ケータイ乞食から陸マイラーへ

ケータイ節約術やポイントサイトなどのお得情報!

auでのMNP契約でウィルコムのPHSが下取りで使えた話:iPhone6の収支報告と共に

【目次】

久しぶりにauでMNP契約をしました

本ブログはタイトルの通り,ケータイ乞食から陸マイラーへの移行を試みるものですが,ケータイ乞食も細々と続けております。ただ,契約できるのはauだけなんですけどね…。それも下記の記事で2016年3月にMNP契約をしてから,アメックス・ゴールド祭りなどもあり,遠ざかっていました。本当に久しぶりです。

さて,今回の本題はタイトルにもある「auでのMNP契約でウィルコムのPHSが下取りが使えた話」ですが,陸マイラーの方向けにケータイ乞食の実際を解説する方向でも書いてみたいと思います。陸マイラーの方も「ケータイとか意味不明」と言わず,お得情報ですので最後までご一読ください!

 

auの事前予約「Vストック」

実は私も今回が初めてだったのですが,2016年5月頃からauは「Vストック」と呼ばれる事前予約システムを始めました。これにより,キャッシュバックが増えることがあります。逆に言えば,当日来店だとキャッシュバックが減らされることが多くなっており,私のような遠征乞食には益々不利になる一方です。

さて,今回は下記のような日程で進みました。

  • 2016年8月24日(水):都内某auショップに電話で取り置き依頼
  • 2016年8月26日(金):夕方に来店してVストック手続き
  • 2016年8月27日(土):朝一に来店して契約

今回はたまたま行けましたが,遠征乞食にはなかなか厳しいです。ちなみに金曜の仕事後に店に駆けつけ,その後,羽田空港に向かい,なぜか一晩かけて沖縄往復をして,また土曜の早朝に都内に戻りマクドナルドで時間をつぶしてから来店するという乞食の鏡のようなエクストリームな日程でした。死ねる。

 

auでのMNP契約でウィルコムのPHSが下取りで使えました

前置きが長くて申し訳ございません。本題です。2016年8月からauの下取り施策においてワイモバイルとディズニー・オン・ソフトモバイルの端末も対象となりました。

下取りプログラム(乗りかえ) | 下取りプログラム | au

ただ,上記のリンクを見てみると,「NTTドコモ・ソフトバンク・Y!mobile・Disney Mobile on SoftBankが販売した下記指定のスマートフォン・従来型携帯電話(ケータイ・PHS) 」とあり,ウィルコムは含まれていません。ワイモバイルは2014年7月からできた会社で,まだ2年しか経ってないため,端末は高めです。安く手に入るのはウィルコムのPHS端末です。

下記記事では,「ワイモバイルは対象だけど,ウィルコムのPHSは下取りできない」と書かれています。上記のページを見ても,普通に考えればウィルコムのPHSは下取りできないと考えられますが,今回,取り置きの電話したときにダメ元で聞いてみると「いけますよ」と言われたので,検証してきました。

ちなみに今回は3回線契約で,うち2回線がアメックス・ゴールド祭りのために作ったPHS回線です。1台はヤフオクで500円で落札したHONEY BEE5(WX07K)で,もう1台は2014年7月頃に新規契約完全無料で配っていたSTOLA(WX08K)です。2台とも元手はないようなもので,これを1台8,000円で下取りしてもらえれば大勝利と言っていいでしょう。

f:id:monimonita333:20160901211150j:plain

さて,手続きは多少手間取りました。PHSの裏蓋を外してバーコードを読み取っても,端末に反映されないようです。どうも製造番号が一桁足りないようでした。auのお姉さんがサポートセンターと何度か連絡した結果,製造番号の末尾に0を加えれば通るということがわかりました。お姉さんが困っていたら,言ってあげてみてください。

というわけで,無事に下取りできました。auのHPの記載からすると,できなくても文句は言えないところですが,少なくともシステム上は可能だということが検証できました。ただ,これはあくまで私のケースで,いつも可能かどうかはわかりません。一事例としてアップしておきます。

 

ケータイ乞食って儲かるの?:iPhone6を3台MNPした収支報告

本ブログはケータイ乞食の方だけではなく,陸マイラーの方,またそのどちらでも無い方も読んでいただいているかと思います。大変,下火になっているケータイ乞食ですが,auに関してはまだ確実に儲かる案件があります。ちょっとした小遣い稼ぎはまだまだ可能だということを収支報告を通して説明させていただきます。

ちなみに,auに限らず各社の回線は,一人の名義で5回線までは持てます。ただし,auの場合は個人の使用者で契約できるのは2回線までで,3回線目以降は家族などの利用者登録が必要となります。家族の保険証のコピーなどを持参すれば同伴しなくとも契約可能です。

 

支出:MNPの必要経費

 ドコモワイモバイル1ワイモバイル2
違約金 ¥10,260 ¥0 ¥0
MNP手数料 ¥3,240 ¥6,480 ¥6,480
端末代金(iPhone6-16GBシルバー) ¥0 ¥0 ¥0
契約事務手数料 ¥3,240 ¥3,240 ¥3,240
1ヶ月目LTEプラン ¥130 ¥130 ¥130
2ヶ月目LTEプラン ¥1,008 ¥1,008 ¥1,008
3ヶ月目LTEプラン ¥1,008 ¥1,008 ¥1,008
1ヶ月目LTEネット ¥42 ¥42 ¥42
2ヶ月目LTEネット ¥324 ¥324 ¥324
3ヶ月目LTEネット ¥324 ¥324 ¥324
1ヶ月目LTEフラット ¥794 ¥794 ¥794
2ヶ月目LTEフラット ¥6,156 ¥6,156 ¥6,156
3ヶ月目LTEフラット ¥6,156 ¥6,156 ¥6,156
1ヶ月目AppleCare+ ¥162 ¥162 ¥162
2ヶ月目AppleCare+ ¥594 ¥594 ¥594
1ヶ月目有料コンテンツ ¥3,672 ¥3,672 ¥3,672
2ヶ月目有料コンテンツ ¥3,672 ¥3,672 ¥3,672
MNP端末購入サポート解除料 ¥18,340 ¥18,340 ¥18,340
銀クーポン購入代金 ¥500 ¥500 ¥500
支出計 ¥59,622 ¥52,602 ¥52,602

3台分の合計で164,826円の支出となります。端末代金(iPhone6シルバー16GB)は一括0円です。とにかく一括0円でなければ話が始まりません。実質0円は定価販売です。憎むべし。

初月はLTEプラン(基本使用料),LTEネット(ネット接続料),LTEフラット(パケット使用料)が日割りになります。2016年8月28日契約なので,8月は28~31日の4日分で,4日/31日を掛けて計算します。

AppleCare+と有料コンテンツは「月またぎ(契約翌月まで使うこと)」の約束なので,2ヶ月分を計上しています。LTEフラットを3ヶ月目まで何故維持するのかは後ほど説明します。

さらに,現在のauでは,MNP端末購入サポートというものがあり,iPhone6の場合は12ヶ月以内に解約またはパケット定額以外のプランへの変更(いわゆる3G化など)をすると,通常の違約金10,260円に加え,最大20,000円×台数の解除料が発生します。

ここでは3ヶ月目に3G化をすると仮定して,18,340円×3台で計算しておきます。2016年7月1日以降契約分は下記の記事の通り,回線契約を維持していても,3G化時にMNPau購入サポート解除料が発生します。

ただし,auでは購入後121日以内の解約はBL(ブラックリスト)入りで契約できなくなる可能性がありますので,それまでは3G(プランEシンプルなど)で回線契約を維持するようにしましょう。

 

収入:MNPで得られるキャッシュバックなど

 ドコモワイモバイル1ワイモバイル2
キャッシュバック ¥30,000 ¥30,000 ¥30,000
端末価値 ¥34,000 ¥34,000 ¥34,000
auガラポンキャンペーン ¥5,000 ¥10,000 ¥10,000
銀クーポン ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000
下取り ¥22,000 ¥8,000 ¥8,000
収入計 ¥101,000 ¥92,000 ¥92,000

キャッシュバックは30,000円/1台で現金で,下取り分も現金でもらえます。計128,000円ですね。ただ,私はここで失敗をしています。というのは,今回契約した都内某auショップは,2016年3月に契約した店と同じです。3月にキャッシュバックがその場で手渡しだったので,今回も同じだと思い込んでいました。しかし,契約が終わって後日渡しであることが判明! ガーーーーーン,また9月末までに東京に来ないと…。うう,俺のバカ。

さて,気を取り直して,端末価値は2016年8月28日現在の携帯買取専門店(通称:コリアン)での価格です。これだけの価値のある商品(端末)が手に入るということのための計算であり,端末売却を推奨する意図はございません。

auガラポンキャンペーンは,店のキャッシュバックとは別に当日商品券がもらえるもので,どうもauショップ持ち回りのようです。今回はこれを狙いました。

そして,銀クーポンは下記のものです。ヤフオクで1枚500円ほどで落札しました。

f:id:monimonita333:20160901213145j:plain

さて,ここでもまた失敗しています。画像では小さくて読めないかもしれませんが,「新規契約月の翌々月下旬にキャッシュバック(チャージ)いたします。ただし,キャッシュバックまでに対象外のデータ定額サービスに変更された場合,解約された場合はキャッシュバックの対象外となります」と書いてあります。

オーノー!これでフラット3ヶ月維持確定です。ぶふー。同じクーポンをヤフオクで落札して使われるつもりの方はお気をつけください。

ちなみに,この銀クーポン(10,000円×3枚)の計30,000円分は,翌々月下旬(つまり10月下旬)に,au WALLETカードにチャージされます。プリペイドクレカですね。チャージされた分は,Masterカード加盟店なら普通に使えます。

f:id:monimonita333:20160901214300j:plain

2016年10月26日追記:銀クーポンのCBが来ました!

f:id:monimonita333:20161026203656p:plain

 

最終収支報告:それでも利益は十分に出る

 ドコモワイモバイル1ワイモバイル2
収入計 ¥101,000 ¥92,000 ¥92,000 ¥285,000
支出計 ¥59,622 ¥52,602 ¥52,602 ¥164,826
最終収支 ¥41,378 ¥39,398 ¥39,398 ¥120,174

というわけで,久しぶりのケータイ乞食活動のせいで,いろいろと失敗をしてしまったわけですが,それでも最終収支は3台合計で+120,174円となりました。なかなかよろしいんではないでしょうか。

ただ,計算に入れ忘れましたが,下取り端末3台分(iPhone5S+PHS2台),3G化後の維持費(数ヶ月)も支出ですね。今回のケースでは,下取り端末が手持ちだったので,はっきり計算できませんが,iPhone5Sの価値を高めに見ても,10万円ほどは残ると思います。

ちなみに3ヶ月目(121日以内)で解約すると,ブラックリスト入り(auで契約できなくなる)可能性がありますので,3G化をご検討ください。

 

まとめ

ケータイ乞食も陸マイラーも「制度の隙を突く」という点では,非常に似た部分があると感じます。陸マイラーのみなさんにとっては,「ケータイは意味不明。わけわかんない」と思われるかもしれませんが,多くの人にとって陸マイラーも同じように感じられるものだと思います。すぐに投げ出さずに,じっくり本記事を読み返していただければ,ケータイ代もお得に運用できるかもしれませんよ。

以上,少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク