ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

ANA国内線の当日アップグレードは乗り継ぎ分も最初の空港で手続き可能

【目次】

SFC修行の定番!旅割75からの当日アップグレード!

SFC修行においては,当該年の1月1日から12月31日までに,プレミアムポイントを50,000ポイント集めることを目指すわけですが,修行僧は1プレミアムポイントあたり何円かかるかという計算のために,PP単価(プレミアムポイント単価)を気にします。

このPP単価を下げるために,様々な工夫があるわけですが,国内線では概ね下記の3つが代表的かと思われます。

  • 旅割75を使って激安路線を確保して修行(日時変更できません
  • プレミアム旅割28で効率よくかつ優雅に修行(日時変更できません
  • 株主優待券を入手して株主優待割引で急な変更に対応しつつ修行(日時変更可

効率だけで言えば,一つ目と二つ目がいいわけですが,なかなか忙しい現代人,何が起こるかわかりませんので,予定が付かず乗れないリスクを考えると三つ目も視野に入ってきます。

さて,今回は一つ目の旅割75で確保した普通席を当日アップグレード(9,000円)した体験談を書きたいと思います。2016年10月30日~2017年3月25日の旅割75は既に8月末から売り出されています。2017年SFC修行の方の参考になればと思います。

旅割については,のりさんの上記の記事も必読です。

 

当日アップグレードとは?

旅割75は路線と時間帯によっては長距離でも驚くほどの価格で売り出されます。私の2016年9月5~6日の旅程の価格とPP単価は下記の通りです。

搭乗日区間利用運賃PP代金PP単価
9月5日(月) 大阪(伊丹)~福岡 旅割75 430 6900 16.05
9月5日(月) 福岡~札幌(千歳) 旅割75 1323 9800 7.41
9月6日(火) 札幌(千歳)~沖縄(那覇) 旅割75 2095 9800 4.68
9月6日(火) 沖縄(那覇)~大阪(関西) プレミアム旅割28 2247 20400 9.08
      6095 46900 7.69

最初の伊丹~福岡はPP単価悪いですが,国内最長区間である千歳~那覇のPP単価は驚異の4.68です。最後の那覇は最初からプレミアム旅割28で,4区間のPP単価は7.69となります。旅割75の早期確保はSFC修行に向いてます。

上記のうち,当日アップグレード(9,000円)で価値があるのはどの区間でしょうか?

f:id:monimonita333:20160905215443p:plain

不思議なことに,当日アップグレードの価格は区間の長短にかかわらず一律9,000円なので,基本的に短い区間は損です。例えば,上記は伊丹~福岡です。プレミアムクラスにアップグレードすると,「クラス・運賃倍率」が125%で計算されます。ただし,最初からプレミアムクラスを予約した場合(プレミアム旅割28含む)に付く,「搭乗ポイント」の400ポイントはアップグレードしても付きません。

したがって,今回の3路線で9,000円に対するPP単価を計算すると…

  • 伊丹~福岡:430PP→717PP(PP単価は31.36)
  • 福岡~千歳:1,323PP→2,205PP(PP単価は10.20
  • 千歳~那覇:2,247PP→3,492PP(PP単価は7.23

ということになります。千歳~那覇は言うまでもなく当日アップグレードを狙うべきですが,福岡~千歳も種々のプレミアムクラスのサービスを考えると合格点ですね。というわけで,今回は福岡~千歳の当日アップグレードをしてみました。

 

空席待ちをしないことが空席待ちのコツ

この禅問答のようなコツは,「ワーキングママのANA SFC修行 2016」さんの下記の記事で私も知りました。実は本記事のタイトルの「最初の空港で手続き可能」も下記の記事に書いてあることを実践しただけです。

さて,当日アップグレードですが,

  • アップグレードを申し出た時点で空席があれば可能(当日であれば出発空港でなくても可能)
  • アップグレードを申し出た時点で空席がなければ空席待ちに登録され,出発15分前に審判が下る(出発空港のみ可能)

の2つのルールがあります。そして,後者の「空席待ち」はステータスにより優先順位が決まっており,一般客である修行僧は種別Bになり,これでは見通しが暗いです。

f:id:monimonita333:20160905221003p:plain

したがって,当日アップグレードのコツは,前者の「アップグレードを申し出た時点で空席があれば可能」に賭けるということです。できるだけ早めに空港に行き,保安検査前のプレミアムチェックインカウンターで待機しつつ,webで空席をこまめに確認し,空席が出た瞬間にカウンターに行くという作戦です。

もちろん,「空席待ちをしないことが空席待ちのコツ」というのは言葉のアヤで,朝早く空港に行ったら空席待ちをしても構いません。ただ,アップグレードを申し出た時点で空席があれば可能」に賭ける場合,空席待ちはほとんど意味を成しません。なぜなら,席が空けばすぐ取るわけですから,駄目なときは15分前でも駄目なわけです。大切なのは,空席待ちをしたからといって油断せずにwebを見ながら待機するという点です。

f:id:monimonita333:20160905221604j:plain

ちなみに,私は試してませんが,保安検査後のANAラウンジのカウンターでも当日アップグレードを受け付けてもらえるそうです。

 

当日アップグレードは乗り継ぎ分も最初の空港で手続き可能

そして,この「アップグレードを申し出た時点で空席があれば可能」は,当日であれば出発空港でなくとも手続き可能です。つまり,1日に2区間以上乗る場合は,最初の空港でまとめて手続き可能です。

f:id:monimonita333:20160905230626j:plain

上記の搭乗券を見ていただくと,福岡~千歳でプレミアムクラスにアップグレードされていますが,左下に小さく「イタミクウコウ」と書かれているのがわかります。伊丹空港で福岡発の当日アップグレードに成功しているわけです。

ちなみに,当日アップグレードの9,000円は,航空券の支払いカードとは別のクレジットカードで支払うことが可能です(現金も可)。アメックスで支払うと,アメックス・リワード・ポイントのポイントフリーダムで,1ポイント=1円で支払い可能です。もちろん,ANAカード加算分のマイルなど無視して,最初からアメックスで決済という方も多いかと思いますが。

 

まとめ

SFC修行の目的はSFCカードを発行できるANAプラチナサービスメンバーになることですが,プレミアムクラスであれば,ANAラウンジにも入れますし,プレミアムクラスのお食事(アルコール含む)もいただけます。今回の福岡~千歳は食事時ではなかったのでプレミアムSABOでした。スパークリングワインと共にいただきました。

f:id:monimonita333:20160905222638j:plain

PP単価を追求し,ひたすら旅割75の普通席で飛びまくるというのも,修行という名にふさわしくよいとは思いますが,いろいろと楽しみながら飛ぶのも悪くありません。みなさんもいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク