引額のちょうど半額になります。

したがって,「端末だけ欲しい」という人には向いていません。既にいまお使いの端末の分割払いが終わっており(購入から24ヶ月経過),「ちょうど新しいスマホが欲しかった」という方向けになります。

毎月1日はドコモの特殊日:端末購入サポート解除日が1ヶ月分お得

端末購入サポートの対象月のカウントの方法は,各月の1日だけ特殊日となり異なりますので,下記をご参照ください。

f:id:monimonita333:20161214092127g:plain

引用元:キャンペーン : 端末購入サポート | NTTドコモ

上記の通り,毎月1日は,ドコモの特殊日で少しお得になるのです。

  • 2017年2月1日に機種変更→端末購入サポート解除料がかかない日付が2018年2月1日に
  • 2017年2月2日~28日に機種変更→端末購入サポート解除料がかかない日付が2018年3月1日に

というわけで,Xperia X Compact(SO-02J)に興味のある方は,2017年2月1日の発売開始日が狙い目です。

 

家族まとめて割も重複適用できます

f:id:monimonita333:20170405161213p:plain

2017年4月1日(土曜)~2017年5月31日(水曜)の期間,2台以上同時に対象機種を購入した場合,それぞれ5,184円が還元されるキャンペーンです。対象機種は下記の通りです。Xiスマホの場合,Hシリーズ以降が対象です。

対象機種

<2台以上ご購入の計上対象、割引対象となるもの>

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE
Hシリーズ以降のXiスマートフォン(一部機種を除く)
<2台以上ご購入の計上対象となるが割引対象外となるもの>

Hシリーズ以降のXiスマートフォン一部機種 (MONO MO-01J、arrows Fit F-01H、Disney Mobile on docomo DM-01H、Nexus 5X)
らくらくスマートフォン3 F-06F
iPad、iPad mini4、iPad Air2、、12.9インチ iPad Pro、9.7インチ iPad Pro
Hシリーズ以降のXiタブレット
<2台以上ご購入の計上対象外、割引対象外となるもの>

Hシリーズ以前の機種

そもそも,一括0円にするために,家族まとめて割をその原資にして,2台以上購入のことという条件を付けるショップもあります。このような条件がなかった場合,この家族まとめて割の5,184円は,月々の料金からあとで割り引かれます。いわゆる「請求書還元」です。一括価格が,家族まとめて割の還元が込みなのか,そうじゃないのか確認しておきましょう。

家族まとめて割については,下記でも詳しく解説をしています。よろしければどうぞ。

 

ドコモのご家族紹介キャンペーンも重複適用できます

f:id:monimonita333:20170405162421p:plain

2017年6月1日(木曜)から2017年8月31日(木曜)の期間,ドコモでは「ご家族紹介キャンペーン」を実施しています。他社からドコモに乗り換え(MNP)または新規契約する場合,一人の紹介について10,000dポイント(期間・用途限定ポイント)もらえます。

適用条件は以下の通りです。

以下の1.~3.の条件を満たすこと

  1. ご紹介者が、「dポイントクラブアンケート」または店頭にてキャンペーンにエントリーしていただくこと
  2. 紹介された方(ご家族)が他社からお乗りかえまたは、新規契約(データプラン除く)のうえ、対象機種をご購入いただくこと
  3. 適用条件2.のご購入月の翌月1日時点で紹介された方(ご家族)がご紹介者と同一シェアグループにご加入していること

要申し込みなのでお気を付けください。下記のサイトでdポイントクラブにログインして,dポイントクラブアンケートに答えることによって,申し込みになります。

dアカウント - ログイン

ポイントの進呈時期と有効期限は下記の通りです。

ポイント進呈時期

購入月の翌々月上旬進呈

ポイント有効期限

2017年6月購入 : 2018年1月31日(水曜)
2017年7月購入 : 2018年2月28日(水曜)
2017年8月購入 : 2018年3月31日(土曜)

 

下取りプログラムも重複適用できます

いまはもう使っていないiPhoneやスマホがあれば,それを下取りとして,dポイントで還元してくれる「下取りプログラム」もあります。

f:id:monimonita333:20161217074752p:plain

下取りプログラム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

一括0円施策は,たとえばXperia Z3など,かなり価値のある端末をこの下取りプログラムに差し出してようやく成立するというケースが多いと思います。もし,下取りプログラム無しで一括0円という案件が出てきたらお買い得と思って良いでしょう。

どの端末が,どれだけの下取り額になるかは,下記の下取りポイント一覧をご参照ください。

下取りポイント一覧 | NTTドコモ

f:id:monimonita333:20170616083603p:plain

2017年6月30日までの価格表ですと,iPhone6の22,000円と,iPhone5Sの11,000円下取りがお得度が高いです。

 

まとめ

2017年6月15日に,待望のiPhone6Sと6S Plusの機種変更での端末購入サポート入りでの投げ売りが始まりました。MNPと新規で値下げがなかったのは残念ですが,前世代のiPhoneの在庫処分が始まることで,いよいよiPhone8(iPhone7S?)の登場が近づいていると言えるかもしれません。

Androidは今回の変更では変化がありませんが,新規/MNPでは,まだ多くの機種が端末購入サポートの対象となっており,Xperia XZ(SO-01J)や,Xperia X compact(SO-02J)なども新規/MNPであれば,お安く入手可能です。私も愛用しているXperia X compact(SO-02J)は特にオススメです。下記のXperia X compact(SO-02J)もよろしければどうぞ。

スポンサーリンク